「事実は小説より奇なり」とはよくいったもので、人生は予想外の連続。そして、ひとつとして同じものはない。

他人はどのような生活を送っているのか、それを垣間見るには「エッセイマンガ」がおすすめだ。今回は、波乱万丈な人生を歩む人々と、その模様を描いたエッセイマンガ5作品を紹介しよう。

『ガイコツ書店員 本田さん』

  • 『ガイコツ書店員 本田さん』(C)本田/KADOKAWA

マンガ売り場の担当として、長年書店に勤めた作者・本田。その日常を綴ったコメディエッセイである。おしとやかで静かなイメージを持たれがちな書店員だが、その実情は慌ただしくも刺激的な業務に追われる日々。

  • 「娘のために探している」と見せられたのは、女性向けのBL同人誌だった……
    『ガイコツ書店員 本田さん』(C)本田/KADOKAWA

18禁の同人誌を探すイケおじ(イケメンなおじさん)や、ボーイズラブのために国境を超えてやってくる外国人の女性たちなど、グローバル化が進んだ店内では、想像の斜め上をゆく相談が多数持ちかけられる。書店員たちは、その無茶振りにも近い要望を叶えるべく、必死で食らいついていく。2018年10月からアニメ放送も開始された話題作だ。

  • 外国人からのストレートな質問に、たじろぐこともしばしば
    『ガイコツ書店員 本田さん』(C)本田/KADOKAWA

>>『ガイコツ書店員 本田さん』詳しくはこちら<<

『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』

  • 『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』(C)いしいさや/講談社

新興宗教の信者を母親に持ち、その二世として育てられた作者が、幼少期から教団を抜けるまでのエピソードをマンガ化。主人公・さやは、母親や信者から厳しい監視を受け、教団以外の人と極力接触しないように育てられる。

  • 母親による厳しい規制を受ける主人公
    『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』(C)いしいさや/講談社

子どもながらに布教活動としてパンフレットを届けたり、クリスマスのお祝いをしてはいけなかったりと、教団特有の規則によって規制され、苦しむさやの姿が淡々と描かれている。

  • “サンタクロース“からのプレゼントも受け取ることはできない
    『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』(C)いしいさや/講談社

>>『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』詳しくはこちら<<

『今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメント 嫁日記~』

  • 『今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメント 嫁日記~』(C)ポレポレ美/ぶんか社

交際期間9年を経て結婚した作者・ポレポレ美と夫の山木。しかし結婚後、ポレポレ美は深刻なセックスレスに悩まされることに。問題を解決するべく、 “セックスチケット”を付与したり精力のつく食事を作ったりと様々な努力をするが、ことごとく失敗。次第に身体だけでなく、心も離れていくようになる。

  • お手製のセックスチケットを渡すも、本棚の上に隠されてしまう
    『今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメント 嫁日記~』(C)ポレポレ美/ぶんか社

思い悩んだ作者は友人に相談するが、本質を理解してもらえず不倫を迫られるといった衝撃的なシーンも。昨今話題となっているセックスレス問題の実情が浮き彫りとなった作品だ。

  • 夫や周囲から理解を得られずに苦しむ主人公
    『今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメント 嫁日記~』(C)ポレポレ美/ぶんか社

>>『今日も拒まれてます~セックスレス・ハラスメント 嫁日記~』詳しくはこちら<<

『連載終了!少年ジャンプ黄金期の舞台裏』

  • 『連載終了!少年ジャンプ黄金期の舞台裏』(C)巻来功士/イースト・プレス

「少年漫画なんて描かないぞーーーっ!!」 『ゴッドサイダー』『メタルK』など、異彩を放つ作品を手がけた漫画家・巻来功士。彼は黄金時代の「少年ジャンプ」でどのように連載をしてきたのか。その軌跡をたどるエッセイである。

  • 今では貴重な、レジェンドたちの新人時代が描かれる
    『連載終了!少年ジャンプ黄金期の舞台裏』(C)巻来功士/イースト・プレス

『シティハンター』の北条司や、『北斗の拳』の原哲夫、『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦なども登場。人気漫画家たちのデビュー直後の様子なども赤裸々に描かれている。漫画業界の裏側を見せてくれる作品だ。

  • 少年誌らしからぬ作風ながら、熱狂的なファンを生み出した巻来功士
    『連載終了!少年ジャンプ黄金期の舞台裏』(C)巻来功士/イースト・プレス

>>『連載終了!少年ジャンプ黄金期の舞台裏』詳しくはこちら<<

『岡崎に捧ぐ』

  • 『岡崎に捧ぐ』(C)山本さほ/小学館

「仲良くなりたい人を順に並べたとする、堂々とその最下位にいたのが岡崎さんという人だった」 舞台は1990年代。小学生だった作者・山本さんは、転校をきっかけに同級生の岡崎さんと出会い、次第に親友と呼べる間柄に。そんな当時の思い出をさかのぼっていく作品だ。

  • 自分を“山本さんの脇役”と捉える岡崎さん
    『岡崎に捧ぐ』(C)山本さほ/小学館

猪突猛進で奇行に走る山本さんと、そんな山本さんのことがとにかく大好きな岡崎さん。2人の間で起こるエピソードは、子ども時代を思い出して共感する人も多いだろう。作中には「たまごっち」や「プレイステーション」など、同世代には懐かしいアイテムも多数登場する。

  • 好きな人と会話するべく、壁に頭を打ちつける山本さん
    『岡崎に捧ぐ』(C)山本さほ/小学館

>>『岡崎に捧ぐ』詳しくはこちら<<

***

多種多様な人生と触れることで、あなたの生活も彩り豊かなものになるだろう。自分好みのエッセイマンガで、人生の幅を広げてはいかがだろうか。

▼こちらもおすすめ! エッセイマンガ

  • 『犬と猫どっちも飼ってると毎日たのしい』(C)松本ひで吉/講談社

  • 『伊藤潤二の猫日記 よん&むー』(C)伊藤潤二/講談社

  • 『百姓貴族』(C)荒川弘/新書館

  • 『先生白書』(C)味野くにお/イースト・プレス

  • 『あさってビューティー』(C)戯あひさ/小学館

[PR]提供: Renta!