毎日忙しくて、日頃の疲れを吹き飛ばしたい!そんなときは、仲の良い友達と「女子旅」をして、心も体もリフレッシュしたくなりませんか?

わたしは、なります!

こんにちは!ライターの古川ユイラです。

そんなふうに思っていたある日の昼下がり。マイナビニュース制作担当のHさんから突然電話がかかってきました。

二つ返事で答えた私なのでした。というわけで…

舞台は、京都の「宇治・稲荷エリア」。旅のおともは、モデルの藤田真奈ちゃんです。制作担当のHさんが言うには、

世界遺産やSNS映えするフォトスポット、そして絶品のスイーツやグルメも楽しめて、「まさに女子旅にピッタリ!」ですよー♪

とのこと。これは期待が高まります。それでは、はりきって「宇治・稲荷エリア」を巡る女子旅にレッツゴー!


「宇治・稲荷エリア」の1泊2日モデルコース

JR京都駅から快速に乗り「宇治駅」へ(約20分)。宇治は、世界遺産の平等院をはじめ、神社や寺院が多く、「お茶の街」としても有名なエリアです。宇治茶や抹茶を使ったスイーツ店が立ち並んでいて、すでにゆったりとした癒しのオーラを感じます。

宇治に来たのなら、ここは絶対ハズせない!ということで、まず向かったのは「平等院」!建物の鮮やかな朱色と、金色の鳳凰(ほうおう)に目を奪われます。

当日はあいにくの曇りでしたが、天気の良い日は、池の水にお堂が映り込んだ幻想的な景色を楽しめるそう。藤の花や桜が見ごろになる時期には、いっそう華やかになること間違いなしです。

鳳凰堂の他にも「ミュージアム鳳翔館」では、雲中供養菩薩像(うんちゅうくようぼさつぞう)や、初代の鳳凰像(ほうおうぞう)といった国宝が間近で見られます。約1,000年にわたり継承されてきた景観に心を洗われながら、長い歴史を肌で感じる…なんてのもいいかもしれませんね。歩き疲れたときは、敷地内の茶房で、本格宇治茶をいただきながら一休みするのもいいでしょう。

<平等院>
京都府宇治市宇治蓮華116
https://www.byodoin.or.jp/

続いて訪れたのはレンタル着物の「京都愛和服」。元呉服屋の社長が選りすぐった着物がずらりと並び、新作も常時取り揃えられています。伏見稲荷にも姉妹店があり、宇治平等院で着付けて観光を楽しんだ後、稲荷店に着物の返却をするのもOKだそう。京都感を存分に味わうためにも、やっぱり着物はマストですよね!

店内にある着物はなんと約200種類!色や柄のバリエーションが豊富なので、お気に入りの一着を選ぶのに時間がかかりました(笑)。普段あまり着る機会がないだけに、入念に選んじゃいますよね。

着付師さんとヘアセットを担当してくれる美容師さんがいらっしゃるので、迷った時はアドバイスもしてくれます(これは嬉しい!)。ここで和装のトータルコーディネートが叶っちゃいます♪

完成版がこちら(じゃじゃん)!店内のフォトブースで、着付け後すぐに記念撮影しました!


<着物レンタル 京都愛和服 宇治平等院店>
京都府宇治市宇治妙楽1-1 宇治橋ビル2F
http://kyoto.aiwafuku.com/

着物に着替えたところで、お待ちかね!宇治スイーツを味わうべく「中村藤吉本店」へやってきました。創業1854年という長い歴史の中で受け継がれてきた茶文化を、舌と目で楽しめるカフェ。夏の繁忙期には、なんと2時間程並ぶこともあるという人気店です。

今回は人気メニューの「まるとパフェ[抹茶]」と「生茶ゼリイ[抹茶]」を注文しました。

「まるとパフェ[抹茶]」は、宇治本店限定の一品。提供時に素材の説明が書かれたリーフレットを貰えるので、中に何が入っているかワクワクしながら食べ進められるのが魅力です。
そしてパフェと並ぶ人気を誇る「生茶ゼリイ[抹茶]」も絶品。独特な食感と喉ごしが堪りません!

