声優・原由実がパーソナリティを務める番組『原由実の○○放送局 大盛』のニューイヤーイベントが1月13日、東京の赤羽会館にて行われた。「お友達と遊ぶよ」という副題も付いている本イベントのゲストは、三宅麻理恵(まりえってぃ)と佳村はるか(るるきゃん)。昼と夜の2回公演で行われ、プレイするゲームをはじめ、昼夜で内容が大きく変わるイベントとなった。今回は相変わらずの“はらみーワールド”に包み込まれた昼の部をレポートする。

  • 『原由実の○○放送局 大盛』ニューイヤーイベント

▼「ガンダムファイト」「バカの子」……2019年はヤックデカルチャー!

『原由実の○○放送局 大盛』は、ゲーム総合情報メディア『ファミ通』がニコニコ生放送で展開している声優チャンネル。声優として活躍する原由実(はらみー)が様々な企画に挑戦したり、レトロゲームや最新ゲームに挑戦したり、食べ物をいっぱい食べたりする番組である。

番組イベントは2018年8月18日にバスツアーを行っていたが、数百人のお客さんが会場に集まってのものは昨年のバースデーイベントぶり。それだけに、はらみーもいつも以上に気合が入って……という訳もなく、いつも通りに登場し、ゆるーくイベントの趣旨説明を行った。前年のイベントレポートでも記載したが、それがこのイベント、そして、はらみーの魅力なのである。

イベントの趣旨説明がいつもの調子で行われたのち、お友達のまりえってぃとるるきゃんが登壇。当日に販売されていたパーカーを着ていることなどを紹介した後は早速ひとつ目の企画「新年最強決定戦」を行った。本企画は2つのゲームに挑戦して、だれが最強なのか決めるというシンプルなもの。最初に3人が挑戦したのは「羽子板リフティング」と題したゲームだ。1度目は通常の羽子板、2度目はバドミントンのラケット、3度目は難易度が3段階に分かれたラケット(のようなもの)を使用して挑戦、その合計数で競い合い、回数の一番多かった人が3ポイント、2番目が2ポイント、最下位が1ポイントを獲得するというルールで行われた。

じゃんけんの結果、はらみー、まりえってぃ、るるきゃんの順番で競技を行うことが決まり、対決スタート。通常の羽子板では、はらみーが2回、まりえってぃが3回、るるきゃんが2回、続くバドミントンのラケットを使用しての挑戦では、はらみーが4回、まりえってぃが3回、るるきゃんが3回を記録する。競技中、るるきゃんがはらみーに対して「失礼ですけど、思っていたよりもできていて……(驚き)」と言ったり、るるきゃんのほうに羽を飛ばしたまりえってぃが「私の方に来ないでよ!」と発言したりすることもあったように思えたが、基本的には穏やかな空気のなかゲームは進行した。

はらみーが6回、るるきゃんが5回、まりえってぃが6回という状態で迎えた最終3度目の挑戦では、1~3の数字が書かれた封筒が用意される。どうやら封筒に書かれた数字が使用するラケット(のようなもの)の難易度を示しており、しかも、その数字が羽根をついた1回の得点(難易度3なら1回つくと3回と加算)にもなるという。最下位のるるきゃんが2を選択し、まりえってぃが3を、3を選びたかったものの、じゃんけんで負けたはらみーは1を選ぶこととなった。それぞれのラケット(のようなもの)は、はらみーがうちわ、るるきゃんが小さいチリトリ、まりえってぃがしゃもじ。トップバッターのはらみーは4回を記録し、続くるるきゃんは羽をつく距離が短すぎて一度は審議となったものの、再挑戦で3回(倍数で6回)つく。最後に挑戦したまりえってぃは、しゃもじに当たることもなくスカってしまい、まさかの0回という記録に。その結果、るるきゃんが1位、はらみーが2位、まりえってぃが3位となった。

続けて行われたのは、2019年にまつわるクイズ。こちらのクイズは1問正解する度に1ポイント獲得できるという方式で行われた。用意された問題と正解は以下の通り。

【問1】
Q.3月3日のひな祭りに東京を舞台にしたとあるスポーツ大会が開催されます。それは何?
A.東京マラソン
【問2】
Q.新元号が発表される4月1日はエイプリルフール。では、エイプリルフールの日本語訳は?
A.4月馬鹿
【問3】
Q.5月23日よりイギリスの英国博物館で展示される日本のカルチャーといえば?
A.マンガ
【問4】
Q.7月19日、新海誠監督の最新作「●●の子」が公開されます。「●●」は何?
A.天気
【問5】
Q.9月20日に「ラグビーワールドカップ」が日本で開催されますが、2015年のワールドカップで活躍された五郎丸歩選手の「五郎丸ポーズ」をして下さい。
A.人差し指の先を合わせて、右手の中指、薬指も立てつつ拳を合わせて両手を組み、精神統一するポーズ
【問6】
Q.10月1日に10%になるものは?
A.消費税

