俳優の仲野太賀が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『ジャパニーズスタイル』のメイキングコンテンツ『ウラジャパニーズスタイル』#2「仲野太賀×石崎ひゅーい×菅田将暉 ドラマ撮影後たっぷり語りましたSP」がこのたびTELASA(テラサ)で配信スタートした。

  • 左から菅田将暉、仲野太賀、石崎ひゅーい=テレビ朝日提供

限られた場面設定、登場人物で展開する連続ドラマ“シットコム”ことシチュエーションコメディにテレビ朝日が初挑戦する『ジャパニーズスタイル』(毎週土曜23:30~)。さびれた温泉旅館「虹の屋」の玄関とロビー、従業員室・大浴場の入口とエレベーターのみを舞台に、実際に観客を入れて30分間ノンストップ、ほぼ本番一発勝負の群像劇が繰り広げていく。

来週11月5日放送の第3話には仲野や石崎ひゅーいとも関係の深い菅田将暉がゲスト出演。第1話にも名前が登場した、仲野演じる哲郎の高校時代の友人で元バレー部キャプテンの小野を熱演する。哲郎の高校時代の知られざるエピソードが暴かれたり、「虹の屋」の未来を左右する提案があったりと、物語のドタバタ度はさらに加速していく。

今回の『ウラジャパニーズスタイル』#3では、仲野×石崎×菅田で対談を実施。舞台裏の様子から、仲良し3人組らしいプライベートの話まで、本番後にほっと一息ついた素顔のクロストークが展開される。

本格シットコムの洗礼を浴び、その過酷さにかつてないほど台本にメモを書き込んだことも明かした菅田だが、それでも「楽しかった」と、本番をやり切ったことを告白。また、仲野を筆頭にキャスト陣からスタッフまでが自分に優しかったことを語り、いいチームだと称える。しかし、仲野と石崎はとある共演者にクレームがあるよう。その本人が対談に乱入する。

今作は、仲野と菅田が出演したドラマ『コントが始まる』(日本テレビ)の脚本を担当した金子茂樹氏が手掛けており、「『これも試したい!』と思わせるというか、こちらの可能性を膨らませてくれる」と仲野が語れば、菅田も「膨らませる目的で書いているのかな。ステージは用意するんで、遊んでください……というふうにも見える」と、その面白みを分析。最後に菅田は第3話の見どころについて「ステージに立つ人間と、それを支えるスタッフさんたちの、底の底の力と言いますか、何とかして成立させようとするパワーが、この撮影方法だと余計に露見するようで、ずっと、ヒリヒリしていると思います。笑っているけど、引きつっているような……そんな、ヒリヒリをぜひ見てほしいと思います!」とアピールした。

また、今作が石崎の音楽活動にまで影響を及ぼしていることや、Vaundyが担当した主題歌の件に加え、仲野が菅田に再登場をオファーする場面も。