口に出して話すときには特に問題なく使える言葉でも、似たような意味なのに異なる漢字を使うことは意外と多いです。

例えば、「音楽をきく」と書くときには「聞く」「聴く」のどちらにすべきなのでしょうか? 「聞く」と「聴く」も同音異義語にあたり、意味は似ていますが使い方が微妙に異なります。どう使い分けすればいいのかわからず、ついひらがなで書いてしまう人も多いかもしれません。

本記事では、「聞く」と「聴く」にはどのような意味や違いがあるか、「聞く」「聴く」に関連する熟語やことわざや英語表現、「聞く」「聴く」以外の「きく」について紹介していきます。

つい忘れてしまいがちな同音異義語の意味や使い方について復習できる内容です。普段使う何気ない日本語の意味を正確に思い出したい人は、ぜひ読んでください。

「聞く」と「聴く」の意味と違い

自然に耳に入ってくる場合には「聞く」、注意深く耳を傾ける場合には「聴く」とするのが適切です。どちらでもよいときには「聞く」とするのが無難です。

「聞く」も「聴く」も耳を使って行う行動であることに違いはありませんが、正確な意味が少しずつ異なります。以下、詳細を説明します。

「聞く」の意味は「耳に入る」

「聞く」とは、音が耳に入ってくることを表します。「聞」の漢字は「門」と「耳」が組み合わさっており、両開きの扉の中に耳が入った形状です。つまり、音が自然と耳に入ってくることを表します。

シチュエーション例 :
カフェなどで周りの人の声やBGMなどの音楽などが、自然と耳に入ってくる状態
 → 「音楽が聞こえる」

「聴く」の意味は「耳を傾ける」

「聴く」は、音や音楽、音が持つ意味を認識しようとして、注意を向けて耳を傾けることをあらわします。「聴」の漢字は耳と階段、まっすぐな心を組み合わせた漢字。階段には「突き出る」という意味が含まれていることから、耳を突き出して心を傾けてよく聞くという意味になります。

シチュエーション例 :
サイレンが聞こえてきたときに、何の音なのか聞き分けようと思い、注意して耳を傾ける
 → 「サイレンの音を注意深く聴く」

例 : 「音楽を聞く」? 「音楽を聴く」?

「音楽をきく」という表現では、“音楽が自然と耳に入っている状態”であれば「音楽を聞く」とし、“音楽に注意して耳を傾けている場合には”「音楽を聴く」とするのが適切と言えます。ただし、どちらの場合にも「音楽を聞く」と書いても問題はありません。

ビジネスコミュニケーションでは「聴く」が重要

「傾聴」という言葉もあるように、ビジネスシーンにおいて相手の話に耳を傾ける場合には、「聞く」よりも「聴く」ことが重要です。

「聞く」の場合、自分にとって関心がないことは記憶に残りにくく、情報をしっかり受け取れないこともあります。「聴く」だとしっかり意識を向けて耳を傾けるので、相手の話を受け止められ、今後のビジネスに活用しやすいです。

ビジネスコミュニケーションをとるときには、「聴く」ことを意識して、相手と話をしていきましょう。

あわせて読みたい : 傾聴力とは? トレーニング手法や傾聴力を高めるメリットを紹介

  • 「聞く」「聴く」の意味と違い

    「聞く」と「聴く」の意味は似て非なるものです

「聞く」と「聴く」に関連する熟語やことわざ

「聞く」や「聴く」は日常生活でよく行う動作なので、それぞれの漢字を使った言葉は多いです。ここでは、「聞く」や「聴く」に関連する熟語やことわざを紹介していきます。

「聞く」に関連する熟語

「聞く」の意味は「耳に入ってくる」の意味として、「外聞」「伝聞」「見聞」などの熟語で使われることが多いです。

また、「耳に入ってくる」意味が派生して、「うわさ」の意味で使われることもあります。代表的な熟語は、「新聞」「醜聞」「艶聞」などです。

また、「匂いをかぐ」の意味として使われることがあり、「聞香」などの熟語で使われます。

「聴く」に関連する熟語

「聴く」は「耳を傾けてよくきく」こととして、たくさんの熟語で使われる漢字。「傾聴」「聴講」「公聴会」「視聴者」など、「聴」を使った熟語は数多くあります。

また、「耳を傾ける」が派生して「聞き入れることや許すこと」などの意味でも使われることがあり、「聴許」「聴納」などという熟語があります。

「聞く」に関連することわざや慣用句

「聞く」を使ったことわざや慣用句は多く、昔からたくさんの言い回しが使われています。代表的なことわざや慣用句は下記の通りです。

  • 朝に道を聞かば夕べに死すとも可なり(朝にどう生きるべきかを悟ることができたなら、もし夕方に死んだとしても後悔はない)
  • 聞くは一時の恥聞かぬは一生(末代)の恥(知らないことは積極的に質問して耳に入れるべきだ)
  • 百聞は一見にしかず(百回人から聞くよりも、一度でも自分の目で見たほうが確かである)

