【データ容量別比較】おすすめのポケットWiFiはこれだ!失敗しない選び方も解説

ポケットWiFi おすすめ ポケットWiFi

ポケットWiFiはデータ容量プランが豊富で、20GB~200GBまでのプランを選ぶことが可能です。

そのため以下の点に気を付けて比較することで自分にあったポケットWiFiを選ぶことができます。

  1. まずは自分の使い方に合わせた容量を選ぼう!
    →データ容量:20GB~200GB
  2. 料金・契約期間をチェック!安いものを選ぶ
    →料金:データ容量と月額料金のバランス
    →契約期間:縛りなし~3年契約
    →キャンペーン:お試し期間やキャッシュバックなど

そのためまずは自分の使い方に合わせた容量を選び、その中でも料金が安く、契約期間などの条件もよいポケットWiFiを選びましょう。

結論として、データ容量別におすすめのポケットWiFiはこちらです。

当記事では、キャンペーンが高くても、月額料金や契約期間が長い場合もあるため、そういった注意点も踏まえておすすめのポケットWiFiを徹底比較していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

この記事を書いた人
マイナビニュース ネット比較編集部

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース ネット比較編集部をフォローする

おすすめのポケットWiFiと失敗しない選び方!

2021年1月現在、ポケットWiFiは数えきれないほど多くの種類が発売されていて、自分で選ぼうと思っても比較するのが大変ですよね。

そんな方でも、以下の点に気を付けて比較することで自分にあったポケットWiFiを見つけることができますよ。

  1. まずは自分の使い方に合わせた容量を選ぼう!
    →データ容量:20GB~200GB
  2. 料金・契約期間をチェック!安いものを選ぶ
    →料金:データ容量と月額料金のバランス
    →契約期間:縛りなし~3年契約
    →キャンペーン:お試し期間やキャッシュバックなど

キャッシュバックキャンペーンや割引キャンペーンが豊富なポケットWiFiもありますが、その代わり月額料金が高かったり、有料オプションが必要であることもあるため注意しましょう。

ではデータ容量別に、おすすめのポケットWiFiを比較していきますのでぜひ参考にしてくださいね。

【大容量】200GBのポケットWiFiを比較!

クラウドSIM系ポケットWiFiの中でも、100GB以上のプランは実はほとんどありません。

その中でもhi-ho Let’s Wi-Fiは1日に7GBという制限があるものの、200GB以上のプランでは料金が安く、初期費用が0円になるキャンペーンも展開しています。

月額料金データ容量契約期間キャンペーン
hi-ho Let’s Wi-Fi4,300円210GB相当24か月0円スタートキャンペーン
Chat WiFi4,480円200GBなし

データ容量が多い分、料金は他のポケットWiFiに比べて高くなりますが、大容量が使いたい方は以下から詳細をチェックしましょう。

【中容量】100GBのポケットWiFiを比較!

ポケットWiFiを選ぶなら、100GBのプランがデータ容量と料金のバランスがよく、使いたい容量が定まっていない人にもおすすめです。

100GBのプランでは、MugenWiFiが最も安く利用することができます。

MugenWiFiは30日間お試しキャンペーンも実施しているので、通信品質が気になる方にとっても契約ハードルが低いことが魅力的ですよ。

100GB帯のポケットWiFiを比較してみた結果がこちらです。

実質月額データ容量契約期間キャンペーン
Mugen WiFi3,049円100GB24か月30日間おためし全額返金
どこよりもWiFi3,078円100GB24か月
それがだいじWi-Fi3,243円100GB24か月
Ex Wi-Fi3,243円100GB36か月
ゼウスWiFi3,425円100GB24か月
GMOとくとくBB
WiMAX
3,400円およそ
100GB
36か月最大32,000円キャッシュバック
Broad WiMAX3,545円およそ
100GB
36か月19,000円違約金補填
解約後の乗り換えサポート
カシモWiMAX3,531円およそ
100GB
36か月
EXWiMAX3,659円およそ
100GB
36か月
どこよりもWiFi3,758円100GBなしいつでも縛りありに変更可能
BIGLOBEWiMAX4,014円およそ
100GB
36か月口座振替で支払いが可能
ゼウスWiFi4,244円100GBなし
※1 月額料金は月額料金、事務手数料、端末代金からキャッシュバックや割引を差し引いた料金を示しています。
※2 WiMAXは3日間で10GB以上の利用で一時的に通信制限がかかるため、快適に使えるGB数は計算上およそ100GBと計算しています。

WiMAXは月額料金は高いものの、キャッシュバックや、違約金補填などサポート面で充実しています。料金で選ぶ人はMugenWiFi、サポートで選ぶ人はWiMAXを選びましょう。

【低容量】50GB以下のポケットWiFiを比較!

