三点要約
■アルバイトは立派な社会経験。自己PRに活用しよう
■自己PRで「仕事への姿勢」と「企業とのマッチ度」を伝えよう
■職種・経験に即したPRで「活躍するイメージ」を持たせよう!

***

正社員として働きたいと思っても、これまでアルバイト経験しかなければ、自己PRで何をアピールすればいいのかわからない――。こういった悩みを持つ人は少なくありません。

しかし、アルバイトも立派な社会経験のひとつです。自分なりに取り組んできたことや工夫してきたことは自分の強みなので、堂々と自己PRにつなげることができます。

本記事では、アルバイト経験を自己PRとして伝える方法、およびアルバイト経験ごとの自己PR例文とNG例について紹介します。これから正社員を目指して採用選考を受けようと考えている人は、参考にしてくだされば幸いです。

  • 自己PRを聞こうとする企業側の意図

    アルバイト経験は自己PRでの強みになります!

企業があなたに「自己PR」を聞くワケ

……本題に入る前に。

そもそも、企業は採用選考においてなぜ「自己PR」を求めるのでしょうか。企業側の意図を理解しておくことで、適切な回答をしやすくなります。

ここでは、「なぜ企業は採用選考で自己PRを求めてるのか」というテーマについて紹介します。

■人となりを知りたい

まず、企業は面接を通じて、求職者の価値観や、仕事において何を大切と考えているのかといったことを知りたいと考えています。

そのため、求職者が実際にPRするにあたっては、特に、自分が実際に経験した具体的なエピソードを元にした自己PRができるとよいでしょう。特に、アルバイト経験をアピールすることで、あなたの仕事に対する考え方、および仕事への向き合い方を伝えることができます。

■自社に合う人材かどうかを知りたい

とても優秀な人材であっても、企業との相性が合わないと、せっかく入社してもらっても長続きしないこともあります。自己PRを通じて仕事に対する考え方や物事のとらえ方を知ることで、自社との相性のよさを見極められます。

「せっかく働くならできるだけ長く働いてもらいたい」というのが、企業の本音。それを見極めるため、自己PRを通じて、求職者の能力や性格、考え方といった、書面ではわからない、求職者のポテンシャルを正確に測りたいと考えているのです。

■入社後どう働いてもらえるのかを想像したい

さらに面接官は、自己PRで求職者の物事のとらえ方や向き合い方を見極めようとしています。

仕事で困ったことが起こった時にどう向き合っていく人なのかや、周りの人とどういう関係を築ける人なのか……といった点について自己PRから読み取り、選考に役立てたいのです。

  • 自己PRでのアルバイト経験の伝え方

    企業が「なぜ自己PRを求めるのか」を理解した上で、選考に臨みましょう

自己PRで差がつく! 「アルバイト経験」の伝え方

自己PRでアルバイト経験を伝える場合、ただ単に「販売職のアルバイトを2年間していました」など、職歴を伝えるだけではもったいないです。

自己PRをするにあたっては、面接官に好印象を与えるために、押さえておくべきポイントがあります。ここでは、自己PRでアルバイト経験を伝える場合に気をつけるべき点について紹介します。

■結論から伝える - 「それで、どうなった? 」

自己PRでは、一番伝えたい「結論」から話すのがポイントです。

面接で緊張してうまく話せなくても、一番言いたいことは確実に伝えたいもの。初対面の相手に自分の経験を話すことで、どうしても話が長くなってしまいがちですが、最初に結論を話すことで伝わりやすくなります。

また、話を途中で打ち切られたとしても、要点は最初に話しているので、最低限伝えたかったポイントについてはしっかり伝えることができます。余裕があれば、最後にも再度結論を加えることで、主張したいことをより印象付けることができるでしょう。

■具体的な経験やエピソードを伝える

自己PRでアルバイト中の経験談を話す場合、概要を話すだけだとあまり説得力がありません。

アルバイト中に実際に経験した具体的なエピソードを加えながら話すことで、説得力が増し、面接官の印象に残りやすくなります。「アルバイト中にどんな工夫をしたか」「顧客にどう対応したか」など、具体的な経験談を織り交ぜながら、アルバイト経験を話していきましょう。

■失敗をどうしたかこそが自己PRのポイントになる

仕事で失敗することは誰しもあることです。

しかし、失敗をどう挽回したのかは、面接でのアピールポイントとなります。失敗したことを認めて反省し、周りの意見を聞きながら工夫して挽回していく過程を話すことで、仕事にしっかり向き合える人という印象を持ってもらえることもあるでしょう。

※職種によっては失敗が許されない場合もあります。失敗談を話していい企業かどうか見極めて話すようにしてください

■努力や工夫を会社でどう成果を出していくのかに結びつける

アルバイトにおける努力や工夫のエピソードは、あなたの働く姿をイメージさせる材料となりますので、自己PRにしっかりと取り入れましょう。

例えば、コンビニのアルバイトでの経験であれば「レジ打ちの際の効率を上げるために〇〇を工夫した」「売り上げアップにつなげるため、△△をした結果、××という成果を得た」など、仕事中に工夫したエピソードを取り入れると効果的です。

  • 自己PRを聞こうとする企業側の意図

    「あなたがいたから変わったこと」「あなたにしかできなかった成果」について、効果的にアピールしよう!

