美味しいコーヒーはもちろん、サイドメニューも充実し、人気のカフェ「スターバックス」(以下、スタバ)。全国各地に店舗があり、月に何度も利用するという方も多いのではないでしょうか。

この記事ではスターバックスで使える「スターバックス カード」(以下、スタバカード)に注目。スタバカードの種類別の買い方や使い方を紹介します。

  • スタバカードの買い方一覧

    スタバカードの買い方について紹介します

スタバカードの種類

スタバカードはプラスチック製のカードタイプ以外にも、スマホアプリやモバイルだけで完結するものもあります。

プラスチック製スタバカード

プラスチック製のカードタイプのものはプリペイドカードのように、チャージした金額分を支払いに使うことができます。WEBの登録などせず使うことができるので、気軽に使いたい人におすすめです。

プラスチック製のスタバカードは下記3つの場所で購入できます。

  1. 全国のスタバの店舗で「スタバカード」を購入する
  2. スタバの公式オンラインストアで「スタバカード」を購入する
  3. セブン-イレブン(一部店舗を除く)で「スタバカード」を購入する

デジタル・モバイル スタバカード

アプリや公式サイトからスタバカードを作ることもできます。実物のカードを持ち運ぶ必要がなく、スマホをかざすだけで決済もできるので便利です。

デジタル・モバイルカードは下記3つの場所から作成できます。

  1. スタバの公式アプリかWEB内で「デジタルスターバックスカード」を作る
  2. おサイフケータイ対応のスマホで「モバイルスタバカード」を作る
  3. LINEアプリ内で「LINEスタバカード」を作る
  • スタバカードの買い方一覧

    スタバカードはカードタイプやデジタル・モバイルタイプのものがある

スタバカードの買い方【プラスチック製カードタイプ編】

プラスチック製のスタバカードはどのように購入できるのか、先に紹介した3つの場所からの具体的な買い方について紹介します。カードは店舗ならその場ですぐに発行して使うことができます。また、複数のカードデザインから選べるのも特徴です。

スタバ店舗での作り方

プラスチック製のスタバカードは、店舗ならその場ですぐに発行して使うことができます。レジで店員さんに「スターバックスカードを作りたい」と伝えれば、店員さんがそのときに扱っているカードのデザインを見せてくれるので、好きなカードを選び1,000円以上チャージすれば、カードの発行が完了です。

プラスチック製のスタバカードは、限定デザインのものあり、それらを集める楽しみも人気の理由です。また、アプリやサイトのシステムエラーが起こって「モバイルカードが使えない」「スマホの充電が切れてしまった」というようなときでもカードがあれば決済が可能な点はメリットといえるでしょう。

スタバ公式オンラインストアでの作り方

スタバの公式オンラインストアでも実物のスタバカードが購入可能です。オンラインストアで購入の場合は、すでに1,000円の金額がチャージされた状態で販売されています。他にもメッセージを書いてカードと一緒に渡せるギフトカードのセットなどもあります。

オンライン購入の注意点は、購入時点のチャージ金額が1,000円のみであることです。それ以上入金したい場合は店頭での入金か裏面のPINコードを剥がしてオンライン入金を行う必要があります。また、オンラインストアではスタバカードのみの購入はできないので、他の商品を一緒にカートに入れる必要があります。

購入金額が5,000円未満だと送料が200円かかるので、スタバカードだけ買いたいときは店舗で購入するのがおすすめです。

セブン-イレブンでのスタバカードの作り方

スタバカードは取り扱いのある店舗であれば、セブン-イレブンでも作ることが可能です。店頭でスタバカードを選び、レジで1,000円~3万円までの購入金額を伝えます。あとはパネルで購入金額を確認するだけです。

セブン-イレブンの場合、カードのデザインは限られてしまいますが、気軽に近くの店舗で24時間購入できるのがメリットです。

ギフト用のカードの買い方

スタバカードをギフト用に25枚以上まとめて購入したい場合は、電話かオンラインの「ビジネスギフトセンター」にて申し込みができます。チャージの最低金額は500円から、1円単位で3万円まで可能です。

