ひと昔前までは、ライターとして収入を得ていくためには、出版社や編集プロダクションに就職して紙媒体でのライティングや編集の実績を積む必要がありました。しかし、今では、Web媒体のコンテンツ記事作成の仕事が多くなりWeb媒体専門のライターとして一定以上の収入を得る人が増えています。

本記事では、ライターの収入に焦点を当てて解説します。その他、雇用形態(正社員、フリーランスなど)による働き方・平均年収の違い、ライターの収入を考える上で気になる文字単価についての情報も紹介します。

Webライティングの場合原稿料以外で得られる仕事、ライターとして収入を伸ばすポイントについても触れていますので、ライターで収入を得たいと考えている方は最後までご覧ください。

  • ライターの平均年収ってどれくらい?

    ライターで高収入を目指すには?

ライターの平均年収ってどれくらい?

ライターの収入は、勤務形態によって大きく異なります。まずは、働き方の違いによる平均年収について調べました。

正社員の場合

マイナビ転職の「2020年版 職種別 モデル年収平均ランキング」では、記者・ライターの平均年収は445万円で、ランキングでは225位です。リブセンスの運営する「転職会議」でも、口コミで投稿されたライターの平均収入は455万円(2020年9月11日時点)と、似たような金額となっています。

厚生労働省の2019年(令和元年)賃金構造基本統計調査によれば、企業規模10人以上の民営事業所に所属する労働者の平均年収は500万6,900円であるそう。そのため、ライターの平均年収は全国平均に比べて若干低いと言えます。ただし、有名新聞社や放送局など、勤務先が大企業の場合は、50代で1,000万円を超えることもあります。

契約社員の場合

契約社員のライターとして働く場合、転職サイトの応募要項を見ると、20代の場合年収200万~300万円台からの募集が一般的です。

ただし、有名な雑誌や新聞社による経験者の中途採用や、医療・特定技術分野のテクニカルライターの募集の場合には、300~600万円の年収を提示している求人広告もあります。

フリーランスの場合

では、フリーランスのライターはいくらぐらい稼いでいるでしょうか。「一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会」が毎年発行している「フリーランス白書2019」によれば、文筆系のフリーランス219名の年収分布は以下の通りです。

年収 全体に占める割合
200万円未満 32.0%
200万~400万円未満 26.9%
400万~600万円未満 21.5%
600万~800万円未満 8.2%
800万~1,000万円未満 5.5%
1,000万円以上 5.9%

年収200万円未満が3割以上を占めますが、7割近くは年収200万円以上。1,000万円以上稼ぐフリーランスのライターも5.9% いることが分かります。

在宅ライター

在宅ライターは、特定の企業と契約して働く場合と、クラウドソーシングサイトなどに登録して案件ごとに仕事を取る場合に分かれます。特定企業と契約する場合は、契約ライターとほぼ同じような年収、案件ごとに仕事を取る場合はフリーランスと同じ程度の年収です。

ライターの収入はどうやって決まる?

ライターの主な収入源は、記事を書いて得る「原稿料」です。

記事の単価がいくらか、さらには記事を何本書き上げるかによって収入が変化します。

記事の単価は業界やメディアの規模、ライターの実力などによっていかようにも変化しますが、初期は「文字単価」が決められるケースが多いです。例えば、「1記事は1,000文字程度としたい。文字単価は0.5円として、1記事5,000円でよろしくお願いします」といった頼まれ方をすることがあります。

仮に、1日8時間働き、1時間で1,000文字を書き続け、月20日働い場合には1カ月当たり「16万文字」書くことになります。この設定で、月収シミュレーションを文字単価別に表にしました。

文字単価 1カ月の売上高
0.5円 8万円
1.0円 16万円
1.5円 24万円
2.0円 32万円
3.0円 48万円
5.0円 80万円
10円 160万円

Webライティング案件では文字単価が比較的低く、紙媒体の場合は、文字単価が比較的高い傾向にあります。ただし、未経験者がいきなり紙媒体の執筆案件を獲得するのは難しいため、まずはWebライターとしてどう収入を挙げていくかを考えるとよいでしょう。

次に、Webライティングではどのような文字単価・難易度の記事があり、収入がどう決まっていくかについて説明します。

  • 文字単価と時間工数によって決まるライターの収入

    文字単価と時間工数によって決まるライターの収入

初心者は文字単価0.5円から挑戦

未経験からライティングの仕事を取るには、クラウドソーシングサイトやアンケートモニターサイトなどのサイトに登録するのが近道です。経験上、未経験の場合、文字単価1円以上の案件はなかなか採用されません。文字単価0.5円程度であれば、未経験でも採用される確率が高くなります。

