年々増え続ける自然災害。特に今年は、台風が猛威をふるい、暴風や豪雨で東日本を中心に大きな被害が出ました。台風のほかにも、近年では大雨や竜巻、地震など様々な自然災害が起きています。では、このような天災によって自動車に損害が生じた時、車両保険による補償はあるのでしょうか。天災の種類ごとにまとめてみました。

  • 「車両保険」は地震やゲリラ豪雨など、天災の被害をどこまで補償する?

    「車両保険」は自然災害をどこまで補償する?

「車両保険」とは

車両保険とは、自動車保険の中でも「自分の車の修理等を補償してもらうための保険」です。たとえば、交通事故や自然災害、落書きやいたずら、盗難などで契約車両が損害を被った場合、保険金額を限度に車両保険から保険金が支払われます。その保険金を利用して車を修理するか、修理が不可能なほど大きな事故などに見舞われた場合は、車を買い替える費用に充てることができます。

車両保険で補償される天災による損害

<ゲリラ豪雨などの大雨や台風>
ここ数年、突然、局地的な大雨に見舞われることが多くなりました。また、台風による大雨で、河川の氾濫や道路の冠水、土砂災害、家屋への浸水などの被害も起きています。こうしたゲリラ豪雨や台風による大雨で車両が損害を受けてしまった場合には、車両保険から保険金が支払われます。車両保険には、「一般型」と「エコノミー型」がありますが(※)、いずれのタイプでも支払いの対象となります。

そのほかにも、車両保険で補償されるケースには以下のようなものがあります。

・洪水による水害
・機械式駐車場やガード下の冠水による車両の水没
・暴風での倒木や飛んできた瓦による車両の損害
・強風による車両の横転
・土砂災害に車両が巻き込まれる

なお、洪水による車両の損害は車両保険の補償の範囲内ですが、洪水によって車が流され、他人の車や建物にぶつかった際の賠償は、自動車保険では補償されません。台風のみを直接の原因とする相手方への賠償も、同様です。このようなケースでは、賠償の責任が生じないためです。

<竜巻>
竜巻が発生すると、車が飛ばされたり、物が飛んできて自分の車にぶつかったりします。このような竜巻による車両の損害は、車両保険の「一般型」、「エコノミー型」のどちらでも補償されます。

なお、台風による突風で車のドアが勢いよく開き、隣の車を傷つけてしまうことがあります。 このような場合は、自動車保険による賠償が適用されます。

<地震>
地震による被害は非常に大きく、一度に巨大な損害を生じさせる恐れもあるため、適切な保険料の設定が難しいとされています。そのため、地震による車両の損害や相手方への賠償は、自動車保険の対象外となります。地震によって津波や噴火が起きた場合の損害も同様に、補償されません。

ただし、保険会社によっては、地震や噴火、津波による車両の全損に一時金を支払う特約を販売していることもあります。

<高潮>
高潮とは、強い低気圧や台風によって高波やうねりが生じ、海面がいつもより高くなることです。高潮によって車両が水没や流されてしまった場合、車両保険の「一般型」「エコノミー型」のどちらでも補償されます。ただし、高潮で車が流され、他人の車や建物にぶつかった場合の相手方への賠償は、自動車保険では補償されない点には気を付けましょう。

なお、津波は高潮と別のものであり、地震によって急激な海底地形の変化が起こり、海面が盛り上がることを指しています。

<大雪や雪崩>
大雪が降ると、降り積もった雪の重みで車の屋根やボンネットがへこんでしまうことがあります。積もった雪が落ちてくる、または、雪の重みにより落ちてきた物に当たって車両が損害を受けた場合は、車両保険の「一般型」「エコノミー型」のどちらでも補償されます。

一方、降り積もった雪に衝突したり、雪でスリップし他の物へ衝突したりした場合は、車両保険の「一般型」では補償されます。しかし、「エコノミー型」だと、車両以外に当たった場合は補償の対象となりません。なお、車両に当たったとしても、相手方の車両の登録番号等と、その運転者または所有者が確認された場合のみ補償となる点に注意が必要です。

<雷>
車に雷が落ちると、落雷した箇所に穴が開いたり、窓ガラスが割れたりすることがあります。このような場合は、車両保険の「一般型」「エコノミー型」のどちらのタイプでも補償されます。

<雹(ひょう)や霰(あられ)>
雹とは、氷の粒が積乱雲の中で上昇と下降を繰り返して大きくなり、直径5ミリ以上の氷の塊として地上に落ちてきたものを言います。霰とは、直径5ミリ未満の氷の粒を指します。雹や霰が車両に当たると、窓ガラスが割れる、屋根やボンネットがへこむといった損害が発生します。その場合、車両保険の「一般型」「エコノミー型」どちらでも補償されます。

※「エコノミー型」は、「一般型」より補償の範囲が狭い代わりに保険料が安い

車両保険の補償範囲を確認しておこう

車両保険を、「損害が起きれば必ず補償される」ものだと思い込んでいる人は少なくありません。特に、地震による損害には補償が適用されないのは、盲点だったのではないでしょうか。天災は、今や日本中どこにいても他人事とは言えないものとなりつつあります。いざ自分の車に損害が起きた時、どのようなケースなら補償されるのかしっかり確認しておきましょう。