気を付けて! アルバイト経験による自己PRの注意点

アルバイト経験を用いて自己PRをする場合、いくつか気をつけるべき点もあります。以下の点に注意をしましょう。

■簡潔にわかりやすく伝える

面接官と対面するのは、採用選考が初めて――というケースがほとんどです。

関係値ができていない状態から会話がスタートすることもあり、話がうまくかみ合わないこともあるでしょう。しっかりと伝えようとした結果、長くなりすぎて、「何を言いたいのかわからない」と判断されてしまう可能性もあります。

そのため、先述の通り「まずは結論から話す」ことを意識しましょう。面接で自己PRを求められる可能性は高いので、1分程度で話せるように事前に練習をしておくのもおすすめです。

■企業秘密には触れない

自己PRで具体的なエピソードを用いる場合でも、守秘義務に抵触する内容には触れてはいけません。企業から「信頼を置けない人材だ」と判断されかねないためです。

万が一採用選考を受けた会社から、アルバイト先の守秘義務に触れるようなことを聞かれた場合には、強い意志で「それには答えられません」と伝えましょう。それで企業からの印象が悪くなることはなく、むしろ、信頼を得られることでしょう。

  • アルバイト経験ごとの自己PR例文とNG例

    良かれと思って「ここだけの話……」と重要な情報を伝えることは、逆効果になるかも

【例文】アルバイトの種類別「自己PR文」とNG例

ひとえに「アルバイト」といっても、にはさまざまな職種が存在します。

そのため、自分の経験を自己PRにつなげるために「具体例を知りたい」と考える人も多いでしょう。そこで、ここでは職種ごとの経験ごとに自己PR例文とNG例を紹介します。

■コンビニでのアルバイト経験

コンビニでのアルバイト業務には、じつはさまざまな業務が詰め込まれています。レジでの接客業務や商品陳列、発注業務など、並行してたくさんの仕事をこなす必要があり、工夫した過程が自己PRに使いやすいです。

■OK例 :
コンビニエンスストアのアルバイトではレジでの接客業務だけでなく、空いた時間で発注業務も任されていました。季節や売れ筋や流行、客層などを意識しながら、より満足していただける商品を仕入れられるよう工夫しながら取り組んでいました。売れ残りが少なくなった部門もあり、小さなことではありますが達成感を覚えつつ、取り組むことができました。

■NG例 :
コンビニエンスストアでのアルバイト歴が長く、レジでの接客スピードが一番速かったです。

面接官の目 :
他の人と比べて「自分が一番できていた」と主張するだけでは、工夫したことや、「何に気をつけて取り組んでいたのか」といったことが伝わりません。担当業務が多いコンビニエンスストアのアルバイトだからこそ、どんなことに注意を払い、何を重視して取り組んだのかを伝えると、うまく自己PRしやすいでしょう。

■ホテルでのアルバイトの場合

ホテルでのアルバイト経験はさまざまな人と接する仕事なので、自己PRでアピールできる点が多いです。どんな点を意識して取り組んでいたのかや、クレームに対応した時のエピソード、どんな役割を果たしていたのかなどを自己PRに取り入れると、採用選考において評価されやすくなるでしょう。

■OK例 :
ホテルのフロントスタッフとしてアルバイトしていたことで、対応力が身につきました。経験が浅いころにはお客様の言葉を遮ってしまい、クレームにつながってしまったことがありました。その経験から学び、しっかりお客様の話を聞いて何を求めているのかを理解して対応することを心がけ、徐々にお褒めの言葉もいただけるようになりました。

■OK例 :
アルバイトでフロント業務を担当していましたので、お客様へひとことを添えるよう工夫しておりました。誕生日のお客様にはお祝いの言葉を、遠方からのお客様には「長旅お疲れ様でした」など。一人ひとりのお客様ができるだけリラックスできるよう、自分なりに工夫していた自負があります。

■NG例 :
ホテルフロントのアルバイトでたくさんの人と話す機会があり、コミュニケーション能力がつきました。嫌でも毎日人と話すので、もはや慣れっこです。(自発的な工夫や心がけが伝わらない)

