今回は、色(カラー)について考えてみたいと思います。

私は写真のPINARELLO社の黄色のロードバイクに乗っています。この黄色には意味があり、自転車レースの最高峰である「ツール・ド・フランス」で個人総合優勝した選手に与えられる黄色のジャージ「maillot jaune(マイヨ ジョーヌ)」から来ています。

  • 「色」が表す「意味」の役立て方

    私の愛機 PINARELLO DOGMA F10 マイヨ ジョーヌカラーバージョン(ちょっとカスタムしてます)

マイヨ ジョーヌは、フランスの国土を1カ月かけて1周するという「最も過酷なレース」で「最も速く走り切った選手」に与えられる「最高の称号」を表しています。どんなに過酷かというと平坦路だけではなく、ダートコースもあり、かつ2,500mを超える超級山岳を何度も超えるコースがレース後半に集中するというレースだからなのです。(富士山は3,776m。後半の4日間ほどは富士山級の山々を何度も超えるコースが毎日続きます)

この色のバイクに乗るということは、世界一過酷なレースで勝利する「本当の強さ」を有するという意味になりますので、それは目立ちますし、分かっている人には、「そのバイク乗るってことは、強いんだよね。速いんだよね」と思われることになります。そのため恥ずかしい走りをすることは絶対に許されません。また、紳士的なスポーツであることから、交通ルールを守ること、節度のある振る舞いも必要になります。つまり、この色のバイクを選んで乗るということには「ある意味での覚悟」が求められると思っているのです。

日常生活でも「色」には意味があります。

信号機の赤は止まれ、黄色は注意、青は進めという意味ですし、戦隊モノでは赤が常にリーダーです。他にも赤色には32種類の意味があるそうです。青には「理性的」や「平和」、「クールでスマート」など19種類、黄色にも「幸せ」や「ポジティブ」「好奇心」などの19種類の意味があるようです。

このように色が示す「意味」を、ビジネスにも有効に使うことができると思っています。私の会社のコーポレートカラーには「黄色」を選択しています。これは私のロードバイクと同じ色ですね。

よって、コーポーレートカラーには以下のような3つの意味を持たせています。

  • 「世界一」の会社を目指す(マイヨ ジョーヌ)
  • ポジティブで楽しい会社風土を作る
  • 私たちが提供するサービス・プロダクトで人々を「幸せ」にする

サンライズイエローを使っているので“人々の未来を照らす”的な意味も込めています。

  • 仕事で使っているMac Book Pro もコーポレートカラーの黄色にカスタム

色が持っている「意味」は自分の思考や行動にも影響を与えます。

例えば、私の会社の仕事であれば、社員には常にこのように考えて欲しいと思っています。

  • 自分の仕事は、お客様の「幸せ」に繋がっているだろうか?
  • 自分は仕事を苦役ではなく、ポジティブに自己実現する手段だと思ってくれているか?
  • 自分たちの仕事は、「世界一」のサービスを目指すものになっているか?

「意味」によって「仕事」は変わります。私たちの会社であれば、仕事を、給与をもらうだけの「嫌なもの」ではなく、「幸せ」を作り出すものであり、自己実現をするための手段であり、それによって「世界一」を目指すサービスにしよう!と伝えることができるのです。

会社という概念に、自分たちが「色」をつけることで「意味」を作り出し、「意味」によって自分たちの思考や行動を変えることができるのです。それが社員に浸透し、サービスとなって顧客に伝播すると、その「色」は会社の特徴やブランドとして定着する事になります。

このように、自分を示す「色」を持つ事で、「自分ブランド」を作ることも可能だと思います。あなたは、何色の意味を自分につけて、自分を作りますか? これから「個人」が重要視される時代になると言われている中で、このような「意味づける力」は自分を"選んでもらう"ための重要な力になると思います。ぜひ、自分ブランドを作るために「色」による「意味づけ」をしてみてはいかがでしょうか。

執筆:染谷剛史(そめや たけし)

ナレッジ・マーチャントワークス 代表取締役社長
1976年、茨城県生まれ。1998年、リクルートグループ入社。中途・アルバイト・パート領域の求人広告営業に従事。新人賞を受賞。マーケットプロデュース部門に異動し、WEB・モバイル系新商品開発に従事。2001年、株式会社デジットブレーン入社。副編集長、広告局マネジャー。大手ホテルやハウスウェディングのPRコンサルティングに従事。2003年、株式会社リンクアンドモチベーション入社(東証一部上場)。大手小売・外食・ホテルといったサービス業の採用・組織変革コンサルティングに従事。2012年には同社執行役員に就任。

以後も新規事業開発(グローバル事業立ち上げ、健康経営部門の立ち上げ)を経て、サービス業に特化した組織人事コンサルティングカンパニー長を担う。2017年、ナレッジ・マーチャントワークス株式会社を設立し、代表取締役に就任。多店舗展開型企業の経営・組織変革を目的にサービス産業に特化したシフトワーカーマネジメントアプリ「はたLuck」の開発を行う。

■ナレッジ・マーチャントワークス