深夜帰宅後につい夜食を食べてしまいがちなビジネスパーソンにお勧めの連載「ビジネスマンのためのダイエット夜食」。今回は「だし焼きたまご豆腐」です。

これまでのお話はこちら

「だし巻き」ならぬ「だし焼き」はいかが?

かつて小さいころ、「卵は1日1個まで」と言われて育った方も多いのではないでしょうか。私自身もそうで、卵を2つ以上食べるとなんだか罪悪感にさいなまれてしまうこともしばしば。

ですが、最近の研究結果では必ずしもそういうわけでもないらしく、正しく摂取すればさまざまな効果も期待できるんだとか。もちろん、食べすぎは禁物ですし、何個でも食べていいというものではありませんが、卵は栄養面でもしっかりと摂取したいですよね。

今回ご紹介するダイエットメニューは、「だし巻きたまご」ならぬ「だし焼きたまご」です。ヘルシーな豆腐と一緒にフライパンで焼くだけですが、これがうまいのなんの。ちょちょいと混ぜ込んだ小エビがいい味出していて、ちょっとした晩酌のお供にもぴったり。このまま居酒屋で出てきてもおかしくないクオリティです(自分で言っちゃった)!

豆腐でボリュームアップしているので、糖質オフでごはんの代わりにもぴったりですよ!

だし焼きたまご豆腐

豆腐と一緒に卵をフライパンで焼くだけ!

材料(1人分)

生卵 1個 / 豆腐 100g / 小エビ 3g / 白だし(orめんつゆ) 小さじ2 / 刻みネギ 適量 / サラダ油 小さじ1

つくり方

1.豆腐は水を切って、生卵、小エビ、白だしとボウルで混ぜ合わせる。

2.サラダ油を熱したフライパンに1を注ぎ、中弱火にかける。

3.2の蓋を閉じて、ふちが固まるまでじっくりと火にかける。

4.3を火からおろして、刻みネギを散らす。

  • 豆腐は水を切って、生卵、小エビ、白だしとボウルで混ぜ合わせる

  • サラダ油を熱したフライパンにボウルで混ぜ合わせた豆腐などを注ぎ、中弱火にかける

  • 蓋を閉じて、ふちが固まるまでじっくりと火にかける

ポイント

■1人用のスキレットを使えば、そのまま容器代わりになって洗い物も減ります

筆者プロフィール: キムケン

東京都内の会社に勤めている30代男性。旦那より稼ぎの良い妻の健康を守るため、日々料理を作っている。料理にまつわる四コマ漫画と、そのレシピ掲載したブログ「木村食堂」をほぼ毎日更新中。2016年10月に「うちメシ - ゆかいな我が家の漫画とレシピ」を上梓。