仮に2,000文字の記事で文字単価が0.5円なら、報酬は1,000円。1時間で2,000文字を書ければ、時給1,000円、1,000文字しかかけなければ時給500円となります。まずは文字単価が0.5円程度の案件をめどに、ライティングの基礎を学ぶところから始め、実績を積んでいくとよいでしょう。

文字単価の低い案件には、初心者が多く集まる傾向があります。そのため、マニュアルなどが整備されており、ライティングの基本が学べるケースもある点が特徴です。ライター未経験者にとっては、数をこなすだけでも勉強になります。

ただし、文字単価1円未満では、高収入にはなかなか結びつきません。ある程度実績を積んだら、さらに高い単価の仕事を目指すことをおすすめします。

サクサク書ける案件なら文字単価1円でも稼げる

低単価の案件で実績を積み、ライティングの基本を理解できたら、文字単価1円以上の案件に応募します。クラウドソーシングサイトであれば、実績を積むと次第に評価されていくため、高単価の案件に採用される確率が上がります。

文字単価1円までの案件なら難易度は比較的低く、自分の生活体験で得た知識だけでサクサク書ける記事が多い傾向にあります。そのため、文章を書くスピードが早ければ、単なるアルバイト以上の稼ぎを得ることは十分に可能です。

ただし、単価が低い分、収入を上げるためには記事を多く書く必要があるため、常に多数の案件を抱えるためスケジュール管理は要注意です。もちろん、体調管理にも気をつける必要があります。

スキルアップを目指すには文字単価2円以上の案件を

ライティングスキルをさらに高めるためには、文字単価1.5~2円の仕事にも挑戦しましょう。

このレベルになると、Webでも信頼できる公的なサイトなどにあたりながら、事実に即した記事を作ることを厳密に求められます。また、キーワードに対するSEO対策、記事の構成案作成などの仕事も出てきますが、これらの知識はスキルアップに欠かせません。

修正依頼も多く発生するので、人によってはここで挫折してしまうでしょう。しかし、我慢強く自分の欠点を修正していくことで、確実にスキルアップするので我慢のしどころです。

文字単価2円以上の仕事を受け続けられるだけのスキルを身につけると、さらに文字単価の高い案件にも挑戦できるようになります。結果として、自立して生活できる程度の収入は十分に得られるようになります。

低い文字単価でも今後の収入に貢献しそうなら受ける

基本的には、文字単価の高い案件をより多く獲得することが、高収入を得る近道です。ただし、文字単価が低くても、今後の収入に貢献しそうな場合は仕事を受けましょう。

未経験の分野で自分にとって勉強になる、あるいはその案件の取引先は将来的にいい関係を続けていきたい、などの場合は、戦略的に文字単価の低い案件でも受けることを検討します。

高単価案件はかえって効率が悪い場合も

文字単価5円や10円などのライティング案件は、専門的な知識や取材が必要になるなど、ライティング以外の作業が必要になるものも少なくありません。時給換算すると、かえって稼げない場合もあります。

手間がかからない低単価案件の方が稼げる場合もあるので、高単価案件を取るか低単価案件を取るかも重要です。自分の実績やスキルにとってプラスとなるかどうか、将来を見据えて収入面で貢献する案件かどうかも総合的に検討します。

ライターの収入源にはどういったものが?

Webライティングの場合は、原稿料以外にも別の作業があり、それらの仕事受けることで収入を増やすことも可能です。Webライターの収入源になる作業をいくつか紹介します。

  • ライターの収入源いろいろ

    ライターの収入源いろいろ

校正料・校閲料

校正とは、できあがった記事の誤字脱字および、案件ごとに決められたレギュレーションに記事が沿っているかどうかチェックする作業です。校閲は、文章の内容および事実確認のチェックを行います。

Webライティングの世界では、未経験から始める人が多いこともあり、記事をチェックする人は常に不足気味です。数をこなして効率良く稼ぐ校正者、内容や事実確認をきちんと行う質の高さで高単価の案件を得る校閲者などもいます。

ライティングを希望する場合にも、他人の記事をチェックすることで勉強になります。特にライティング初心者は、自分自身のスキルアップのために挑戦してみてもいい仕事です。

構成作成料

構成作成の仕事とは、クライアントから与えられたキーワードを元にSEO対策を盛り込みつつ、ターゲット層が求める記事の見出しを作る作業のことです。大量の記事を作成する案件や、質の高い記事を求められる案件は、いきなり記事を書くのではなく、構成作成を別作業として用意します。

文字数の多い記事を書く場合や、効果的なSEO対策を考える場合、質の高い記事を書くには構成が欠かせません。Webライターとして収入アップを目指すなら、経験を重ねておきたい仕事です。

CMS入稿料

CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システム(Contents Management System)の略。原稿を実際にWebサイトにアップするために使用するシステムです。

通常、原稿はライターによる執筆、その後の編集者などによる校正・校閲を経て掲載されるのですが、その掲載のタイミングで「CMS入稿」という作業が発生することがあります。この作業を担当することで、CMS入稿料が発生するのです。

