「ご返信ありがとうございます」はビジネスメールだけでなく、就活やプライベートなど、あらゆる場面で汎用的に使う表現です。この表現自体の意味がわからないという人は少ないはずですが、目上の人に使えるのかなど「正しい使い方」を問われると、少々難しく感じるかもしれません。

本稿では、「ご返信ありがとうございます」の正しい使い方について解説し、シチュエーションごとの例文を紹介します。あわせて「相手からの返信」に対して謝意のメールを出す場合のマナーと書き出し・締めくくりに使えるフレーズについてもまとめました。

  • 「ご返信ありがとうございます」の正しい使い方

    「ご返信ありがとうございます」の正しい使い方を再確認

「ご返信ありがとうございます」の正しい使い方

相手へメールなどの返信に対するお礼の気持ちを表明する「ご返信ありがとうございます」というフレーズ。正しい使い方について念のためおさらいしましょう。

ビジネスメールでは返信を受け取った場合の謝意に使う

「ご返信ありがとうございます」は、メールや手紙などの返信を相手から受け取り、「ありがとう」という謝意を示す敬語表現です。ビジネスメールでも同様で、自分がメールを出す場合も、相手からのメールにもひんぱんに使われています。

ただ、「ご返信ありがとうございます」では少し砕けた印象を与えてしまうかもしれません。その場合はさらに丁寧な表現を検討しましょう。

相手によってはより丁寧な表現もあり

「ご返信ありがとうございます」は、「ご返信」の部分で尊敬語となっているため十分に丁寧です。しかし目上の人や取引先などさらに丁寧な表現を求められる場合は、以下の表現を使いましょう。

  • 「ご返信頂きありがとうございます」
    「ご返信」+「頂く」とすることで、より丁寧な表現になります。会社の先輩や上司など目上の人にはこの表現を選択する方が無難です。

  • 「ご返信を賜り、誠にありがとうございます」
    「ご返信ありがとうございます」を最大級に丁寧な表現とする場合は、「賜る」を用いましょう。取引先や会社役員など、丁寧な対応が求められる場合に適した表現です。

過去形にするかどうかの判断基準

「ご返信頂きありがとうございます」を過去形の「ご返信頂きありがとうございました」とするかどうか迷ったことはないでしょうか。基本的に、過去の出来事に対しては過去形を、その他の場合は現在形を使えば問題ありません。

ただし相手との関係性が今後も続く場合や、現在も感謝していることを強調したい場合は、過去の出来事に対して現在形を使ってもいいでしょう。

「ご返信ありがとうございます」の英語表現

英文のビジネスメールで「ご返信ありがとうございます」と表現する場合は、「Thanks」よりも「Thank you」を使う方が丁寧な表現になります。以下は「Thank you」を使った英語表現の一例です。

  • Thank you for your reply. (ご返信ありがとうございます)
  • Thank you very much for your quick reply. (迅速な返信ありがとうございます)
  • 「ご返信ありがとうございます」の正しい使い方

    「ご返信ありがとうございます」のより丁寧な表現はビジネスメールでよく使うため要チェック

「ご返信ありがとうございます」と返信をするときのマナー

「相手からの返信」に対して謝意メールを送る際のビジネスマナーについて解説します。いずれも、忙しい相手の手間を少しでも軽減するといった配慮を示すことがポイントです。

可能な限り速く返信する

相手からの返信に対する謝意のメールは、可能な限り早く返信しましょう。できれば相手の営業時間内、難しい場合は受信から24時間以内が理想です。休日をまたぐ場合は、翌営業日の午前中には返信しましょう。

お礼のみなら返信不要の旨も伝える

お礼の気持ちを伝えるだけのメールなら、返信は不要とのひと言を結びの文章で付け加えましょう。「ここでこの件については終了」と明示することで、相手に気を遣わせずに済みます。

必要に応じて件名の頭に用件を端的に示す単語を追加

お礼だけのメールなら、件名は特に変更せず「Re : 」という形にしておけば大丈夫です。ただ、追加で確認しなければならない事項があれば、件名の頭に【追加質問】【確認あり】といった文字を付け加えましょう。件名を見ただけで用件を端的に伝えることができます。

  • 「ご返信ありがとうございます」と返信をするときのマナー

    返信はASAP(As Soon As Possible)、「なるべく早く」がビジネスの基本

「ご返信ありがとうございます」の例文集

ここからは「ご返信ありがとうございます」を使ったビジネスメールおよび就活のメールに使える例文をいくつか紹介します。

取引先からの返信に対するお礼のビジネスメール例

取引先の担当者からの返信に対する謝意を示すビジネスメール例です。件名は返信のスタイルで特に修正せず、最後に返信不要の旨を伝えましょう。

件名 : Re: Re: 請求書送付のお願い

〇社
〇部〇課 〇様

いつもお世話になっております。
〇社〇部〇課の〇です。

確かに請求書を拝受いたしました
早々のご返信を賜り、誠にありがとうございます
頂いた請求書は、すぐ会計処理に回して手続きを進めてまいる所存です。

今後ともお世話になることがあるかと存じますが、その際にはよろしくお願いいたします。 なお、返信不要ですのでお気遣いなきよう、よろしくお願い申し上げます。

上司からの返信に対するお礼と追加質問のビジネスメール例

直属の上司に返信する+追加で質問が発生した場合の例文です。件名には、追加質問がある旨を追記します。本文内では、質問内容をまとめて、期限日時を記載しましょう。なぜその期限設定をしたかの理由も申し添えておくとより設定期限への理解も得られやすくなります。

