「ご参考までに資料を添付いたします」。ビジネスメールではよく目にする言葉です。ではこのようなメールを受け取った場合、添付資料には目を通さなくてもよいのでしょうか。

この記事では「ご参考までに」という表現を深掘り。どういったシーンで使えばいいのかや、使う際の注意点などを紹介していきます。最後まで読んで、ビジネスマナーを身に付けましょう。

  • 「ご参考までに」の意味について

    「ご参考までに」という言葉について理解しましょう

「ご参考までに」とは

ビジネスシーンにおいて、メールに「ご参考までに」と買いて資料やデータを添付することがよくあります。「こちらの資料はご参考までに」と短く書くときもあれば、「ご参考までにお送りいたします」と書くときもあります。

では「ご参考までに」の参考という言葉を改めてみてみます。参考とは「何かをしようとするときに他人の意見やほかの事例などを利用して、考えをまとめること」という意味です。

つまり、あくまでも参考であって必ずこの資料に基づいたものにしなければならない、という強制のニュアンスは含んでいません。受け取った情報を参考にするかどうかは、自分で判断していいということです。

「ご参考までに」の「ご」について

「ご参考までに」は、参考という言葉に「ご」を付けた謙譲語です。上司や取引先など目上の人に使っても問題ありません。

一方同僚や部下に対しては「参考までに」とすることができます。

「ご参考までに」として付ける資料とは

繰り返しになりますが、「ご参考までに」として添付される資料は、あくまで参考であって必ず見なければならないというものではありません。プロジェクトを進めるにあたって必ず目を通さなければならない、というほど重要なものではないはずです。

「ご参考までに」とあっても念のため確認しよう

「ご参考までに」として送られてくる資料は、基本は参考にするかどうかは受け取った側に委ねられています。ただし、ビジネスシーンでは念のためチェックしておくことをおすすめします。

送られてきた資料に認識しておいてほしい点や、次回の会議で論点となるポイントがないとも言い切れません。「ご参考までに」とあったとしても、簡単に目を通すだけはしておいたほうがいいでしょう。

  • 「ご参考までに」の類語表現で言い換えるなら

    「ご参考までに」とあっても添付書類は念のため目を通しましょう

「ご参考までに」の言い換え表現

次に、「ご参考までに」の言い換え表現についてみていきましょう。ボキャブラリーが増えればビジネスパーソンとしての厚みも増しますよ。

「参考にしてください」

「ご参考までに」ととても似た表現ですが、「参考にしてください」としたほうが、より内容の確認を促すことができます。丁寧に表現したいときは「ご参考ください」「参考になさってください」などとしましょう。

「お目通しください」

「お目通しください」は「目通し」が元になった尊敬表現です。目通しとは最初から最後までひととおり見ることという意味です。「ご参考までに」よりもはっきりと確認してほしいことを伝えています。

より丁寧にしたいときは「お目通しいただけますようお願いいたします」「お目通しくださいますと幸いです」などとしましょう。

「ご参照ください」

「ご参照ください」の参照は、他のものを照らし合わせて参考にするという意味です。参考とほぼ同じ意味と捉えてよいでしょう。

ただし「ご参考までに」とは言えても「ご参照までに」とはあまり言いません。参照という言葉を使う場合は、「ご参照ください」となります。

  • 「ご参考までに」を使うシーンと例文をご紹介

    似ている表現を把握してボキャブラリーを増やそう

「ご参考までに」を使うシーン

「ご参考までに」は、実際どのようなシーンで使うのでしょうか。例文とともにみていきます。

企画書などの内容を補足したいときに

例えば新商品の企画書をメールで送る際に、「それほど重要ではないが、知っておいたほうが理解しやすいかもしれない」という予備情報があったとします。

しかし企画書も予備情報もまとめて送ってしまうと、添付資料の数が増えて受け取った側はすべて確認したほうがいいかどうか迷ってしまいます。忙しいときは後回しにされてしまうことも。

そこで「ご参考までに、資料Aを添付いたします」としておけば、添付資料のなかでも目を通してほしい優先順位を相手へ伝えることができます。この場合、資料Aの優先順位はさほど高くないとわかります。

「ご参考までに添付いたします」はメールの締めの表現に使うことが多い言葉ですが、文中で使っても問題ありません。

■例文
- ご参考までに、過去の事例をいくつか添付いたします。
- 添付したものは弊社の人気商品ランキングです。ご参考までに。
- ここ数年の動向を添付いたしますので、ご参考いただければと存じます。

  • 「ご参考までに」を使うときにはここに注意

    ビジネスパーソンとして敬語を正しく使えるようになりましょう

「ご参考までに」を使う際の注意点

「ご参考までに」を用いる文で、間違えやすい表現を紹介します。

「ご参考までにご査収ください」はNG

「査収」とは金銭や書類などを、よく調べて受け取ることです。つまり、参考と査収は相反する意味をもつ言葉。同じ文で使うのは不自然です。相手を惑わせてしまう表現は、ビジネスパーソンとして避けたいものです。

「ご参考までに教えてください」は失礼

「ご参考までに教えてください」はそもそも日本語として正しくありません。教えてもらうのは自分自身、つまり参考にするのも自分自身。その自分に対して「ご参考」と尊敬語を使うのは相手に失礼です。

正しく表現するなら「参考までに教えていただけますでしょうか」となります。

ただし、上司や目上の人に「参考にしたいから教えて」と伝えるのは、いくら表現方法が丁寧であっても失礼にあたります。避けた方がいいでしょう。どうしても伝える場合は、「参考にさせていただきたいので、ご教示いただけますでしょうか」とするとよいでしょう。

なお同僚や部下に対しては「参考までに教えてください」としても問題ありません。

「ご参考までに」だけでは素っ気ない印象

「以上、ご参考までに」という表現は、急ぎのメールの締め言葉として使われることがあります。ただし、素っ気ない印象を与えるので、目上の人に対しては避けたほうが無難です。できるだけ「ご参考までに添付いたします」と言葉を補足しましょう。

確認してほしい書類に対しては使わない

繰り返しになりますが、「ご参考までに」として送る書類は、基本的に重要度はそれほど高くはなく、見るかどうかは受け手の判断に委ねられています。

そのため、内容を確認してほしい、ざっとでいいから見てほしいといった書類には「ご参考までに」という言葉は添えないほうがいいでしょう。代わりに「お目通しください」や「ご一読ください」という言葉を選びましょう。

  • 「ご参考までに」を英語で表現すると?

    「ご参考までに」に関わるマナーを押さえておきましょう

「ご参考までに」を英語で表現すると?

英語表現も知っておくと便利です。

for your information/ FYI

「ご参考までに」の英語表現は「for your information」です。

  • For your information, I send you a sample of new product.
    (ご参考までに、新商品のサンプルをお送りします)

メールやチャットでは、頭文字をとって「FYI」と記載することもあります。

For your reference

上記の「information」の代わりに「reference(参考、参照)」を使って、「For your reference」とすることもできます。

  • 注意点を守って「ご参考までに」を使おう

    英語での表現も同時にマスターしよう

「ご参考までに」はビジネスメールの頻出ワード

「ご参考までに」という表現を掘り下げてきました。参考とは、何かをするときにほかの意見や事例などを利用して考えをまとめること、という意味です。

ビジネスメールにおいて「ご参考までに」と送られてくる書類は、基本的にそれほど重要度が高くないものです。ただし、ざっと目を通しておくことをおすすめします。

内容を確認してもらいたい大切な書類については、「ご参考までに」ではなく「ご一読ください」「お目通しください」などの言葉を選びましょう。