近頃は、自宅で過ごす時間が増えた人も多いはず。仕事がテレワークになったり、あまりお出かけしにくくなったり……確かに家の中は快適だが、そんな生活をしていると運動不足や食生活の偏りなど、健康面への影響も心配になってくる。世の中の人は今、健康維持のためにどんなことを実践しているのだろうか。

そこで今回は、最近家で過ごす時間が長くなったというアラサー3名に協力していただいて、オンライン座談会を実施。日々の健康において気をつけていることや生活の変化、健康への向き合い方などについて語ってもらった。

最近の生活の変化について

今回、お話を伺ったのは次の3名。

――まずは皆さんの現在の生活について伺います。在宅勤務をされており、外出も控えているそうですが、以前と比べてどのような変化がありましたか。


圧倒的に自炊する回数が増えましたね。今までは営業として1日中外回りをしていたので、外食やコンビニごはんがメインだったんです。でも最近は自宅にいるので、なるべく自炊をするようにしています。朝はシリアルやヨーグルトで済ませてしまうことが多いのですが、昼と夜は必ず自分で作るようにしています。


――毎食自炊するのはけっこう大変ですよね。自炊をするようになったきっかけはあるのですか?


今までは外回りや旅行などで体を動かす機会が多かったのですが、在宅勤務になってから運動不足になってしまって。1週間で3キロも太って、顔もパンパンになったんです。食事が偏っていたことを痛感しました


  • 身体を動かすだけではなく、食生活も大事なんだって気づきました

――体重の変化から食生活の見直しまで、かなり大きな変化ですね。Mさんはいかがですか。


僕はもう2カ月以上在宅勤務をしています。自宅と近所のスーパーやコンビニの往復しかしていないので、運動不足を感じます。このあいだ久しぶりに軽くランニングをしたのですが、すぐに疲れてしまって。次に試合をしたら、体力不足で倒れるかもしれないです(笑)。
食生活も悪くなってしまって、昼はカップ麺なんかでパパッと済ませてしまっています。仕事上、朝から晩にかけてオンラインでのミーティングが多くて、不健康だなとは思っているのですが……。


――かなりお忙しくされているんですね。その食生活だと、たしかに健康的とは言えないかも……。Sさんはいかがでしょうか?


私はお二人とは違って、今も週3日くらいは出勤しています。それでもやはり、以前よりは体を動かしていないと感じますね。
あとは、自宅では動画サービスでずっとドラマを見続けています。韓国ドラマにハマってしまって(笑)。出社がない時は朝もゆっくり起きられるので、明け方くらいまで止まらないこともしばしばで、夜ふかしになりましたね。見ている途中はついついお菓子を食べてしまいますし。そのせいか、お肌もなんとなくカサカサして、ハリがなくなった気が……。


  • Sさん:出社しないときは夜更かししたりしてしまうことが増えました


良くないと思っていても乱れてしまっている食生活。できる対策法は?


――皆さんやはり、健康面への不安を感じているということですね。自分なりの対策方法などはありますか?


人がいない時間にランニングをするようになりました。あと、野菜は毎食摂るように心がけていますが、自炊に慣れているわけではないので、なかなか効率良く栄養が取れていない気がします


私は、買い物はあえて遠くのスーパーを選んで歩いていったり、ベランダで日光浴したりヨガをしたり。外出しづらいという現状で、食生活が一番改善しやすいのでジャンクフードばかりを食べないように気をつけています。


僕は仕事が終わった後にちょっと散歩するくらいかな。食生活は、朝食と昼食がおざなりになりがちで。夜はなるべくきちんとした食事を取るようにしていますが、栄養管理は十分ではない気がして不安です。


食生活の改善にオススメなのは「フルーツ」


――「健康的な食生活の目安がわからない」という人が多いと思いますが、実は現代人、特に若い世代に不足しがちなのがフルーツだといわれています。


「健康を維持する食生活」って言われると「野菜」を思い浮かべがちですが、フルーツも健康に良いんですね。


――フルーツはビタミンやミネラルの重要な供給源で、糖尿病やガンなどの生活習慣病や肥満の予防に効果があると言われています。食物繊維も多く含まれているので、便秘の解消や美肌につながるメリットもあるようです。また、お菓子に比べて脂質が含まれていないため、低カロリーなのも魅力ですね。


