「ご連絡させていただきます」という表現は、ビジネスシーンでは目にする機会も多い言葉です。「お問い合わせいただいた〇〇につきましては、のちほど詳細を確認のうえ、ご連絡させていただきます」といった具合に、こちらから取引先やお客様に連絡したいときに役立つ表現なので、実際に使用した経験のある人も少なくないでしょう。

しかし「ご連絡させていただきます」を「敬語としておかしい」と指摘する声もあります。問題があるとしたらどこにあるのか、どのような場面であれば使っても差し支えがないのかを見ていきましょう。

  • 「ご連絡させていただきます」を文法的に見てみよう

    ビジネスシーンでは多くのメールが交わされます。失礼のない表現を心がけたいものです

「ご連絡させていただきます」は二重敬語?

「ご連絡させていただきます」が敬語としておかしいとする指摘の根拠として「二重敬語」があります。文化庁は二重敬語を以下のように定義しています。

一つの語について,同じ種類の敬語を二重に使ったものを「二重敬語」と言います。例えば,「お読みになられる」は、「読む」を「お読みになる」と尊敬語にした上で、更に尊敬語の「……れる」を加えたもので,二重敬語です。

敬語を重ねる二重敬語は丁寧な印象を与える半面、人によっては慇懃無礼(言葉や態度などが丁寧すぎて、 かえって無礼であるさま)に感じてしまう恐れがあります。

本当に「ご連絡させていただきます」は二重敬語なのでしょうか? 文法的に品詞分解してみると以下のようになります。

「ご」+「連絡」+「さ(サ変動詞「する」の未然形)」+「せ(助動詞「せる」の連用形)」+「て(接続助詞)」+「いただく(謙譲の補助動詞)」

「ご連絡させていただきます」は「ご連絡」という丁寧語と「させていただきます」という謙譲語が合わさった言葉であり、「同じ種類の敬語」を組み合わせた言葉ではありません。すなわち、二重敬語には該当しないということになります。

同様に「お送りさせていただきます」「おうかがいさせていただきます」などの表現も二重敬語には相当しないため、心配しないで使ってくださいね。

「させていただく」の意味

「させていただく」は、「相手に許可を得て~することを許してもらう」という意味の謙譲語です。そこから転じて、「許可を得ていなくても相手の好意による恩恵を受けて、何かをすることを許してもらう」という意味を込めることができます。

(例)「本日休業させていただきます」

これは、休む許可を事前に得てはいないけれども、相手の好意による恩恵を受けて、休業することを許してもらう、という意味が込められている用法です。この用法の場合は、相手に何らかの迷惑や心理的な負担がかかるときに使います。

「ご連絡させていただきます」という場合も、「許可は得ていないけれども、連絡することを許してくれてありがたく感じている」という気持ちが込められています。

批判もある「させていただく」

ただ「させていただく」という表現は、批判もある表現です。ふと周りを見渡しても、「考えさせていただく」「休ませていただく」「お詫びさせていただく」「努力させていただく」など、「させていただく」はあふれています。「本当に必要なのか」という場面でも、見聞きすることも多い表現です。

これは日本語の動詞には「ご出席される」「お帰りになる」のように「ご(お)~される」という形で尊敬語が作れても、謙譲形にできない動詞が数多くあることに由来しています。

「ご出席される」の謙譲語として「出席させていただく」、「お帰りになる」の謙譲語として「帰らせていただく」というように、「させていただく」は動詞にくっついて簡単に謙譲語に変換できる「便利な言葉」として使われてきたのです。それが濫用につながり、耳障りに感じる人も出てきました。

「させていただく」という表現は便利なため、気がつかないうちに何度も使用している可能性ががあります。1通のメールの中で何度も使うことのないように気をつけましょう。

「ご連絡させていただきます」が適切な場合

ここで改めて「ご連絡させていただきます」が適切な場合を整理しておきましょう。

・相手の依頼や提案に応じる場合

(例)「お問い合わせいただいた〇〇につきましては、のちほどご連絡させていただきます」

・連絡をすることで相手に何らかの不利益や心理的な負担がある場合

(例)「返却期限を1週間以上過ぎたお客様にご連絡させていただいております」

この2点にあてはまる場合は、「ご連絡させていただきます」を使っても、違和感を抱く人は少ないでしょう。

「ご連絡させていただきます」が明らかに不適切な場面

相手の許可がある場合や、相手の許可が暗黙の前提となっている場合に使える「ご連絡させていただきます」という表現ですが、逆に不適切な場面があります。

・相手の許可が必要なのに取っていないとき

(例)×「お客様のお友達にもご連絡させていただきます」
(例)×「(上司に向けて)退職することをご連絡させていただきます」

どちらも「ご連絡」より先に許可を取る必要があります。

  • 「ご連絡させていただきます」の類語表現

    「連絡する」には「つながりをつける」という意味も含まれています

「ご連絡させていただきます」の類語表現

「ご連絡させていただきます」の類語表現を見ていきましょう。「連絡」には「通知し、つながりをつける」という意味があるため、類語も通知やつながりに関連する言葉になります。