温かいかい季節は、テラス席で中庭を眺めながらスイーツを楽しむこともできます。スイーツだけでなく抹茶を練りこんだお蕎麦やうどんといったお食事メニューも人気だそうで、次回はランチタイム時にもお邪魔してみたいです。

<中村藤吉本店 宇治本店>
京都府宇治市宇治壱番十番地
https://www.tokichi.jp/

お散歩の後は、地元住民や観光客からも人気の「RAKU CAFE AND GALLERY」でご飯タイム! 「RAKU=楽しい」がコンセプトで、店内にはオシャレなインテリアが…♪こだわりの料理とともに、楽しいひとときを過ごせます。

今回、注文したメニューは「RAKU BENTO サラダランチ アヒージョ」と「フォカッチャえびアボ」。

新鮮な魚を使ったアヒージョは、白ワインとオリーブオイルの香りが食欲をそそるふっくら仕上げ。木箱を彩るサラダには、極力無農薬なものを選んでいるそうです。程よいスパイスとハーブを使用したオリジナルの味付けが食欲をそそります。

フォカッチャは全粒粉で香ばしく、アンチョビソースのかかったえび&アボカドとの相性は抜群!添えられたポテトも表面はカリカリで中はホクホク。ガーリックとハーブの風味が絶妙でした。

ちなみに、並ばずにゆったり過ごすなら平日14時以降が狙い目だそうです。

<RAKU CAFE AND GALLERY>
京都府宇治市宇治又振65
http://raku-u.com/

今回ご紹介した順番とは異なりますが、より満喫できるモデルコースはコチラ!



2日目はJR京都駅から約5分の「稲荷駅」へ!
「伏見稲荷大社」は国内外問わず観光客から人気で、赤い鳥居が織り成す神秘的な景色が楽しめます。周辺にはお土産屋さんやお食事処が揃っているので、観光やショッピング、グルメも満喫できますよ。

伏見稲荷大社」は1300年以上にわたり、人々から信仰されてきた「お稲荷さん」の総本宮。五穀豊穣、商売繁盛、家内安全、諸願成就の守護神として、今も数多くの人から親しまれています。

目にも鮮やかな朱色は、古代から魔力に対抗する生命力の象徴とされてきたそう。
稲荷大神の神威を表す色として、境内の多くの社殿や鳥居にも、この朱色が用いられています。

鳥居の他にも、楽しめるスポットはたくさん。奥社奉拝所には「おもかる石」が置かれており、石を持ち上げた時の感覚で占いができる、というものです。…これはやるしかない!

力強い朱色と稲荷山の緑を楽しめる伏見稲荷大社ですが、千本鳥居をはじめ様々な見どころがあり、女子旅2日目は伏見稲荷大社だけでも十分楽しく過ごせますよ。

<伏見稲荷大社>
京都市伏見区深草薮之内町68番地
http://inari.jp/

伏見稲荷大社から徒歩すぐの場所にある、お食事処「稲福」でランチタイム。大正12年から、ここ伏見でこだわりの料理を提供し、観光客はもちろん、地元の常連さんも多く訪れるお食事処です。

今回はいなり寿司と、にしん蕎麦を注文。

そして京都ならではの名物グルメが、スズメとウズラの丸焼き

稲荷大神が農業神であることから、稲の害敵であるスズメを捕食するようになった、など諸説ありますが、ここ稲福でも注文する人が多い人気メニュー。
…ということで私も初挑戦!

初めてのスズメに驚きましたが、また食べたくなる味でした。

<お食事処 稲福>
京都府京都市伏見区深草開土町2-4
TEL:075-641-3696

そして、旅行で欠かせないのがお土産です。最後は、稲荷駅のメインストリートから少し離れた場所にあるプチギフトショップ「加美屋」へ。明治後期から大正までは紙職人、そして昭和からは京都土産として定番のあぶらとり紙の制作に携わりはじめた、という歴史があるそうです。

平成に入ってからは、自社ブランドを立ち上げ、あぶらとり紙や練り香水、ハンドクリームなどのコスメ販売もスタートしたそう。コンセプトは「お化粧する女性たちを応援」。普段のコスメにちょっぴりプラスできるような便利で快適な商品がずらりと並んでいます。

人気商品の練り香水は、京都らしい品のあるほのかな香りがしました。

その他化粧水、乳液、美容液、クリーム、化粧下地の役割を果たしてくれるオールインワンジェルも好評だそうです。

さらに、店内を見渡すとスキンケア用品が並ぶ中に異彩を放つ存在が…

この「とんちキツネ」のマスコット付きラッピングもできるそうで、自分用のお土産はもちろん、プレゼントとして贈るのも良いかも知れませんね。

<加美屋 稲荷店>
京都市伏見区深草稲荷御前町78番3
https://www.kami-ya.jp/

ご紹介したスポットを巡るオススメのコースはコチラ!


