「リソースを確保してほしい」「リソースが不足している」など、業務中に聞いたことがある人は少なくないでしょう。リソースはIT業界だけでなく、幅広いシーンで使われています。

しかし聞いたことはあっても、リソースの意味と使い方をきちんと理解できていなければ意味がありません。自分が知らなかった言葉を周りが使っているからといって、適当に使うと恥をかいてしまう可能性があります。

リソースの意味や使い方を知って、ビジネスシーンで活用しましょう。

  • 教科書を見て頭を抱えてる女子学生

    リソースの意味と使い方を知りましょう

リソースの意味

リソースは「資源」という意味を持つ言葉です。しかし使用するシチュエーションによって少し意味合いが異なります。

ビジネスにおいて「リソース不足で生産率の低下が著しい」といった場合、人手不足といった意味合いになります。IT業界で「リソース不足でプログラムが起動しない」といった場合、メモリやCPUのパワー不足であることを指します。

リソースの使い方

シーンごとに適したリソースの意味を把握できていないと、別の業界でリソースという言葉を聞いても何のことを指すのか理解できない可能性があります。ビジネスやIT、プログラミング、ゲーム業界など、それぞれのシーンにおいて適切な使い方を知っておきましょう。

ビジネス用語としてのリソース

ビジネス用語としては、経営するうえで必要になる資源や資産である「人・物・金」などのことを指し、俗に経営リソースとも呼びます。

人材不足であることを「リソースが不足している」と言い換えたり、ランニングコストの高いサービスを提供するときに「リソースを割く」と言い換えたりすることもあります。また、無形資産である「情報」を指すこともあります。これは、その仕事において重要な情報やノウハウを持った人も情報資源として含まれるためです。

「リソース不足で生産性の低下が著しい」といった場合のリソースは、人材や設備が不足しているため生産性が低下しているといった意味を持ちます。「このプロジェクトには相当のリソースを割く必要がある」といった場合のリソースは時間や人材、資金のことでしょう。

IT用語としてのリソース

IT用語としてのリソースは、ハードディスクの容量やメモリの領域、CPUの処理速度など、コンピュータを動作するうえで必要な能力などのことを指します。そのほか、ネットワークを通じて利用できるソフトウェアやファイル、ストレージなどの便利な機能を総称的にリソースと呼ぶこともあります。

使用するコンピュータのメモリが不足している場合には、「リソース不足で、これ以上アプリケーションを開けない」のように使います。

また、ホームページのアドレスに使われるURLはUniform Resource Locatorの略で、日本語で言えば統一資源位置指定子です。インターネット上のリソース(データやサービス)の所在を特定するための記号という意味があります。

プログラミング用語としてのリソース

プログラミング用語としてのリソースは、プログラムから呼び出して使用するデータやファイルのことを指します。具体的にはテキスト、画像などのメディアファイルやメニュー、ダイアログなどのことです。

また、アプリケーションソフトウェアが使用するメモリ領域のことをシステムリソースと言い、単にリソースとして呼ぶこともあります。

例文としては、「多くのリソースを抱えるパソコンは負荷がかかる」などがあります。

ゲーム関連用語としてのリソース

ゲーム内で出てくるリソースという言葉は、ゲームを進行するうえで必要とされるゲーム内の資源や資産のことを指します。「リソースが尽きた」のような使い方があります。

また、ゲーム開発で使われるリソースという言葉の意味は、IT業界での用語と同じくコンピュータ上でゲームのプログラムを動作させるために必要な処理能力や容量のことを指します。

  • 新聞を読んで渋い顔をしている男性

    シーンによって意味の変わるリソースを正しく使い分けましょう

英語におけるリソースの意味

英語におけるリソース(resource)は資源や資金、(頼りになる)援助などのことを指します。また、石油やガスなどの天然の資源も「resource」や「natural resource」と言います。

ビジネス用語のリソースと同じく会社の資金や資源を指す場合も使うため、言葉の意味としては幅広いでしょう。

リソースの類語

リソースの類語として「アセット」があります。アセットは消費して価値が生まれるリソースとは異なり、保有しているだけで価値を持つ資産や資源を表す際に使われます。

資産としての価値があるデータをデジタルアセットとも言い、仮想通貨なども含まれます。

  • 人差し指を立てている男性

    消費する資源はリソース、保有する資産はアセットのように使い分けましょう

リソースの意味や使い方を理解しよう

同じリソースという言葉でも、使用するシーンや業界によって意味や使い方は異なります。ビジネス用語やゲーム用語としてのリソースには資金や資源、人材などの意味があります。IT用語やプログラミング用語では能力や領域、データを指すように、消費して価値を生むものに使われています。

また、時間や情報源など無形の資産にも使われるように、使われ方はさまざまです。ゲーム内でも使用される場合があり、ゲームが好きな人はプライベートでも見かける機会は多いでしょう。

幅広い使われ方をするリソースが何のことを指しているのかに注意して、会話を理解しましょう。