件名 : 【追加質問3点あり】Re: Re: 会議資料送付のお願い

〇課長

お疲れ様です。
〇グループの〇です。

先日お願いしていました会議資料、確かに拝受いたしました。
早急に返信を頂きありがとうございます。

資料を確認したところ、3点ほど〇課長にお聞きしたいことがありましたのでご教示ください。

1. 質問1
2. 質問2
3. 質問3

お忙しいところ大変恐縮ですが、〇月〇日までに取引先の〇社に連絡しなければならないため、〇月〇日〇時までにご回答頂けますでしょうか

重ね重ねお手数をおかけして申し訳ありませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

社内アンケートの返信に対するお礼のビジネスメール例

社内アンケートの返信に対するお礼のメール例文です。お礼だけなので件名は特に修正せず、手間をかけて返信してもらったお礼を述べ、返信不要の旨を伝えましょう。

件名 : Re: Re: アンケート回答のお願い

〇部 〇部長

お疲れ様です。
〇部の〇です。

〇部のアンケート回答資料を拝受いたしました。
お忙しい中、ご返信頂き誠にありがとうございます

アンケート結果の集計および分析が済み次第、すぐに結果情報を展開いたします。来月〇日に展開予定ですので、今しばらくお時間をくださいませ。

それでは、引き続きよろしくお願いいたします。(返信不要です)

就活で相手先企業から返信が来た場合のメール例

就活では、相手先企業とメールでのやり取りも増えます。質問をメールで行った場合、回答が来たらお礼のメールを出しましょう。基本的なポイントはビジネスメールと同じです。

件名 : Re:Re:【質問】インターンシップの服装について(〇大学〇学部〇年 (氏名))

(会社名)
〇部〇課 〇様
お世話になっております。
〇大学〇学部〇年の (氏名)です。

先日は、インターンシップの服装に関する質問にご返信頂き、誠にありがとうございます
ご教示頂いたようにスーツを着用して、インターンシップに臨む所存です。

貴重な時間を頂きありがとうございます。
お忙しいかと存じますので、ご返信には及びません
その節はお世話になりますが、何卒よろしくお願いいたします。

  • 「ご返信ありがとうございます」の例文集

    状況に応じて件名や返信不要の有無、丁寧な表現のレベルを検討しよう

「ご返信ありがとうございます」と一緒に使えるフレーズ

返信に対する謝意のメールを出す際、一緒に使えるフレーズがいくつかあります。書き出しと締めくくりに分類して一緒に使えるフレーズを紹介します。

書き出しのフレーズ

返信に対する謝意を示す返信メールの書き出しは、相手の対応によってバリエーションがあります。期限内に返信があれば、「早速」や「迅速」という表現をつけて謝意を示しましょう。相手に負担をかけてしまった場合は、そのことにも言及してお礼の言葉に盛り込みます。

  • 本件、早速ご返信を賜り誠にありがとうございます。
  • お忙しいにもかかわらず、ご丁寧に回答を頂き大変恐れ入ります。
  • 迅速にご返信頂き誠にありがとうございます。
  • この度は、急な質問にもかかわらず、早急にご返信を頂きありがとうございます。
  • 貴重なお時間を多く割いて頂き、誠にありがとうございます。

締めくくりのフレーズ

締めくくりのフレーズは、以降もメールのやり取りがあるかどうかで変わってきます。単なるお礼の気持ちを伝える場合は「返信不要」の旨を結びの文章に盛り込みましょう。追加の確認事項がある場合は、依頼事項を端的にまとめたあと、回答期限を設定します。

  • なお、このメールへの返信は不要です。
  • 返信は不要ですので、お気遣いなきようお願いいたします。
  • 取り急ぎメールにてお礼申し上げます。
  • 今後とも何卒よろしくお願いいたします。
  • 本日は誠にありがとうございます。
  • 追加質問については、(理由)の関係から〇月〇日〇時までに頂けますと幸甚に存じます。
  • 「ご返信ありがとうございます」と一緒に使えるフレーズ

    書き出しや締めくくりにバリエーションを持たせてより適切な表現を検討しよう

感謝の気持ちを文章と返信スピードで伝えるのがポイント

「ご返信ありがとうございます」という表現で相手へ感謝の気持ちを届けるには、敬語表現のレベルを検討して正しい表現を選択しましょう。可能な限り早くメールを返信することで、相手への感謝を伝えることができます。

返信を受け取ったらすぐに返信メールを出せるよう、メールの構成もある程度覚えておきましょう。本稿の例文や参考のフレーズも活用してくださいね。