メールや電話などで相手から連絡をもらって返事をする場合でも、いきなり本題に入ると何となく失礼な印象を与えてしまうことがあります。クッション言葉である「ご連絡ありがとうございます」を最初に添えることで、相手に対する敬意を表すとともに、相手の気持ちを和らげて伝えたいことを伝えやすくします。

この記事では、「ご連絡ありがとうございます」の意味するところや使用すべきシーン、使い方の例やより丁寧な言い換え例などを紹介していきます。あわせて英語表現の例も掲載しました。

ビジネスシーンでメールや電話を使う、ビジネスコミュニケーションをする機会がある人に役立つ内容です。「ご連絡ありがとうございます」を使いこなしてビジネスコミュニケーションをより円滑にとれるよう、記事を読んでみてください。

  • 「ご連絡ありがとうございます」の意味や使用シーン

    「ご連絡ありがとうございます」の意味するところや使い方を紹介します

「ご連絡ありがとうございます」の意味や使用シーン

メールやチャット、電話などで相手から連絡をもらっていきなり返答をすると、素っ気ない印象を与える可能性があります。たとえ内容は間違っていなくても言い方ひとつで損をしてしまうかもしれませんので、クッション言葉を挟んでみましょう。

「ご連絡ありがとうございます」は、メールやチャットで返信をするときの常套句ですので、覚えておくと便利です。

「連絡ありがとう」の敬語表現

「ご連絡ありがとうございます」とは、「ご連絡」と「ありがとうございます」という2つの敬語表現の組み合わせから成り立っています。

「ご連絡」とは、名詞である「連絡」に接頭語「ご」がついた丁寧語表現。「ありがとうございます」は「ありがとう」の丁寧語です。丁寧語が組み合わされ、相手に対する敬意を表す表現となっており、ビジネスシーンでよく使われます。

「ご連絡」と「ありがとうございます」の間に省略されている言葉

「ご連絡」と「ありがとうございます」の間には、「くれる」「もらう」という意味の言葉が省略されています。より丁寧な言い回しにしたいのであれば、省略せずに下記のような言葉を間に加えるのがおすすめです。

  • いただき(「もらう」の謙譲語)
  • くださり(「くれる」の尊敬語)
  • くださいまして(「くれる」の尊敬語)

動作の主体は誰なのかを意識して、言い回しを変えていきましょう。

  • 「ご連絡ありがとうございます」の意味や使用シーン

    「ご連絡ありがとうございます」は相手が連絡をくれたことに対する敬意を表す言い回しです

「ご連絡ありがとうございます」の使い方例

「ご連絡ありがとうございます」と伝えたくても、使い慣れないうちはどんなシーンで使うべきなのかがイメージしにくいでしょう。そこで、「ご連絡ありがとうございます」を使用した例文やシチュエーションを紹介していきます。

■早速ご連絡ありがとうございます

メールや電話で先方に連絡や返答を求めていた場合、すぐに返事がもらえたら助かります。そのような場合には、「早速ご連絡ありがとうございます。」と伝えて、早く連絡をもらえたことと、連絡をくれたこと両方に対して感謝を述べるといいでしょう。

■ご連絡誠にありがとうございます

「誠に」とは、「間違いなくそのような事態であるさま」を表す副詞です。「ありがとうございます」を強調する言葉として「ご連絡ありがとうございます」と組み合わせてしばしば用いられます。

より丁寧に述べたい場合や、クレームに対するクッション言葉など、さまざまなシーンで活用できる言い回しです。

■わざわざご連絡ありがとうございます

「わざわざ」とは、「他のことのついでではなく、とくにそのためだけに行う様子」を表す副詞です。しかし、「しなくてもよいことを行う様子」という意味も持っていますので、使い方には注意しましょう。

例えば「本来こちらから連絡すべきところを、わざわざご連絡ありがとうございます」という言い回しをすると、先方の手間をねぎらう言い回しになり、失礼な印象を与えずに使えます。

