9月になってからというもの、寒い1日が続いています。突然の秋の訪れを感じ、身体の芯まであったまる食べ物を味わいたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

そんななかで丸亀製麺が9月3日より、期間限定のカレーうどんメニューを発売しました。早速食べてみたところ、寒い日にぴったりの商品になっていましたのでご紹介です!

ホットでまろやかな秋を彩る「トマたまカレーうどん」

  • こちらは店内でいただける商品ビジュアル。今回はテイクアウトで実食しました!

「トマたまカレーうどん」は、丸亀製麺が『秋は丸亀製麺で食を全力で楽しむ』をテーマ発売した期間限定の秋メニュー。トマトとにんにく、生姜の旨みをたっぷり入れ込んだ商品です。

価格は690円。焼肉のたれ風味で味付けし焼き上げた豚肉を乗せた「豚肉のせトマたまカレーうどん」(並・890円)も販売しています。

同商品は、共同パートナーシップを締結している株式会社TOKIOの松岡昌宏さんが商品開発に参加しており、共に50回以上もの試作を重ねた気合いの品なんだとか。

TOKIOの松岡さんは、日ごろからかなり本格的な料理を作られているそうで、新商品には「僕自身が知っているうまいものについて、自分自身がうまいと感じるだけではなく、みなさまにもぜひ食べていただきたい」という想いが込めたとのことです。

いざ実食!

  • 「トマたまカレーうどん」のお持ち帰りは、スープとうどんがセパレートになっていました

商品の器はセパレートになっており、うどんがのびるもなし。持ち帰りやすい容器は好感度高めです。

そして蓋を開けて真っ先に訪れるのは「香りの幸福感」。カレーの香りがふわりと部屋一体へ広がりました。

香りの元となるカレーだしは、通常メニュー「カレーうどん」のルーをベースに、トマトやごま油、にんにく、おろししょうが、カイエンペッパーなどで仕上げられているそう。まずはカレーだしだけでいただきます。

  • 艶めくスープからはごろごろトマトと溶き卵が顔を出しています

トマトの酸味が利いているのか、すっきり風味が広がった後、深みのあるコクを感じられました。じっくりコトコトされていそうな、まろやかな口当たりがたまりません。

そしてしばらくすると、ピリっとしたスパイスの味わいが訪れます。「すっきり→まろやか→辛み」と、口のなかでころがすうちに味わいが変化するような、不思議なおいしさになっていました。

そしてうどんをプットイン。とろみのあるスープがしっかりとうどんに絡まります。カレールーとごはんに勝るとも劣らない、絶妙なマリアージュを楽しめむことができました。

  • 大きめカットのトマトも噛めばじゅわっと美味しさが広がる

また、スープにたっぷり入った炒り玉子も、ふわふわでコク旨。食べ進めると意外にホットなカレーだしは、玉子やうどんとあわせることで完璧になるよう仕上げられているんじゃと個人的に考察。

食べ終わると身体がぽかぽかになる、秋にぴったりの商品となっていました。


なお、丸亀製麺のおすすめの味変は、店舗のテーブルにセットされている「だしソース」とのこと。ベースのカレールーには特製の和風だしを使用しているらしく、その味わいとマッチしてよりコクのある美味しさへと変化するそうです。店舗でいただく際にはぜひ試してみたいところ。

さらに、店内でいただく場合には、「ひと口ごはん」がセットでついてくるんだとか。カレーだしをごはんにかけてカレーライス風に食べたり、うどんを食べ終わった後にリゾット風に食べたりすることもできるそう。食べ終わってすぐですが、店舗に訪れたくなってきました。

秋の訪れを感じられる丸亀製麺の新商品。仕事終わりの肌寒い日に、足を運んでみてはいかがでしょうか。