宿泊は女性に嬉しい「ヴィアイン京都駅八条口」

宇治・稲荷エリアを旅行する際にオススメしたい宿泊施設は「ヴィアイン京都駅八条口」です。京都駅八条口から徒歩約2分の立地で、JR宇治駅・JR稲荷駅どちらも乗り換え無しで行ける利便性はもちろんですが、女性に嬉しいポイントがたくさんあるんです!

8タイプある客室の中には、ホテルには珍しい靴を脱いでお部屋に上がるフローリングタイプもあり、寛ぎある空間でゆっくりと過ごすことができます。 さらにアロマオイルを使用したフットマッサージなど、観光で歩き回った身体に嬉しいサービスも充実。

ホテル1Fにある「食彩健美 野の葡萄」では、食と健康をテーマにした朝食バイキングがオススメ。京野菜だけにこだわらず新鮮な地元野菜を取り入れた大地の恵みサラダコーナー、自然のだしにこだわって作った各種おばんざい、京都の郷土料理や名物料理など約80種類の朝食バイキングを提供。

中でも目の前でシェフが作るライブコーナーがイチオシです。こだわりの卵のだし巻きは何とも言えない美しさです。朝から始まる「おいしい京都旅行」をお楽しみください。

見て楽しみ、食べて楽しめる宇治・稲荷エリアはいかがでしたか?この1泊2日モデルコースを参考にして、ぜひ、思い出に残る女子旅をしてみてくださいね!


「ヴィアイン京都駅八条口 特別宿泊招待券」が当たるTwitterプレゼントキャンペーンを実施!

本記事をツイートしてくれた人の中から抽選で20名にペアチケット「ヴィアイン京都駅八条口 特別宿泊招待券」をプレゼント致します。

特別宿泊招待券のご利用について
<応募要項>
■応募期間
2019年3月27日~2019年4月30日まで
■賞品
ヴィアイン京都駅八条口 特別宿泊招待券
※有効期限:2019年9月30日
■応募方法
twitterアカウント(@mn_campaign)をフォロー後、当リンクからツイートしていただく。


※当選者への連絡:当選者には応募締め切り後、マイナビニュースのアカウント@mn_campaignより、ダイレクトメッセージにて送付先情報(送付先住所、受取人氏名、電話番号)を伺います。ダイレクトメッセージ送信後24時間以内にご連絡がない場合、フォローを外された場合(その場合ダイレクトメッセージを送付できません)は当選を無効とさせていただきます。
※当選条件:日本国内にお住まいの方

<個人情報取扱いについてのご注意>
応募にあたって以下を必ずお読みください。応募には以下の「個人情報取扱いについて」に同意いただく必要があります。「個人情報取扱いについて」に同意いただけない場合はプレゼント抽選の対象となりません。
(1)個人情報取り扱いについて:マイナビでは個人情報保護マネジメントシステムを構築し、正しい個人情報の取り扱いおよび安全管理につきましてできるだけの体制を整え、日々改善に努めています。当社が運営するマイナビニュースにおいて、読者の皆様からお預かりする個人情報は、プレゼントの発送などに利用いたします。
(2)開示等、個人情報の取り扱いについてのお問い合わせ
株式会社 マイナビ ニュースメディア事業部 キャンペーン事務局(mj-event@mynavi.jp)
(3)個人情報保護管理者
株式会社 マイナビ ニュースメディア事業部 事業推進部長(news-personal_data@mynavi.jp)

model:mana_fujita_1104

photo:photographer_eringi

寄り道が楽しくなる情報のまとめページはコチラ

[PR]提供: JR西日本ヴィアイン