「ご案内させていただきます」

「知らせる」ということに重点が置かれた表現です。

(例)「同窓会のご連絡をさせていただきます」→「同窓会のご案内をさせていただきます」

例のように相手が知らないことを知らせる場合に置き換えることができます。

「ご報告させていただきます」

「任務を行った結果」というニュアンスが含まれる表現です。

(例)「審査結果をご連絡させていただきます」→「審査結果をご報告させていただきます」

例のように「結果」や「現在の状況」など、何かを行ったあとの連絡の場合に置き換えることができます。

「お伝えいたします」「お知らせいたします」

「伝える」「知らせる」という言葉は、「連絡」が持つ「情報の移動」という意味に焦点を当てた表現です。

(例)「事故状況は確認の上、後ほどご連絡させていただきます」→「事故状況は後ほどお伝えいたします(お知らせいたします)」

例のようにどこかから情報を受け継いで、次に知らせるようなときに置き換えることができます。情報を行きわたらせる例のようにご連絡させていただきます」と同様に使うことができます。

「ご連絡させていただきます」の英語表現

国外に拠点がある企業や外資系企業との取り引きが増えるにつれ、英文メールで「ご連絡させていただきます」と伝えたい場合も増えてくることでしょう。ここでは「ご連絡させていただきます」の英語表現を紹介します。

  • 「ご連絡させていただきます」を英語にすると?

    外国の取引先とビジネスメールをやりとりする機会も増えてきました

We will contact you shortly(早急にご連絡させていただきます)

(例)We will contact you shortly after confirming the details of your inquiry.
(お問い合わせにつきましては詳細を確認次第、早急にご連絡させていただきます)

contactは「連絡する」と言いたいときに一般的に使われる動詞です。shortlyを使うことで「すぐに」ということを伝えています。

We will be in touch with you later(後ほどご連絡させていただきます)

(例)We will be in touch with you later about the meeting.
(ミーティングの件につきましては後ほどご連絡させていただきます)

be in touchも「連絡する」でよく使われる表現です。

With your permission(差し支えなければ)

「ご連絡させていただきます」の中にこめられた「差し支えなければ」「許可をいただけるのならば」という側面を強調したいときにこの表現を使うことができます。

(例)With your permission, we will contact you later.
(差し支えなければ、後ほどご連絡させていただきます)

英文のビジネスレターで「ご連絡させていただきます」を使ってみよう

ここでは督促状を例に、英文レターで「ご連絡させていただきます」を使ってみましょう。

Dear Mr.Abc

I hope you have enjoyed our exercise equipment that we shipped to you last month.
(先月発送いたしました弊社のフィットネス用具をご愛顧いただいていることと存じます)

This is a friendly reminder that your payment is now overdue.
(お支払期日が過ぎておりますことをご連絡させていただきます)

Our records indicate that we have not received your payment, which was due on November 20.
(お支払期限は11月20日となっておりますが、弊社ではまだご入金が確認できておりません)

Please kindly confirm the attached invoice again and make the payment.
(再度請求書をご送付いたしますので、お支払いくださいますようお願い申し上げます)

If you have already paid, please disregard this notice.
(すでに入金されておりましたらなにとぞご放念ください)

Best regards,
(敬具)

督促状や延滞通知をreminderといいます。ここでは最初の督促状なので、friendlyという言葉をつけて、トーンを和らげています。

不適切な場面を理解し、ビジネスの場でも使ってみよう

敬語は用法に対する違和感が人や年代、地域によってかなり異なります。そのため、ある表現や用法を取り上げて「これは間違い」「誤用」と断定することは難しいものがあります。

特に「させていただく」という言葉は便利であるがゆえに濫用されがちなことから、「誤り」と指摘する声もあります。

しかし、「言う」に対する「申す」、「もらう・食べる」に対する「いただく」のような明確な謙譲語がない「連絡する」のような言葉に対しては、「させていただく」と組み合わせることで謙譲表現を表すことができます。「相手の許可を得て恩恵を感じる」という複合的な含意があるために、「ご連絡いたします」よりも敬意の高い表現になります。

相手の許可が必要な場合や敬意の対象がはっきりしない場合など、不適切な場面には注意したうえで、ビジネスシーンでも使ってください。