CMS入稿では、確実で速い作業スピードが必要です。ライティングの仕事に直接関係するわけではありませんが、案件数が足りずにもう少し収入を補いたい場合などに便利な作業です。

ネーミング・コピーライティング

クラウドソーシングサイトでは、コンペ形式で新しい会社名やサービス名のネーミングが募集されることがあります。自分の付けた名前が採用されると報酬が得られます。コピーライティングに自信がある場合は、積極的に応募して報酬を狙うのもいいでしょう。

ライターで収入を伸ばすためのポイント

ライター、特にWebライターとして収入を伸ばすためのポイントを紹介します。

  • ライターで収入を伸ばすためのポイント

    ライターで収入を伸ばすためのポイント

顧客との信頼関係を構築する

ライターとして収入を増やしていくためには、顧客との信頼関係を構築することが重要です。信頼関係ができれば、継続的に仕事をもらえ、収入も順調に増えてきます。

信頼関係を構築するために重要なポイントは「納期厳守」と「迅速な連絡」です。万が一納期を守れない場合には、事前に相談するなどの工夫が必要です。

Webライティングにおいては、ライティングの後にも校正者・校閲者など、後工程が多く控えています。ライターが遅れると後工程にも影響があるため、納期厳守は特に重視されることを念頭に置いて計画的に作業を進めましょう。

求められていないなら「個性」は出さない

Webライティングとして発注される案件は、ほとんどの場合、発注元の顧客が言いたいことを分かりやすく表現することが求められます。そのため、個性よりも「分かりやすさ」が重要視されます。顧客が求めていることを表現し続けていくことで、顧客から信頼されるライターになれます。

構成力を身につける

正確で読みやすい文章力は、ライターにおいてもっとも重視される能力です。しかし、Webライティングにおいては、文章力以上に、記事内容の構成力が重視されます。顧客の要望を取り入れ、競合に負けないオリジナルの記事を作るには、綿密な調査と、最後まで読み進めやすい構成が求められます。

特に、ボリュームのある記事を作成するときは、文字数の配分、記載する内容の重複がないことなどを確認する意味でも、記事の構成をしっかり練り上げる力をつけましょう。

単価の高い分野の案件も積極的に応募

Webライティングには、単価の高い分野があります。例えば、専門知識の必要な医療・金融・ITやニッチな分野の記事は、高単価案件になる傾向があります。

自分があまり知らない分野でも、積極的に応募して記事執筆の実績を積むことで、知識を得ながら収入を上げることが可能です。専門家の監修が入る案件なら、特に勉強になるので執筆に挑戦してみましょう。

逆に、誰にでも書け、特に資格を求められない分野は、どうしても単価が低くなりがちです。例えば、旅行やグルメ、エンタメ分野は、比較的単価が低い傾向にあります。

SEO対策を学んで実践

Webライティング案件においては、「SEO対策」を求められるケースが多いです。分からないことがあれば自分で調べて、SEO対策についての知識を深めるようにしましょう。SEO対策をしっかり行い検索上位に記事を表示できるようになれば、顧客からさらに信頼を得て仕事を回してもらえる確率がアップします。

取材が可能なら取材案件も狙い目

一般的に、取材が必要な案件は高単価な傾向にあります。

取材経験があるなら、取材案件も狙い目でしょう。コミュニケーション力や交渉力が求められますが、人脈を広げるきっかけにもなる可能性のある仕事です。

仕事の受注チャネルを常に開拓する

新しい顧客の案件には積極的に挑戦することで、仕事の受注チャネルは増えていきます。新しい受注チャネルを常に開拓していくことで、収入アップのきっかけを掴めます。

低単価の案件をもらっている顧客との付き合いが長くなったら、単価アップの交渉を試みるのもよいでしょう。収入を上げるためにも、スキルを身に付けるためにも、できるだけ単価の低い案件を減らし、空いた時間で高単価の案件に挑戦する、ということを繰り返していくよう意識することが重要です。

フリーランス同士の交流会に参加して人脈構築

家で黙々と仕事を続けているだけでは、同業他者との横のつながりは生まれにくいです。SNSやクラウドソーシングサイトなどでフリーランス同士の交流を深める場の情報を掴み、積極的に参加することで人脈を構築することが、新たな仕事につながるかもしれません。

地道な努力と戦略が高収入ライターへの近道

出版社や新聞社など、紙媒体の仕事を経験していない人の場合でも、Web媒体のライターとして収入を得ることは十分に可能です。ただし、最初からすぐに高収入を得ることは難しいため、自分に足りないスキルを身につける手段を考える必要があります。

少しずつ収入を増やすよう戦略的に考えながら、地道に仕事を続けていくようにしましょう。