面接官の目 :
同じホテルのフロントスタッフでも、どんな工夫をしていたかを話すことで、仕事への取り組み方が伝わります。自分なりに頑張ったことや工夫したこと、クレームにどう向き合ったのかなどを取り入れて話すといいでしょう。

■塾講師・家庭教師のアルバイトの場合

採用選考においてコミュニケーション能力を重視している企業はとても多いです。塾講師や家庭教師は学生と向き合って勉強を教えるのが主な仕事なので、コミュニケーション能力なしには成り立ちません。塾講師や家庭教師の仕事を通じて身についたコミュニケーション能力や、計画を立てて遂行する能力、プレゼンテーション能力などが、自己PRで役立ちます。

■OK例 :
塾講師のアルバイトに真剣に取り組むことで、プレゼンテーション能力が格段に上がったと自負しております。授業では限られた時間のなかで、その時間で定められたテーマを、学生にわかりやすくする必要があります。すっと頭に入るにはどう説明するのか事前準備して真剣に取り組むことで、「わかりやすい」との声を多数いただく機会がありました。プレゼンテーション能力を営業の仕事にいかしていきたいと考えております。

■OK例 :
家庭教師のアルバイトをしていましたが、想定外の部分で質問が出ることがあり、都度生徒に合わせて対応し、理解してもらえるよう努めてきました。相手がどうすれば理解できるのか工夫した経験は、御社の業務でもいきると考えております。

■NG例 :
私は有名進学塾で塾講師をしていました。担当している生徒の数も多かったので、塾に貢献できていたと考えています。(自分の工夫を伝えられていない)

塾講師・家庭教師のアルバイトで生徒に教えるために、何を工夫していたのかや得られた能力を具体的にアピールするといいでしょう。

■販売店でのアルバイトの場合

販売店でのアルバイト業務は、レジの担当者としての仕事や、接客してものを販売する仕事などがあり、さまざまなスキルをアピールできます。レジの担当者なら回転を速くするために工夫したこと、接客担当であればコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力、説得力などです。

■OK例 :
家電量販店でアルバイトをしていた経験があり、わかりやすく説明する能力には自信があります。例えばスピーカーをご購入いただく場合、接続に不安がある人にも必要な説明を加えて、購入後にスムーズに使えるようご案内するよう努めていました。

■OK例 :
アルバイトでレジを担当していましたが、さまざまなお客様に対応することで、動じない力が身につきました。しばしば大きな声でお客様が来店されることがあり、最初はクレームなのかとびっくりしていたことがあります。しかし、しっかり話を聞くよう心がけると、クレームになるまでもない内容であることがほとんどであることがわかりました。必要以上に不安になる必要がないことを知ってからは、動じずに対応できるようになったと自負しています。

■NG例 :
アルバイトで接客をしていました。クレームかなと思ったときには、社員の方へお願いをして失礼のない対応ができるよう心がけていました。

面接官の目 :
自己PRで選考員に納得してもらうには、トラブルに対してどう対応したかなど、自分の経験をもとに話すことがポイントとなります。とくに販売はクレームが多い仕事ですので、相手に対してどう対応したかを話して、対人能力をアピールしていきましょう。

■飲食店でのアルバイトの場合

飲食店でのアルバイト業務があると、対応力やコミュニケーション能力など、対人能力をアピールできます。また、飲食店は離職率が高い職場なので、経験が長いならコツコツ続けられる性格であることも自己PRに用いるといいでしょう。

■OK例 :
居酒屋チェーン店で数年アルバイトしていたことがあり、ミスが出ないよういつも工夫していました。例えば4月になり新しいスタッフが増えると、オーダーミスによるクレームが多発したことがあります。オーダー時やサーブ時に全員が確認するよう提案して取り入れられ、ミスの軽減につなげられました。

■OK例 :
大手ホテルのレストランでのサービス業務のアルバイトでは、メニューの魅力をしっかり伝えられるよう工夫して取り組んでおりました。しばしば外国人のお客様にもご利用いただいておりました。しかし、語学力が不十分なので満足に説明できないこともありましたので、提案して英語メニューを作成しました。英語を話せる人が非番の時でも、スムーズに案内できるようになりました。

■NG例 :
私はホスピタリティある接客ができます。レストランでのアルバイトでは、いつも笑顔で接客することを心がけていました。

接客する上で心がけたことや、トラブルから成功につなげた経験などをもとに話すことで、自己PRにつながります。飲食店のアルバイトで体験したエピソードを交えて、対人能力の高さをアピールしていきましょう。

