女優の夏菜、新川優愛、俳優の白洲迅がトリプル主演を務める東海テレビ・フジテレビ系ドラマ『個人差あります』(毎週土曜 23:40~)がこのほどクランクアップを迎えた。最終話は、24日(通常より15分遅い23:55~)に放送される。

  • 左から新川優愛、夏菜

  • 左から紺野彩夏、白洲迅

7月某日白洲迅が一足先にクランクアップを迎え、8月中旬には新川優愛が「濃厚で濃密な時間を皆さん過ごせました。こういうところで言うのは恥ずかしいですが、夏菜さん大好きです!」と2カ月強の撮影を共にした夏菜に向けて感謝の言葉を送って撮了。そして数日後、夏菜のラストシーンが都内ロケ地で行われ、スタッフ総出で感動のオールアップを迎えた。最初はいつもの明るい笑顔で応じていた夏菜だったが、「産後3カ月でこの作品に参加させてもらって、私を信じて晶を託してくださって本当に感謝しています。一緒に命を燃やしてくれるこのスタッフさんたちに出会って、また改めて芝居が楽しいと思えるようになりました」と感極まる姿が見られた。

また、終盤には水沢林太郎演じる「謎の男」が登場。7話で女性に異性化した真尋に意を決して愛の告白をした久美(泉マリン)だったが、ラストシーンでは告白したばかりの久美と「謎の男」が並んで歩く姿が晶に目撃される。彼は一体何者で、何をしようというのか。その秘密に注目だ。

夏菜、新川、白洲のコメントは以下の通り。

――今作はご自身にとってどんなドラマでしたか?

夏菜:今までいろんな役をやってきましたが、今回は久しぶりに役として生きている感覚、役と一緒に生き抜いた感じがします。魂を感じた役だったので、私の役者人生の中でも転機となる財産のような作品でした。私生活では子供も産まれたばかりで正直、役者モードに入るのが難しく不安になることもありました。そしてやればやるほど難しい役で考えれば考えるほど答えがない作品でしたが、現場のメンバーが本当に素晴らしくて救われたことも何度もありました。皆さんが私にいい影響を与えてくれ、とても集中して毎日を迎えることができたので、改めてみんなで作品を作るという感覚を思い出しました。

新川:トリプル主演というのも初めてでしたし、こういった題材でいろんな愛の形が描かれているというストーリーもなかなか携われる機会はないので、とても新鮮な作品でした。“異性化”という設定で2人の夫(夏菜・白洲)とお芝居をするのも最初は戸惑いましたが(笑)、とても楽しかった。なかなか経験できない役をさせていただいたと思います。

白洲:とても“面白い”ドラマでした。もちろん二人一役は簡単ではなかったし、夫婦の在り方や、いろんな人間模様を表現するために、あれやこれや考えましたが、それが常に僕自身を面白がらせてくれる作品だったなと思います。改めてお話を観てみると、想像以上に女・晶が自分として見えてきて、とても良い驚きがありました。晶を共に演じたのが夏菜さんで良かったなと、改めて感じました。

――撮影で印象に残ったシーンは?

夏菜:たくさんありますが、晶の気持ちが分かったと最初に思ったのはドラッグストアのお手洗いでの生理のシーンです。突然生理が来た時の晶の気持ちというのは、私は女性なので分からないと思いながら当日を迎えたのですが、何度か本番をやらせていただく中で、すっと役が入ってきました。あのシーンを経てから晶の気持ちと共に生きることができました。

新川:私は誰かと対峙してというシーンが多く、どの方とも印象に残る濃い時間を過ごさせていただいたのですが、スミレさん(大浦龍宇一)との最後のシーンはとても切ない気持ちになりました。それは澤さん(大浦龍宇一・二役)の決断であり、一視聴者としても“切ないな”とセリフを聞いていました。

白洲:挙げるとキリがないくらい濃いシーンばかりでしたが、晶と苑子の出会いのシーンは印象に残っています。お互い自分から連絡先を聞いたと思っている二人。真相はどうなのか分かりませんが、それって素敵なことですよね。最終話でも、二人の出会いについて触れるシーンがありますのでお楽しみに。

――最終話の見どころ等、メッセージをお願いします!

夏菜:衝撃の展開だらけです。ドラマを通して感じるのは、最近の日本の社会は私たちの世代が知っていた社会ではなくなってきていて、もっと多様性を受け入れていく時期になってきていると思います。このドラマを観ていただくことで、生きづらさを感じている方の気持ちを少しでもほぐせたのであれば嬉しいですし、何かを感じていただけるラストになっていると思います。

新川:苑子はやっぱり最後まで晶が好きというところを観ていただけると思いますし、最終的に二人がどういった答えを出して進んでいくのかというところを見届けていただきたいです。ラストシーンがとても衝撃的なので、ぜひ最後まで楽しんでいただけたら嬉しいです。

白洲:僕はこの作品が大好きです。観てくださる皆さんに、“何か”が伝わるように、みんなで大切に作りました。晶と苑子はどんな答えを見つけるのか、どうか届きますように。

(C)東海テレビ