タカラトミーは4月26日から5月6日まで、東京・池袋サンシャインシティにて「プラレール博 in TOKYO」を開催する。「プラレール博」史上最大のジオラマをはじめ、多数の展示物で来場者を迎える。

  • 「プラレール博 in TOKYO」告知ビジュアル

「プラレール博」史上最大のジオラマは今年の目玉のひとつ。約400編成の「プラレール」車両が走行するだけでなく、こどもが入れる「プラレールトンネル」も設けられる。トンネルの中に入ることで、上下左右に走行する「プラレール」車両が間近に見え、「プラレール」に囲まれる体験ができるという。

「プラレール」誕生60周年を記念し、「プラレール」の歴史を商品展示とともに振り返るコーナーや新旧の車両・パッケージを比較して楽しめるコーナーも開設。「プラレール」ファンの家族約150組が制作したメッセージアートや、花で作った60周年ロゴもあわせて展示する。今夏発売予定の60周年記念商品「レールも! 車両も! 情景も! 60周年ベストセレクションセット」の初展示も行う。

  • 「プラレールトンネル」イメージ

  • 新旧のパッケージ展示イメージ

欲しい「プラレール」を釣り竿で釣り上げる「プラレール釣り」などの有料アトラクションをはじめ、イベント記念商品などが並ぶショッピングソーンも設ける。前売券は大人900円・こども700円(当日券は各100円増)。入場記念品として「60周年記念プラレール博コンテナ車」「プラレールトーマス クリアブルーバージョン クララベル」を用意し、有料入場者に限り、どちらかひとつをもらえるという。