「お手すきの際に」とは、手の空いたときに、時間があるときで構いませんので、という意味があります。目上の人やクライアントなどの相手に何かをお願いするときに、自分のお願いの重要度・緊急度が高くないということを表す際に使います。

ビジネスシーンではメールでも電話でも頻繁に使える「お手すきの際に」。社会人としての意味と使い方を覚えておきましょう。

  • 「お手すきの際に」の意味と使い方を解説します

    「お手すきの際に」の意味と使い方を解説します

「お手すきの際に」の意味は?

「お手すきの際に」を簡単な言葉にすると、「手の空いたときに」という形になります。「お手すき」は「手すき」という言葉に「お」をつけて丁寧にしたもので、辞書では「仕事が一段落して手が空いていること。することがなくて暇なこと」と説明されています。

「際に」の「際」の意味は「おり。場合。とき」なので、両方を合わせると「仕事が一段落して手が空いたときに」という意味になります。それに「お」をつけて丁寧にすることで、相手を敬った言い方をしているわけです。

しかし、いくら丁寧な表現をしているといっても、自分の行動に「お手すきの際に」を用いてはいけません。例えば「この書類は、お手すきの際に確認いたします」や「お手すきの際に連絡しておきます」といった使い方は間違いです。「この書類は、仕事が一区切りつきましたら確認いたします」、「仕事が一段落しましたら確認いたします」と表現しましょう。

<例文>「お手すきの際に」の使い方

「お手すきの際に」は対面だけでなく、電話、メール、手紙などあらゆる場面で使うことのできる表現です。

  • 対面の例
    「先ほどお渡しした書類ですが、お手すきの際にお目通しいただければと存じます」
  • 電話の例
    「△△と申しますが、○○様にお手すきの際にご連絡いただけるようお伝えいただけますか?」
  • メールの例
    「先日送らせていただいたパンフレットですが、お手すきの際にご覧いただければ幸いです」

まとめ

「お手すきの際に」の意味と使い方をしっかり理解して、ビジネスのシーンで活用していきましょう。

丁寧な言葉遣いはもちろんのこと、敬語や謙譲語を正しく使うことができるのは、社会人として一人前と認められる段階のひとつです。社会人として頻出する用語は意味と使い方を覚えていきましょう。