女優の常盤貴子が7日、都内で行われたTBS系日曜劇場『グッドワイフ』(1月13日スタート、毎週日曜21:00~)のプレミアム試写会&舞台挨拶に、共演の小泉孝太郎、水原希子、北村匠海、滝藤賢一、賀来千香子、吉田鋼太郎、唐沢寿明とともに出席した。

常盤貴子主演『グッドワイフ』舞台挨拶

『グッドワイフ』舞台挨拶に登壇した常盤貴子

このドラマは、リドリー・スコットが製作総指揮を務め、2009年から7年間アメリカで放送された『The Good Wife』が原作。夫(唐沢)の裏切りと逮捕で人生が一変してしまった主人公・蓮見杏子(常盤)が、弁護士という仕事を通して自らの困難に果敢に立ち向かっていく姿を描く。

『Beautiful Life~ふたりでいた日々~』(2000年)以来、19年ぶりに日曜劇場の主演を務める常盤は「正直そんなに経ったのかなという感じなんですけど、平常心でやらせていただけています。台本も8話までいただいていてすごく順調で、気負うことなく気持ち穏やかにやれています」と心境を告白。「でも難しいセリフが多いので、みんなで助け合いながら、励まし合いながらやっています」と笑顔で話した。

ある日突然、夫・壮一郎が汚職の容疑で逮捕され、さらに女性スキャンダルまで明らかになり、子どもたちを守るために16年ぶりに弁護士として復帰するという役どころ。「どちらか1つでも大変なことなのに2つあって、どっちか1つでも許すことができるのかというのが今後選択を迫られることなのかな」と言い、「みなさんの身に降りかかることはないと思うんですけど、浮気はいつ起きてはおかしくないことだと思うので、そのとき女性はどうするのかっていう立場で見ていただくのも面白いポイントだと思います」と語った。

さらに、今年の抱負を聞かれると「人生の中でこんなにセリフをしゃべっていることがないくらいセリフをしゃべっているので、今年はこれで仕事納めをしてもいいんじゃないかと思っている。それくらいなことでやっています」と答えた。

  • 常盤貴子主演『グッドワイフ』舞台挨拶