今の私が悩んでいることにぴったりじゃないですか。おうち時間が続くにつれて、気持ちの切り替えのために仕事のときはきちん化粧をしたり、時間があるからこそスキンケアを見直したり、美意識を高く保とう、と思うようになってきました。フルーツにそんな効果があるとは理解できてなかったな。


僕は甘党なので、無性に甘いものを食べたいときがあるんです(笑)。最近はダイエットをしていたので甘いものを断っていたんですが、フルーツを食べるという選択肢もあったんだな、と思いました。


――実は、厚生労働省では「毎日くだものを200g食べる」ことを指針として掲げています。


フルーツに摂取量の目安があるなんて初めて聞きましたし、200gってどのくらいの量かが分からないですね。


――200gは、大体“ぶどう”なら1房、“いちご”なら14粒、“さくらんぼ”ならなんと40粒分ですね。

けっこう量が多いですね。毎日は摂取できていないです。美味しいし好きではあるんですけど、野菜と比べるとどうしても割高に感じてしまって。


フルーツは好きなんですが、皮を剥く手間もかかるので正直面倒になってしまいます。僕の好きなアスリートもフルーツを積極的に摂取しているみたいなので、スポーツをする身としては見習いたい気持ちはあるんですが……。


  • 「食べるのは美味しいけど手間がかかる」と語るMさん

僕も仕事が忙しくて不規則な生活をしていたとき、ジムのトレーナーに「生活習慣病を防ぐためにもフルーツを取った方がいい」とアドバイスをもらいました。でも1つのフルーツを大量に食べるというのがしんどくて。とはいえ色んなフルーツを組み合わせて食べるというのも、一人暮らしだと現実的ではないです。


手間をかけずに多くのフルーツを摂取したい、そんなときの救世主!?


――皆さんフルーツは好きだけど、なかなか食べられていないということですね。
今回は、そんな課題を解決できる商品を紹介させていただきます。イノセントの「まんま、飲むフルーツ」です。


  • 左から「おおまじめストロベリー」「やんごとなきマンゴー」「やんちゃなキウイ」

「まんま、飲むフルーツ」って、インパクトのある名前ですね。パッケージもシンプルでお洒落な感じがします。


どの味も可愛いネーミングで気になりますね。個人的には「やんごとなきマンゴー」が優雅な響きで興味を引かれます(笑)。


――このドリンク1本には、200g以上のフルーツが入っているんです。


厚生労働省の提示している摂取目安量が、これ1本で補えるってことですか?手間がかからないで済みますし、これなら毎日摂取できるかもしれません。


――では、さっそく「おおまじめストロベリー」から飲んでみてください。



……美味しい! 苺のツブツブもしっかり感じられて、本当に「フルーツをそのまま飲んでいる」っていう感じがします。


甘すぎず、すっきりとした爽やかな酸味でとても飲みやすいです。


これは朝飲みたくなる味ですね。ごくごく飲みやすくて満足感がある。スポーツをしているときにも気軽に飲めますね。


――「おおまじめストロベリー」には、いちご・バナナ・りんご・ぶどう・オレンジ・カシスが入っています。


そんなにたくさん入っているんですね。美味しくて健康に良い、これなら毎日継続して飲めそうです。


私、仕事で早番のときはまだ日も昇らない時間に出勤しなくてはならず、本当に時間がなくてボロボロの状態で飛び出してたんです。フルーツが含むビタミンやミネラルは肌にいいなら、忙しい朝でもコレを飲むようにしたらフルーツをバランスよく摂れるし、健康的な気がします。



なんだか一般的な100%ジュースよりも100%な感じがありますね。他の市販のジュースとは違うというか……。


――実はイノセントは甘味料、濃縮還元果汁、増粘剤等が一切使われていない完全な果汁100%のドリンクなんです。保存料も使用していなく、チルド製品で素材のおいしさを大切にしています。


なるほど、それでこんなにフルーツのフレッシュさがあるんですね。筋肉を蓄えるうえでは、なるべく良質なエネルギーが必要になるんです。ジュース類って、ほとんどの場合は砂糖とかが入っているイメージがあったんですけど、イノセントは本当にフルーツの甘味だけ。余計な添加物が使われていないというのは魅力的だと感じますね。


――続いて「やんごとなきマンゴー」はいかがでしょうか?


