「ご無沙汰しております」とは長らく会っていなかった人に対して使われる言葉で、主に目上の人や、ビジネスシーンにおいては取引先などに対して使われます。

似たような言葉で「お久しぶりです」という言葉もありますが、どのような違いがあるのでしょうか? 実際の例文を用いた上で、ビジネスシーンで役立つ使い方をご紹介していきます。

メールでの使い方

まずは、メールでの例文を紹介します。

例)

・ご無沙汰しております。○○でございます。

・大変ご無沙汰しております。○○株式会社の△△でございます。

電話ではどのように使う?

電話での使い方は、基本的にはメールにおける文章を口語に変換したものになります。口頭における用途においても意味の変化はありません。

由来

ご無沙汰の「沙汰」とは、便りや連絡のことを指しており、接頭語の「ご」と打ち消しの「無」を一つの言葉で「ご無沙汰」と表現します。言葉の意味を紐解くと、長らく連絡を取り合っていなかった状態のことを意味します。

「ご無沙汰しております」と「お久しぶりです」の違いは?

「お久しぶりです」という言葉は「ご無沙汰しております」と意味は同じものであると考えておいても問題ありません。 一方で、使用する状況や相手によって使い分けをする必要がありますので覚えておきましょう。 

  • 「ご無沙汰しております」と「お久しぶりです」の違いは?

    「ご無沙汰しております」と「お久しぶりです」の違いは?

「お久しぶりです」を使うシーン

「お久しぶりです」はカジュアルな使われ方をする言葉です。中のいい先輩や後輩、友人のような親しい間柄に対して使用できる言葉です。

目上の人に使えるのは?

「お久しぶりです」は丁寧語で、「ご無沙汰しております」は謙譲語になります。また、「ご無沙汰しております」という言葉には、長らく会えていなかった人に対し詫びるようなニュアンスを含んでおり、相手に対し申し訳ない気持ちを表現する意味も併せ持っています。

加えて、「お久しぶりです」はビジネスシーンにおいては、時として相手に不躾な印象を与える可能性も考えられます。フォーマルな状況では「ご無沙汰しております」を使用した方が無難と言えるでしょう。

「ご無沙汰しております」と併用可能な言い回し

  • 「ご無沙汰しております」と併用可能な言い回し

    「ご無沙汰しております」と併用可能な言い回し

「申し訳ございません」

「ご無沙汰しております」とは久しく連絡を取っていない人に対し申し訳ないという気持ちを表す言葉でもあるため、ストレートにお詫びの気持ちを表す「申し訳ございません」という言葉と併用することができます。文面では「ご無沙汰しており、大変申し訳ございません」などといった使い方ができます。

「いかがお過ごしでしたか」

相手を気遣う言葉である「いかがお過ごしでしたか」もあわせて使用することができます。連絡を取り合っていない間に相手の近況や体調を慮る意味で使われます。 「ご無沙汰しております。いかがお過ごしでしたか? 」などといった使い方ができます。

「お変わりありませんか」

「お変わりありませんか」については、「いかがお過ごしでしたか」と類似したニュアンスを含んでいます。前回に会った時より変わりがないかどうか相手を思いやる気持ちを伝えるために使われます。 「ご無沙汰しておりますが、お変わりありませんか」などといった使い方ができます。

ビジネスメールで「ご無沙汰しております」を使う時の注意点

  • ビジネスメールで「ご無沙汰しております」を使う時の注意点

「お世話になっております」との併用は不可

メールの冒頭に書き添える「お世話になっております」と「ご無沙汰しております」を同じ文面で使用するのはNGです。

継続的に連絡を取り合っている前提である「お世話になっております」と期間を空いていた場合において使用する「ご無沙汰しております」という言葉の間には、相反する意味合いが含まれており、矛盾が生じてしまいます。

この2つのフレーズを使う場合は、単純に言葉を羅列させるだけでなく「お世話になっております。ご無沙汰しており大変申し訳ございませんでした」などと気持ちが伝わるように改変する工夫をしましょう。

「ご無沙汰」にあたる期間の目安は約3カ月

どのぐらいの期間が空けば「ご無沙汰」にあたるのでしょうか?目安は一般的に2~3カ月と言われています。

何らかの事情があって連絡を取り合う機会を作れなかった場合、最後の連絡から2~3カ月ほど空いていれば「ご無沙汰しております」という言葉を使っても差し支えはないでしょう。

まとめ

長期間連絡を取っていなかった相手に対し、連絡を取るということは気まずいものです。しかし、以前のような関係を再構築するといった意味でも、「ご無沙汰しております」という言葉を上手く使いこなし、ビジネスや友好関係をスムーズに築けるようにしましょう。

その後のやり取りを円滑なものにし、新たなビジネスチャンスを創出するきっかけにもなるため、相手に対し気持ちのいい印象を与えるよう心がけましょう。

  • まとめ