■イベント会社でのアルバイトの場合

イベント会社でのアルバイトでは、初めて会う人とでもスムーズにコミュニケーションをとることが求められます。コミュニケーション能力の高さは企業への入社後も生かせる能力なので、採用選考でアピールできるポイントです。

■OK例 :
イベント会社の派遣業務に登録して、家電量販店に来店する人に格安スマートフォンのプロモーションでキャリア変更をおすすめしていました。相手に合わせながら購入するメリットを伝えることで、他の商品を購入するつもりだった人にもご購入いただいた経験があります。今回応募した営業の業務にもいかせると考えております。

■OK例 :
イベント会社に登録し、Aドームでの誘導員の業務を担当しており、スムーズに案内できるよう工夫しながら働いていた経験があります。イベント会場なので初めてくる人も多く、座席までのルートに迷ってしまう人が多かったです。自分の担当する場所が決まったら順路やお手洗いの場所などをいち早く把握して、適切に案内できるよう努めていました。

■NG例 :
イベント会社でアルバイトしていたので、人と話すことには慣れており、コミュニケーション能力には自信があります。

面接官の目 :
イベント会社でのアルバイトでコミュニケーション能力が身についたと思っていても、「コミュニケーション能力があります」というだけでは説得力に欠けます。お客様とのやりとりで印象的なエピソードを交えて話すようにするといいでしょう。

【これはOK? 】アルバイト経験をPRする時の疑問点

アルバイト経験を自己PRで用いようとしても、どんなことなら自己PRになるのかよくわからない人も多いでしょう。そこで、アルバイト経験を自己PRで用いる場合にありがちな疑問点を紹介します。

■役職はなくても問題ない? → YES

アルバイトを自己PRに用いる場合、役職がなくてもあまり問題がありません。アルバイトでの実績そのものより、アルバイトを通じて何を学んだのかや、どんな工夫をしながらアルバイトしてきたのかが大切です。

バイトリーダーなどの役職や、教育係を担当したなどの経歴がなくても、とくに問題ありません。業務をどう頑張ってきたのかを思い返して、スムーズに仕事を進めるために自分が行動したエピソードを話すといいでしょう。

■アルバイト経験はすべて話したほうがいい? → NO

複数のアルバイトをしたことがある場合でも、かならずしもすべての経験を話す必要はありません。アルバイトのなかで、自分が一番力を入れたことを話しましょう。

あまりたくさんのアルバイト歴があることを話すと、企業から飽きっぽい人なので仕事が続かないのではないかという疑念を抱かせてしまうこともあります。さまざまな業種の経験を積むためにあえて複数の職種を経験した人は、その旨を自己PRに交えるといいでしょう。

■短期のバイト経験しかないが、自己PRになる? → YES

短期のアルバイト経験が多いと、仕事が続かない人と思われてしまうことも多いので、基本的にはあまり書かないのが望ましいです。しかし、短期であった理由があり、自己PRに使える理由もあるなら、その限りではありません。

「資格試験の勉強に力を入れるために短期でもしっかり稼げるイベントスタッフのアルバイトをし、資格試験には合格した」など、選考員が納得できるような前向きな理由とともに自己PRに用いるといいでしょう。

■目立った成果はなくても自己PRになる → YES

アルバイトで華々しい実績がなくても、コツコツ積み重ねできるだけでも自己PRになります。社会人の仕事は華やかな仕事ばかりでなく、毎日のルーティンとなる地道な内容も多いからです。同じことを継続して真面目に続けられることは、就職したときに大きな強みとなります。

成績優秀で表彰されたなどの実績がない人でも、続けること自体が強みになるので、自己PRで用いるといいでしょう。

【まとめ】アルバイトは立派な社会経験! 自信を持ってPRしよう

いざ社会人として就職したいと思っても、これまでアルバイトしかしたことがないと、面接で何を話せばいいのか困ってしまいます。とくに社会経験が乏しい分、自己PRすべきことがわからない人も多いでしょう。

しかし、アルバイトの経験も社会経験のひとつなので、自己PRで用いることができます。成績優秀者としての表彰歴や、バイトリーダーなどの役職の経験がなくてもかまいません。業務の上でコツコツ取り組んできたことや工夫したことなどは大きな強みになります。ただし、簡潔にわかりやすく伝える点や企業秘密には触れないよう気をつける点などには注意しておきましょう。

アルバイト経験しかなく正規雇用目指して就職活動する人は、これまでアルバイトで取り組んできたことを自己PRとして、自分の強みにしていきましょう。

あわせて読みたい : 面接で使う「アピールポイント」とは? 見つけ方と効果的な伝え方を紹介