  • 「ご連絡ありがとうございます」の使い方例

    相手に対する敬意を表せるよう意識しながら「ご連絡ありがとうございます」を使っていきましょう

「ご連絡ありがとうございます」のより丁寧な言い換え例

「ご連絡ありがとうございます」は「もらう」「くれる」などを意味する言葉を省略しているため、敬語の中では少しくだけた表現です。そこで、より丁寧な言い回しの言い換え例を紹介していきます。

ご連絡いただきありがとうございます

連絡をもらったことに対する感謝を伝えられるのは、「もらう」の謙譲語である「いただく」を組み合わせた言い回しです。「ご連絡いただきありがとうございます」と表現することで、へりくだって相手に対する敬意を表せます。

ご連絡くださいましてお礼申し上げます

相手の行動を目上として立てた言い回しをしたい場合には、「くれる」の尊敬語である「くださる」を組み合わせましょう。さらに相手に対する謝意を表す表現として、「ありがとうございます」を丁寧に表した「お礼申し上げます」などを覚えておくと語彙の幅が広がります。

ご連絡いただき感謝申し上げます

より丁寧に伝えたければ、「ご連絡いただき」「ご連絡くださいまして」などの表現とともに、「ありがとうございます」を「感謝申し上げます」などの言葉に言い換えるとより丁寧です。目上の人に対して用いるのにふさわしい言い回しですので、上司や取引先などに伝えるときに使うといいでしょう。

  • 「ご連絡ありがとうございます」のより丁寧な言い換え例

    「ご連絡ありがとうございます」はより丁寧に言い換えられますのでシーンに応じて使い分けましょう

「ご連絡ありがとうございます」の英語表現

メールなどで英語を使ってやりとりする場合にも、「ご連絡ありがとうございます」に相当する言い回しを使うと丁寧です。そこで、「ご連絡ありがとうございます」と似た意味で使える言い回しを紹介します。

■接触を図ってくれたことに対するお礼を述べたい場合

相手と何らかの接触を図る場合によく用いられる動詞が「contact」です。以下のような言い回しをすることで、相手が接触を図ってくれたことに対する謝意を述べられます。

Thank you for contacting me.

■メールをくれたことに対するお礼を述べたい場合

メールなどで先方から問い合わせや返答があった場合には、まずはメールを送ってくれたことに対する謝意を述べましょう。

Thank you for your e-mail(reply).

返事をくれた場合には「reply」、メール全般に使えるのが「e-mail」なのでシーンに応じて使い分けてください。

■メールなどで教えてくれたことに対するお礼を述べたい場合

「let me know」とは、「私に知らせてくれる」ことを意味する言い回しです。メールなどで先方がわざわざ何かを知らせてくれた場合には、以下の表現を用いることで、感謝の意を表せます。

Thanks for letting me know.

■メールなどによる問い合わせに対するお礼を述べたい場合

「inquiry」とは質問や問い合わせを意味する名詞です。

Thank you for your inquiry.

顧客からの問い合わせに答えるケースでは、上記のような言い回しをしてみましょう。

■電話連絡に対するお礼を述べたい場合

「call」には「電話をかける」という意味がありますので、電話をくれたことに対する謝意を伝えられます。電話で連絡をもらった場合には、以下のようにシンプルに伝えましょう。

Thank you for calling.

  • 「ご連絡ありがとうございます」の英語表現

    「ご連絡ありがとうございます」の英語表現はどんな連絡に対するお礼なのかを考えるのがポイントです

「ご連絡ありがとうございます」はビジネスで必須の言い回し

ビジネスシーンでは会社の上司や同僚、取引先などと連絡を取り合うことは日常的にあるものです。相手から連絡をもらったときに「ご連絡ありがとうございます」を適切に使うことで、相手からの印象を和らげて、円滑にコミュニケーションをとれます。

「ご連絡ありがとうございます」は、相手から連絡をもらったことに対する感謝の気持ちを表せる敬語表現なので、目上の人に対しても問題なく使える言葉です。ただし、「ご連絡」と「ありがとうございます」の間には「いただき」「くださいまして」などの言葉が省略されているので、それらの言葉を加えつつ表現を変えることで、より丁寧な言い回しも可能です。

この記事で紹介してきた「ご連絡ありがとうございます」の使用例を参考にしながら、ビジネスコミュニケーションを円滑にするために活用してください。