50GB以下のプランは、短時間の動画の視聴やネットサーフィンなど、軽い使い方をする人におすすめです。

50GBであれば、Ex Wi-Fiがコストパフォーマンスがよいですが、3年間の契約期間がある点に注意です。

縛りなしプランも50GB以下は充実しているので、自分にあった容量、金額、契約期間を選択しましょう。

特に希望がなければ、ゼウスWiFiのプランから選ぶのがベストでしょう。

実質月額データ容量契約期間キャンペーン
Ex Wi-Fi2,786円50GB36か月
どこよりもWiFi2,980円50GB24か月
どこよりもWiFi3,480円50GBなし
ゼウスWiFi 2,689円 40GB 24か月
ゼウスWiFi 2,981円 40GB なし
ゼウスWiFi 2,008円 20GB 24か月
ゼウスWiFi 2,397円 20GB なし
どこよりもWiFi 2,300円 20GB 24か月
どこよりもWiFi 2,786円 20GB なし
※1 月額料金は月額料金、事務手数料、端末代金からキャッシュバックや割引を差し引いた料金を示しています。
※2 WiMAXは3日間で10GB以上の利用で一時的に通信制限がかかるため、快適に使えるGB数は計算上およそ100GBと計算しています。

ポケットWiFi以外の手段がおすすめな場合もある!

ポケットWiFiは外出先に持ち運べることが大きな特徴ですが、外で利用することがないのであれば以下2つの回線の方がおすすめです。

ポケットWiFi以外のおすすめ回線

これらは自宅内での利用に限られる分、通信品質がポケットWiFiよりも優れています。

自宅でのみ使うなら「ホームルーター」もおすすめ

ホームルーターは自宅据え置き型のWiFiルーターです。

ホームルーターには以下のようなメリットがあります。

ホームルーターのメリット
  • ポケットWiFiよりも端末スペックが高い
  • 工事不要

ホームルーターはポケットWiFiよりも端末のスペックを優先できるため、通信の安定性や同時接続可能台数などが優れています。

また、本体をコンセントにつなぐだけで利用でき直ぐにインターネットに接続可能。

「光回線の工事ができない」または「すぐに使いたいけど自宅のみで利用する人」におすすめだと言えます。

WiMAXにもホームルーターの機種があり、高スペックの端末を工事不要で契約可能です。

WiMAXホームルーターのなかでおすすめの機種は最新機種の「HOME L02」です。

特に顕著なのは同時接続台数で対応台数は42台

下記記事で、おすすめのホームルーターについて詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

【2021年版】ホームルーターを契約すべきか徹底解説!最安窓口も紹介!
ホームルーターは自宅でのみ使うことを前提の方におすすめです。現在ホームルーターを提供している「WiMAX」「ソフトバンクエアー」を最安で申し込める窓口を厳選して紹介します。

高速性能を重視するなら「光回線(固定回線)」がおすすめ

光回線は、自宅内に直接ネット回線を引き込む回線のことです。

ポケットWiFiやホームルーターのように、無線で通信を行うわけではありません。

光回線のメリット
  • 回線速度が高速
  • データ容量・速度に制限がない
  • スマホ料金が割引される

物理的な回線を引き込むため、回線の速度と安定性は最も高いと言えます。

ただし、回線引き込みに工事が必要であり、開通までに2週間〜1ヶ月ほどかかることもあります。

以上から光回線は「とにかく速い回線を無制限で使いたい人」におすすめといえます。

光回線は数多くの事業者から提供されており、料金やキャンペーンもさまざまあります。

選択の指標となるのが「現在契約中のスマホキャリアがどこであるか」です。

特定のスマホキャリアと光回線の組み合わせはセット割引の対象となり、スマホ料金に毎月最大1,000円割引を適用できます。

格安SIMユーザーは基本的に大きなスマホセット割引がないため、単純に速度や料金面で優れている光回線を選びましょう。

下記記事で、おすすめの光回線について詳しく解説しているのでぜひチェックしてみてください。

【2021年最新】光回線おすすめ厳選5社を徹底解説!失敗せずに選ぶ5つのポイント
【2021年最新】人気光回線12社を徹底比較したおすすめ回線を紹介しますよ。光回線選びに失敗したくない人は5つの比較ポイントに注目してくださいね。