とても濃厚ですね! 「おおまじめストロベリー」よりもトロっとした口当たりです。
私、実はマンゴーの食感が苦手なんですよ。だから自宅にこれが届いたときに「大丈夫かな」って不安だったんです。でも飲んでみるとすごく味わい深くておいしいです。


  • 「マンゴーの食感が苦手な私でもすごく美味しい」


とろみのあるマンゴーの甘さと……あとはパッションフルーツのような爽やかな酸味も感じますね。マンゴーとパッションフルーツって、南国の組み合わせ! なかなかPCの前から動けない僕でも、これを飲めば健康に良い上、外出した気持ちまで味わえそう(笑)。


――「やんごとなきマンゴー」にはマンゴーのほか、パッションフルーツ・りんご・バナナ・オレンジ・ライムが入っています。
なかなか自分ひとりだと食べないフルーツを一度に摂取できるのも、イノセント“まんま、飲むフルーツ”の特徴です。


僕はトレーニング前に飲みたいですね。これなら質の高い果糖を効率的に取れるし、ボトル1本で済むのでフルーツを持ち歩くよりも手軽です。



――最後に、「やんちゃなキウイ」を飲んでみてください。


キウイはスーパーでもよく見かけるし、健康に良くて人気なイメージがあります。前の2つより、さらに酸味を感じますね。キウイらしい舌触りも残しつつ、フルーツを食べたとき特有のピリピリした感じが抑えられているので、幅広い人に飲んでもらいやすいと思います。


――「やんちゃなキウイ」は、キウイ・りんご・パイナップル・ぶどう・ライムが入っています。3つの中では1番カロリーが低いレシピな上、特にキウイは、ビタミンCとビタミンEの含有量がフルーツの中でもトップクラスなんです。


そうなんですね! 美肌になるにはビタミンCが必要ってよく聞きますし、200gのフルーツを簡単に摂れて美肌作りへのアプローチもできるなんて、魅力的です。


ビタミンCとEを同時に取ると疲労回復に効果的だと聞いたことがあります。これを飲んで、疲れた体を癒したいですね。


セブン-イレブンで手軽に買えちゃう
イノセントの「まんま、飲むフルーツ」


健康に良いものは苦かったり、美味しくなかったりするイメージですが、今回3つ飲んでみて、それぞれ本当に美味しくてびっくりしました。ちなみに値段はいくらなんですか?


――これまでは1本298円(税抜)でしたが、4月28日から277円(税抜)に変更されました。


価格が下がったんですね! これくらいの金額で、1日に必要な量も摂れるなら「試しに買ってみよう」って思えます。


イノセントに入っているフルーツを全部買おうと思ったら、277円じゃ済まないですよね。パッションフルーツとかマンゴーとか、ちょっと高価だったり、珍しかったりするフルーツも入っているし。冷蔵庫に買いだめしておこうと思います。



――イノセントの「まんま、飲むフルーツ」は全国のセブン-イレブンで発売中とのことです。

セブン-イレブンで買えるなら手軽ですね。


――これからもイノセントの「まんま、飲むフルーツ」で手軽にフルーツを摂ってください。

***

イノセントの「まんま、飲むフルーツ」は果汁100%のドリンク。一日に必要な摂取量200g以上のフルーツが入っているうえ、甘味料、濃縮還元果汁、増粘剤等が一切使われていないため、フルーツ本来の味を楽しみながら手軽に摂取できる。それぞれの味の詳しい情報はイノセントのHPでチェックして欲しい。

   イノセントのHPを   
チェック ▶

余談ではあるが、イノセントジャパンではつい最近、「フルーツとらなくて委員会」を発足した。日本は、世界的に見てもフルーツの摂取量が最低クラスといわれている。そんな日本の私たちに、フルーツの良さを広めるための組織が「フルーツとらなくて委員会」とのこと。

「なぜ、フルーツを取ったほうがいいの?」「どのくらいフルーツが不足しているの?」「どんなときにフルーツを取ったらいいの?」……そんな疑問がある方はぜひこのページチェックしてみてほしい。

フルーツとらなくて委員会を
チェック ▶

家で過ごす時間が長い今、健康を維持するためにもぜひイノセントをおすすめしたい。

[PR]提供: イノセントジャパン合同会社