送料は無料で、封筒も一緒に申し込むことができるため、ギフトや結婚式の引き出物にもよろこばれることでしょう。

  • 実物のスタバカードの買い方

    スタバカードの買い方【プラスチック製カードタイプ編】

スタバカードの買い方【デジタル・モバイル編】

デジタルやモバイルのスタバカードの買い方を紹介します。

公式アプリでスタバカードを作成

スタバの公式アプリから発行できるカードは「デジタルスターバックスカード」と呼ばれています。発行するためには条件があり、スタバカードを1枚も登録していない場合に限ります。また、発行には「My Starbucks」への会員登録が必須です。

発行は公式のアプリでのみ可能になっています。デジタルスタバカード発行の手順は以下の通りです。

  1. スタバの公式アプリをダウンロードする
  2. アプリを開いて「デジタルスタバカードを発行」に進む
  3. 名前・電話番号を入力する
  4. 利用規約に同意して完了

すでにスタバカードを持っている場合は、アプリを開いて「スターバックスカード登録画面」に進むことで連携ができます。

LINEアプリでスタバカードを作成

LINEアプリのアカウントがあればスタバカードの発行が可能です。LINEのバーコード場面をレジで提示することで、スタバでの支払いができるようになります。「My Starbucks」の会員登録は必須ではないのですが、スタバカードを発行した後では「My Starbucks」への連携ができないので注意しましょう。

LINEスタバカードの発行の手順は以下の通りです。

  1. LINEを開き下の方にある「ウォレット」を選択
  2. 「マイカード」を開く
  3. 「カードをさがす」から「LINEスターバックスカード」を選択する
  4. その後案内に沿って進めば発行完了

そのほか、スタバのLINE公式アカウントを友達追加すれば、メニュー画面から「LINEスターバックスカード」を選択して発行画面に進むこともできます。

おサイフケータイ対応スマホでスタバカードを作成

おサイフケータイ対応のスマホであれば、「My Starbucks」への会員登録をすることで「モバイルスターバックスカード」を発行可能です。「モバイルスターバックスカード」はレジでスマホを専用機器にかざすだけで決済ができます。画面表示も不要なので、どのスタバカードよりもスムーズに決済できるのが特徴です。

「モバイルスタバカード」の発行手順は以下の通りです。
※一部対応していないおサイフケータイでもあります。お手持ちのスマホが対応機種かどうか事前に確認してから進めましょう。

  1. 公式HPから「My Starbucks会員」に登録
  2. 会員登録後、トップページの「Service & Login」から「My Page」に進む
  3. 「My Page」から「モバイルスターバックスカード」を選択
  4. 規約に同意し登録情報を入力
  5. すべて入力できたら確認画面で「実行」を押すと発行が完了

そのまま入金画面に進めるので、オンライン入金をしておくとすぐに店舗で決済することができます。もちろん、店舗でのチャージも可能です。

  • デジタル・モバイルスタバカードの買い方

    スタバカードの買い方【デジタル・モバイル編】

スタバカードを買う時の注意点と種類での違い

種類の多いスタバカードですが、いくつか注意点や違いがあるので紹介します。

ポイントを貯めるにはカード登録が必要

公式アプリやサイトで発行する「デジタルスターバックスカード」と、おサイフケータイ対応機種から「モバイルスターバックスカード」を発行する場合は、発行と同時に「My Starbucks」への会員登録が完了します。

「My Starbucks」への会員登録をして、手持ちのスタバカードを登録することで、スタバのポイント「Star」をためることが可能です。

カードタイプとデジタル・モバイルカードの違い

デジタル・モバイルスタバカードは、支払いの際バーコード画面を提示したり、スマホをかざしたりするだけで決済ができるためスムーズです。クレジットカードや各種支払いへの連携もしやすいので、日常的にスタバを利用する人は、デジタル・モバイルスタバカードは便利といえます。

一方、カードタイプと違い、カードデザインの種類はありません。限定のカードデザインをコレクションしたり、ギフトとして渡したい場合は、カードタイプがおすすめです。

  • カード購入の注意点と違い

    スタバカードを買う時の注意点と種類での違い

自分にあったタイプのスタバカードを買おう!

スタバカードは多種多様な発行方法があるため、作るのに迷ってしまいます。自身のライフスタイルやスタバの利用頻度に合わせて、カードを発行したり組み合わせたりして使い分けましょう。

ギフト用にはデザインの種類が豊富なカードタイプがおすすめです。こちらは電話やオンラインでまとめ買いも可能になっています。賢くスタバカードを利用して、快適なカフェの時間をみんなで楽しみましょう。