後悔しないポケットWiFiの申込方法

ここではポケットWiFiの申し込み方法を解説していきます。

①まずは自分にポケットWiFiが合っているかを確認

始めに自身の用途にポケットWiFiが合っているかを今一度確認しましょう。

特に外出先での利用がないのであれば、ホームルーターや光回線の方が、速度や安定性において優れています。

②自分のこだわり条件を整理する

次に、冒頭でも示した4つのポイントうち、こだわる条件はどれなのかを整理します。

  1. データ容量:20GB~200GB
  2. 料金:データ容量と月額料金のバランス
  3. 契約期間縛りなし~3年契約
  4. キャンペーンお試し期間やキャッシュバックなど

全てにおいて優れているポケットWiFiは残念ながら現状ありません。

これだけは外せないというポイントが移行の選択の基準です。

③ポケットWiFiを選ぶ

②で定めたこだわり条件を元にポケットWiFiを選択します。

④特典窓口から申し込む

WiMAXを契約する場合は申し込み窓口の選択が必要です。

窓口となるプロバイダによって料金やキャンペーンが変わりますが、サービスに違いはないため料金を優先して選びましょう。

⑤端末が届いたら利用開始

申込完了後数日で端末が到着します。

すでに開通はしているため以下の初期設定が完了すれば利用開始です。

ポケットWiFi初期設定
  1. SIMカードを端末に挿入
  2. 充電
  3. スマホ・パソコンに接続設定

ポケットWiFiに関するQ&A

最後にポケットWiFiに関するよくある質問とその回答をご紹介します。

ポケットWiFiとWiMAXってどう違うの?

ポケットWiFiとは正式には「モバイルWiFiルーター」と言い、持ち運びができるWiFiルーターの総称です。

一方のWiMAXは「UQコミュニケーションズ」が運営する持ち運びができるWiFiルーターのサービス名です。

つまり、WiMAXもポケットWiFiサービスの一つだといえます。

スマホのセット割はある?

一部のポケットWiFiにも、光回線のようなスマホとのセット割引はあります。

今回ご紹介した中ではWiMAXが該当し、auスマホとのセット割である「auスマートバリューmine」が適用可能です。

ただし、対応しているプロバイダとそうでないものがあります。

auスマートバリューmine対応プロバイダ
  • UQ WiMAX
  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE WiMMAX
  • Broad WiMAX
  • So-net WiMAX

auスマートバリューmineでは、1台のauスマホに対して最大1,000円の月額料金割引が適用されます。

口座振替で支払える?

ほとんどのポケットWiFiは支払いをクレジットカードのみとしており、口座振替に対応しているのはごく一部です。

口座振替対応ポケットWiFi
  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX 2+
  • ワイモバイル
  • ドコモ

また、口座振替の場合、クレジットカードではかからない口座振替手数料(毎月)がかかる場合や、対象プランが限られることもあります

クーリングオフはできる?

初期契約解除制度」というクーリングオフにあたる制度があります。

利用開始から8日以内の申告と端末の返送で、契約を白紙に戻せます。

ただし、これは端末購入の契約の場合に限られる制度で、縛りなしWiFiのようにレンタルではできない場合があります。

まとめ

数あるポケットWiFiから最適なサービスを選ぶためには以下5つのポイントに注目しましょう。

どのポイントを最優先するかで選択すべきポケットWiFiが変わります。

ポケットWiFi選びのポイント
  • 料金の安さ
  • データ容量
  • 速度制限の内容
  • エリアの広さ
  • 速度の速さ

失敗しないために、自分にあったポケットWiFiを選びましょう。

参考サイト

タイトルとURLをコピーしました