現代でも使われる言い回しも多いので、覚えておくといいでしょう。

「聴く」に関連することわざや慣用句

「聴く」はビジネスシーンでは大切な言葉ではありますが、ことわざや慣用句ではあまり使われていません。しかし、いくつか「聴く」を使った言い回しがあるので紹介します。

  • 天は高きに居って卑きに聴く(天帝は高い所にいて下界の人の言葉を聴き、人間の善悪を厳しく判断する)
  • 無稽の言は聴くこと勿れ(根拠がない話であれば、耳を傾けてはいけない)

古い言い回しで使われていることが多く、現代ではあまり用いられていません。

  • 「聞く」「聴く」に関連する熟語やことわざ

    「聞く」「聴く」に関連する熟語やことわざを紹介しました

「聞く」と「聴く」関連の英語表現

「聞く」は英語で「hear」、「聴く」は英語で「listen」と表せます。

「聞く」と「聴く」は同音異義語なので、英語に置き換え場合に使うのは異なる単語です。「聞く」と「聴く」の英語表現について、以下で詳しく説明します。

「聞く」を英語で表すと「hear」

「聞く」を英語であらわす場合、「聞こえる」の意味に近い「hear」を用いるとスムーズです。ほかにも「catch」や「reach one's(hisなど) ear」など、近い言い回しはいくつかあります。

英語表現の一例は下記の通りです。

  • hear voices(声が聞こえる)
  • It is good hearing(よく聞こえる)

「聞く」は「聞こえる」「耳に入る」であることを意識して、英語表現を組み立てていくといいでしょう。

「聴く」を英語で表すと「listen」

「聴く」を英語であらわす場合には、「耳を傾ける」「傾聴する」をあらわす「listen」を用いるのが一般的です。使い方の例を紹介します。

  • listen to music(音楽を聴く)
  • listen to his advice(彼のアドバイスに耳を傾ける)

「listen」には、日本語の「聴く」と同じく「意識を向けて聴く」意味があるので、覚えておきましょう。

  • 「聞く」「聴く」関連の英語表現

    「聞く」「聴く」に関連する英語表現を紹介しました

「聞く」と「聴く」以外の「きく」

日本語には同音異義語が多く、「聞く」と「聴く」以外にも、「きく」という発音の言葉があります。そこで、「聞く」「聴く」以外の「きく」を紹介していきます。

「訊く」は「聞く」「聴く」と共通する意味がある

「訊く」とは、「たずねて答えを求めること、問うこと」を意味する言葉です。場合に預手は「聞く」や「聴く」とも表現でき、共通する部分があります。

「訊く」の使い方例は下記の通りです。

  • 自分の胸に手を当てて訊いてごらん
  • 迷子の名前を訊く

「訊く」は「たずねる」と表現しながら、シーンに応じて使い分けていきましょう。

「効く」は「聞く」「聴く」と関連がない

「効く」は「効果や働きなどがあらわれる」ことをあらわします。「聞く」や「聴く」と同じ発音ではあるものの、共通する意味はありません。

「効く」の使い方例を紹介します。

  • 薬が効く
  • パンチが効いた

発音が同じでも使い方が全く異なるので、気をつけて使いましょう。

「利く」も「聞く」「聴く」と関連がない

「利く」には、「本来の機能を発揮できる」意味があります。「効く」とは似たような意味がありますが、「聞く」や「聴く」とは共通する意味がありません。

「利く」には下記のような使い方があります。

  • 鼻が利く
  • 目が利く
  • 口を利く
  • 無理が利かない

「使える」「できる」のような意味で用いられることが多い点を、押さえておきましょう。

  • 「聞く」「聴く」以外の「きく」

    「聞く」「聴く」以外の「きく」という言葉について紹介しました

***

日本語に多い同音異義語のひとつである「聞く」と「聴く」。どちらも耳を使う動作であり、似た意味を持つ類義語でもあることから、違いがどこにあるのか戸惑ってしまう人も多いでしょう。

「聞く」は「音や声が耳に入ってくる」ことをあらわす言葉で、英語なら「hear」。「聴く」は「意識を向けて耳を傾ける」意味であり、英語であらわすと「listen」です。どちらでもよいときには「聞く」とするのが無難です。

「聞く」「聴く」には、さらに同音異義語があり、「聞く」「聴く」と共通する意味を持つ「訊く」のほか、まったく異なる意味の「効く」「利く」などさまざまな言葉があります。

日本で働くなら、話すときには問題にならなくても、文章として書くときに間違えないようにしておきたいもの。それぞれの意味をしっかり理解して、正しい漢字を使い分けていきましょう。