毎年の大晦日に放送される、男女対抗形式の大型音楽番組として有名な『NHK紅白歌合戦』は、2020年で71回目を迎えるということもあり、長らく日本人に愛されている番組の一つと言えるでしょう。

そんな『NHK紅白歌合戦』は毎年、出演するアーティストや司会者、そして番組の視聴率などが複数のメディアで話題となります。そこで本記事では、過去の『NHK紅白歌合戦』の視聴率情報をまとめました。

  • 第71回紅白歌合戦

2015~2020年の紅白歌合戦視聴率

【2020年】史上初の無観客『紅白歌合戦』第2部世帯40.3% 2年ぶりの40%超

大みそかに放送された『第71回NHK紅白歌合戦』の番組平均世帯視聴率(NHK総合、関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表され、第1部(19:30~20:55)は34.2%、第2部(21:00~23:45)は40.3%だった。

関連記事:
『紅白歌合戦』地区別最高視聴率は福島、第2部世帯51.0%

【2019年】『紅白』視聴率上昇は11地区中半数 札幌2部8.0ポイントの大幅減

大みそかに放送された『第69回NHK紅白歌合戦』の番組平均視聴率は、関東地区では第1部・第2部いずれも前年から上昇したが、全国主要11地区で見ると、第1部は6地区、第2部は5地区が上昇した。

【2018年】『紅白歌合戦』視聴率、関東低迷も主要地区過半数で前年比上昇

大みそかに放送された2019年『第68回NHK紅白歌合戦』。関東地区の番組平均視聴率(NHK総合、ビデオリサーチ調べ)は、第2部(21:00~23:45)が前年比0.8ポイントダウンの39.4%で、2部制となった1989年以降、歴代ワースト3位だったが、全国主要11地区のうち6地区は、前年よりも上昇した。

【2017年】『紅白』視聴率第2部39.4%でワースト3位 - 1部は35.8%で上昇

大みそかに放送された『第68回NHK紅白歌合戦』の番組平均視聴率(NHK総合、関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表され、第1部(19:15~20:55)は35.8%、第2部(21:00~23:45)は39.4%だった。

前年は第1部35.1%、第2部40.2%だったため、それぞれ0.7ポイントアップ、0.8ポイントダウン。第2部は2年ぶりの40%割れで、2部制となった1989年以降、歴代ワースト3位、第1部は2013年の36.9%に次ぐ歴代15位だった。

【2016年】『紅白』視聴率第2部40.2%で大台回復 - 第1部35.1%でどちらも前年比上昇

大みそかに放送された『第68回NHK紅白歌合戦』の番組平均視聴率(NHK総合、関東地区)が2日、ビデオリサーチから発表され、第1部(19:15~20:55)は35.8%、第2部(21:00~23:45)は39.4%だった。

前年は第1部35.1%、第2部40.2%だったため、それぞれ0.7ポイントアップ、0.8ポイントダウン。第2部は2年ぶりの40%割れで、2部制となった1989年以降、歴代ワースト3位、第1部は2013年の36.9%に次ぐ歴代15位だった。

【2015年】紅白視聴率1部34.8%・2部39.2%で前年割れ、2部は8年ぶり40%割れで過去最低

大みそかに放送された『第66回NHK紅白歌合戦』(NHK総合ほか)の視聴率が2日、ビデオリサーチから発表され、第1部(19:15~)は34.8%、第2部(21:00~23:45)は39.2%だった。 前年は第1部35.1%、第2部42.2%だったため、それぞれ0.3ポイント、3.0ポイント下落。第2部は2007年の39.5%以来8年ぶりとなる40%割れとなり、2004年の39.3%を下回る過去最低となった(2部制は1989年から)。

1962年から2020年までの年度別番組平均世帯視聴率(%)

※ビデオリサーチ調べ: 番組平均世帯視聴率

  関東 関東
1部 2部
2020(第71回) 34.2 40.3
2019(第70回) 34.7 37.3
2018(第69回) 37.7 41.5
2017(第68回) 35.8 39.4
2016(第67回) 35.1 40.2
2015(第66回) 34.8 39.2
2014(第65回) 35.1 42.2
2013(第64回) 36.9 44.5
2012(第63回) 33.2 42.5
2011(第62回) 35.2 41.6
2010(第61回) 35.7 41.7
2009(第60回) 37.1 40.8
2008(第59回) 35.7 42.1
2007(第58回) 32.8 39.5
2006(第57回) 30.6 39.8
2005(第56回) 35.4 42.9
2004(第55回) 30.8 39.3
2003(第54回) 35.5 45.9
2002(第53回) 37.1 47.3
2001(第52回) 38.1 48.5
2000(第51回) 39.2 48.4
1999(第50回) 45.8 50.8
1998(第49回) 45.4 57.2
1997(第48回) 40.2 50.7
1996(第47回) 41.6 53.9
1995(第46回) 44.9 50.4
1994(第45回) 40.1 51.5
1993(第44回) 42.4 50.1
1992(第43回) 40.2 55.2
1991(第42回) 34.9 51.5
1990(第41回) 30.6 51.5
1989(第40回) 38.5 47.0
1988(第39回) 53.9
1987(第38回) 55.2
1986(第37回) 59.4
1985(第36回) 66.0
1984(第35回) 78.1
1983(第34回) 74.2
1982(第33回) 69.9
1981(第32回) 74.9
1980(第31回) 71.1
1979(第30回) 77.0
1978(第29回) 72.2
1977(第28回) 77.0
1976(第27回) 74.6
1975(第26回) 72.0
1974(第25回) 74.8
1973(第24回) 75.8
1972(第23回) 80.6
1971(第22回) 78.1
1970(第21回) 77.0
1969(第20回) 69.7
1968(第19回) 76.9
1967(第18回) 76.7
1966(第17回) 74.0
1965(第16回) 78.1
1964(第15回) 72.0
1963(第14回) 81.4
1962(第13回) 80.4