ママであれば、すべての人が通る"初産"。出産という人生初めての経験に、楽しみな反面、不安も多々ある。今回は、半年以内に第一子を出産したばかりのママ3人に集まっていただき、妊娠中・出産後の困りごとや、それらとの向き合い方について語ってもらった。前編では、妊婦であれば誰もが直面する「妊娠中の体調管理」「妊娠中の過ごし方」、そして産後の大きなハードルのひとつ「授乳」という3テーマでお話いただく。

左から、Aさん、Tさん、Eさん、3人の初産ママたち。妊娠中、出産後の困りごとについて話してもらった

今回、当座談会を主催したピジョンのサイト「コモドライフ」。独自視点で書かれた"出産・育児"に関する体験談やコラムが多数掲載されている。あなたも、「ありのままでいいんだ」と肩の力を抜いてみては? アクセスはこちらから

ご飯の炊けるニオイが駄目に - つわりで苦労したこと

――まずは、妊娠中の体調変化で一番辛かったことを教えていただきたいのですが、みなさん"つわり"はどうでしたか?

Eさん「ご飯の炊けるニオイがダメで……」

Eさん「私は4カ月ぐらいまでつわりがひどくて。ご飯の炊けるニオイがダメで、炊飯器を外に出して炊いていました。朝食もコンビニのサラダくらいしか食べられない状態で、仕事中も吐き気ですぐにトイレへ駆け込んだり……。喘息にもなってしまい、咳が止まらず、寝られなくて辛かったです」

Tさん「妊娠中って薬が飲めないから余計に辛いですよね……。私の時は、つわりよりも頻繁に立ちくらみの症状に悩まされました。通勤に1時間半かかっていたのですが、朝は満員電車でなんとか、お腹だけは守っていました。それでもやっぱり10回ぐらい、倒れて救護室にお世話になるっていうのを繰り返して」

一同「ええ~~~!」

Tさん「そのせいで会社にも毎日のように遅刻をしてしまって。安定期までは周囲に言えないこともあるので、理解を得ることがすごく大変でしたね」

――つわりにもいろいろな場合がありますよね。Aさんはいかがでしたか?

Aさん「私はつわりに関してはそれほどでもなかったんです。やっぱり人それぞれですよね。その代わり、後半は胎動がひどくて、夜は寝かせてもらえないわ、昼は動くわで大変でした。後は恥骨。妊娠中に20kgぐらい太ってしまって、そのせいで骨にダメージが出てきてしまって。起き上がらないと恥骨が痛くてどうしようもないという状態で、家の中で杖ついて。でもそんな中でも医者からはやっぱり歩けって言われるんですよね……」

立ち会ってもらったら - 旦那さんとの過ごし方

――つわりの時期が過ぎて安定期に入ると、アクティブに活動できることもあります。妊娠中はご夫婦2人だけで過ごせる最後の時間でもありますよね。みなさん、旅行などには行かれたんでしょうか。

Tさん「贅沢しまくりました!」

Tさん「もちろん、レストランとか旅行とか、『最後だね』って2人で言いながら贅沢しまくりました。産後は行けないだろうなーと思っていたので(笑)」

Aさん「いいなー! 私も旅行へ行きたかったんですけど、産院に止められちゃったんですよね。でもマタニティフォトを撮りましたよ。私はもともと写真が苦手でなんですが、記念にと半ば主人に押し切られて……。周りにお花とか散らされて『どうしよう?』って感じでした」

Eさん「私は、立ち会い出産を希望していたんです。そのことを夫とも話しました。一緒に両親学級に出てもらって、陣痛の進み方なんかも一緒に学んで……。夫は、以前は21時過ぎるぐらいに帰宅するような忙しい生活でしたが、今は18時ぐらいに帰ってくるようになりました。そんなふうに夫が変わったのも、最初から一緒にいろいろ関わってもらったからかなって思います。最初が肝心ですよね。立ち会い出産以外にも、家事や育児の分担、お祝いでいただいたお金の使い道とか、保険についていろいろと話し合いました」

――Eさん、すごいです。妊娠期の過ごし方によって、後々、後悔しないようにしたいですね。

当然母乳、と思っていたけど - 母乳育児について

――産後は初産ママたちにとって、はじめての体験ばかりで大変だったかと思います。中でも授乳に関してはどうでしたか?

Aさん「当然、母乳と思っていたんですけど……」

Eさん「私の場合は、母乳が最初一滴も出なくて悩みました……。その後、出るようになったので粉ミルクをやめていたら、1週間検診で、『赤ちゃんの体重が20gしか増えていないからミルクを足しなさい』って言われて……。ミルクを足しながらも泣いたらとにかくおっぱいをあげるようにしていたら、1カ月半過ぎた頃に市の母乳外来で『完母でいけるよ』って言われたんです。諦めなくてよかったなって感じでした」

――紆余曲折があったんですね。Tさんはいかがでしたか?

Tさん「私は逆で、母乳が出過ぎてしまって。産んだその日から止まらなくなっちゃったんですよ。洋服がビショビショになるくらい。最初はもう胸の張りがすごくて、痛くて……。でも最初のうちって赤ちゃんもそんなに飲んでくれないじゃないですか。『もっと飲んで!』ってこっちは思うんですけど(笑)。最近は落ち着いてはきているんですが、張りは相変わらずひどくて、さく乳で調整しています。復職する時までに落ち着いてくれるのか、心配です」

Aさん「うちは今、混合です。私は完母のつもりだったんで、産院も母乳育児に力を入れているところで出産して、当然、母乳と思っていたんですけど、まぁ出ない出ない……。体重が増えないから、途中からミルクを足しましょうって言われて、今は混合ですね」

およそ半年前に出産を経験した3人のママが明かしてくれた不安や悩み。そんなママたちは妊娠中、そして出産後はどのようにして不安を解消していたのだろうか? 後編では情報収集や向き合い方について話してもらった、座談会の様子をお届けする。

■「コモドライフ」ってどんなサイト?
イラストレーターやカメラマンなど、いろいろな職業のママや人気ブロガーが多数執筆。妊娠・出産にまつわるリアルな体験談をはじめ、それぞれの楽しいマタニティ・ママライフの過ごし方を紹介している。音楽用語で"気楽に"を意味する"コモド"。皆さんも、まずは気軽にサイトにアクセスしてみては?

コモドライフへのアクセスはこちらから