このクイズでは「未来からやってきた」と主張するまりえってぃが東京で行われるスポーツ大会を「ガンダムファイト」と答え、はらみーがエイプリルフールを『4月は君の嘘』と答えたほか、新海誠監督の最新作はこれまでと趣向が変わると予想し「バカの子」と回答。また、るるきゃんは、東京で行われるスポーツを「イースポーツ」とフリップに書いてまりえってぃに「全部カタカナで書く人は初めて見た」とツッコまれ、英国博物館に展示されるものは「マクロス」というヤックデカルチャーな回答をするなど、大喜利と言っても過言ではない答えをそれぞれが連発。結果的にはらみーが2問正解、まりえってぃが3問正解、るるきゃんが2問正解となった。

2つのゲームを行った合計は、るるきゃんが一歩リードとなり見事に優勝。その賞品として、既視感のあるトロフィーが渡された。トロフィーには以前の勝利者の名前が刻まれており、その栄誉が称えられた……が、るるきゃんは「賞品を期待していた自分が悲しい。でもありがとうございます」と素直な感想を述べ、本企画を締めくくった。

▼プロゲーマーたちの実力は神のみぞ知る

3人が一度舞台を後にしてから会場に流れ始めたのは、プロゲーマー・ユミハラ選手のコメント。「1年間あえて大会に出場せずに過ごしてきた、一皮むけた自分を見せたい」「僕のプレイ……あっ、私のプレイを皆さんにお見せしたい」と意気込みを語り、その流れで「スーパーボンバーマンR最強決定戦」と題したデジタルゲーム対決の企画へと移行した。ユミハラ選手の映像が終わると同時に会場へ現れたのは、黒いマスクを付けたまりえってぃとるるきゃん……いや、プロゲーマーの三宅プロと佳村名人だ。

ふたりは観客をアオリながら対決のルールを説明。今回は、2017年にコナミデジタルエンタテインメントで発売された『スーパーボンバーマンR』のバトルモードを8人でプレイ、個人のバトルロイヤルモードというシンプルなルールで対決し、解説は『週刊ファミ通』の北口徒歩2分氏が担当。プロゲーマー3人以外の5人はくじ引きで会場の中から都度抽選して決めることとなった。

説明の後には満を持してユミハラ選手が登場。「旧友二人と頑張りたいと思います」と所信表明するも、佳村名人からは「友達(という設定)だったんすね……」(佳村名人にとってユミハラは、憧れの先輩という設定だった模様)、三宅プロからは「SNSで見ているから、ファンなんでとかパンフレットに書いちゃった」とツッコまれ、ユミハラ選手は「整合性が取れないじゃないか……」と呟く。やり取りの精彩を欠くスタートとなったものの、イベントは進行していき、早速1回戦の対戦相手を決める抽選が始まった。

1回戦の抽選で選ばれた方々の中に『スーパーボンバーマンR』の経験者がいないことが分かった途端に安心するプロゲーマー3人だったが、結果は会場から選ばれた人の勝利。勝利者は『スーパーボンバーマンR』はプレイしたことがないものの、過去シリーズをやったことがあるという。それから3人は過去シリーズをプレイしたことがあるか、ということもしきりにくじ引きで選ばれた5人に尋ねるようになった。

その後、対決は合計で9回行われる。対決前に経験者かどうか確認し、熟練のプレイヤーであれば「こっちにくるなよ」と警告していた佳村名人は、その警告が功を奏したときもあったが、仇となり狙われてしまうことも。しかし、一度倒されても外野からの爆弾投げで復活を果たして勝利を収めるなど、見せ場も作った。三宅プロは9回戦まで「Aボタンをいきなり押して自爆するなよ」とくじ引きで選ばれた方々に伝え続ける一方で、プレイ中は喋らず、黙々と『スーパーボンバーマンR』に臨む。どの対決でも基本的に最後の方まで残り、さらには最初に自爆して外野から相手を倒すというテクニックプレイも見せつけた。この大会のために1年間大会に出場しなかったユミハラ選手は、爆発にビビったり、一騎打ちの場面になると「怖い……」と言って逃げ腰になったりする場面が目立つ展開に。しかし、プロゲーマー3人の対決となった場面では見事に勝利を収めるなど、勝負強さを発揮した。

9回対決し、三宅プロが2回、佳村名人が2回、ユミハラ選手が1回勝利、残り4回は会場に駆け付けた方々の勝利という結果に。しかし、「最終的に誰が一番強かったのか」という結論は「神のみぞ知る」という平和的な形で対決は締めくくられた。

プロゲーマーの3人が舞台を後にしたのと代わるように、はらみー、続けてまりえってぃとるるきゃんが姿を現す。プロゲーマー3人のプレイに魅了されたことを淡々と語ったのち、それぞれが一言ずつ挨拶、そして記念撮影を行い、イベントは終了の時間を迎えた。

終始アットホームな空気のなかで行われた本イベント。3人のやり取りも絶妙で、笑いも絶えなかった。それだけに、ゲームに関わる番組のパーソナリティを務める3人が再び相まみえる日が来るのも楽しみである。