「~したい」と自分の希望やお願いを伝えるとき、そのまま敬語として使用するのは適切ではありません。通常は「~したい」に尊敬語などを組み合わせて敬語として使用します。ここでは「~したい」を敬語として適切に使用できるようにその使い方や例文を紹介していきましょう。

  • 「~したい」は敬語でなんて言う? 希望・お願いを伝える敬語の使い方と例文をご紹介

    「~したい」は敬語でなんて言う? 希望・お願いを伝える敬語の使い方と例文をご紹介

「~したい」は敬語でなんて言う?

「~したい」は願望を表す場合の言葉・表現で、家庭以外にもさまざまな場面で使用されています。しかし、「~したい」だけでは敬語として使用できないので、「~したい」に組み合わせる謙譲語や丁寧語などの言葉・表現が必要となるのです。

また、「~していただきたい」、「~させていただく」などの補助動詞に代替する方法もあります。

「~したい」を敬語で使う際の表現とは

「~したい」を敬語として使用する場合、謙譲語、尊敬語や丁寧語との組み合わせが必要です。謙譲語とは相手に対し敬意を示す目的でへりくだって表現するものです。

例えば、「会う」の謙譲語は「お目にかかる」となり、「~したい」との組み合わせでは「お目にかかりたい」とすれば敬語になります。

尊敬語は動作や存在の主体を上げる目的で、話し手が相手に対し敬意を表現するものです。例えば、「会う」の尊敬語は「お会いになる」となり、「~したい」との組み合わせでは「お会いになりたいでしょうか」とすれば敬語になるでしょう。

丁寧語は動作や存在に対して、話し手が相手に敬意を示したり上品に表現したりするものです。具体的には「お」や「ご」などの接頭語、語尾の「です」や「ます」などが該当します。

例えば、「会う」の場合では「お会いしたいです」にすると、敬語になります。

  • 「~したい」を敬語で使う際の表現をご紹介しました

    「~したい」を敬語で使う際の表現をご紹介しました

「~したい」の敬語としての使い方

「~したい」を敬語として使用する場合の例を紹介します。なお、「~したい」に謙譲語、尊敬語や丁寧語を適当につけても敬語として機能しないケースもあるので注意したほうがよいでしょう。

<例文>「あなたの資料をみたい」

例文1:「あなたの資料を拝借させていただけませんか」
例文2:「あなたの資料を拝見したいです」

「見る」という言葉の謙譲語である「拝見する」を「~したい」に組み合わせることで、上記の例文は丁寧な表現となり敬語として使用できます。

また、「させていただく」や「です」などの表現を加えることで丁寧感が増すのです。ただし、「させていただく」の場合では二重敬語でもあり、また相手のとの立場や親密度の点で丁寧になりすぎて適切でなくなるケースもあるので注意したほうがよいでしょう。

<例文>「酒をのみたいか」

例文3「お酒をお飲みになりませんか」
例文4「お酒を召し上がりますか」

「酒をのみたいか」を敬語とするには、「お酒をお飲みになりたいでしょうか」などの表現に変えると敬語として利用できそうですが、その表現では適切とはいえないのです。

目上の方に「~したい」を直接問うのは丁寧な表現ではないのでその使い方は避けたほうがよいでしょう。そのため例文3のように「~しませんか」という表現にしたり、例文4のように「食べる」の尊敬語である「召し上がる」を使用したりすると敬語として使用できます。

「~したい」だけでは敬語として利用するのは困難ですが、適切な尊敬語、謙譲語や丁寧語などを混み合わせることで「~したい」という表現も敬語として利用できます。

ただし、単に組み合わせるだけでは敬語として機能しなかったり、誤った組み合わせ方をすると二重敬語になっっ足りすることもあるので、気をつけるといいいでしょう。