声優の宮野真守が、フジテレビ系情報番組『めざましテレビ』(毎週月~金曜4:55~)で、エンタメコーナーの12月担当マンスリープレゼンターを務めることが30日、明らかになった。12月4日の放送から、毎週火曜に登場する。

宮野真守

6月の白濱亜嵐、7月の戸次重幸、8月の尾崎世界観、9月の歌広場淳、10月の高橋優、11月の小関裕太と続いている同番組のマンスリーエンタメプレゼンターは、軽部真一アナウンサーとともに、6時台の「見たもん勝ち」のコーナーから「イマドキ」など番組の最後まで、さまざまなエンタメニュースを伝え、「めざましジャンケン」にも登場する。

今回のオファーに「まさか僕にお声がけしてくださるとは思っていなかったので、素直に驚きました。とてもとてもありがたいことなので、宮野らしく、しっかり盛り上げたいなぁと、気合いが入りましたね!」という宮野。『めざましテレビ』に対しては「子供の頃から見ている番組なので、出演させていただいた際に、初めて“めざましじゃんけん”ができたときは感動でした」といい、「番組を盛り上げ、エンタメを盛り上げ、見てくださる方に、朝から元気になってもらえるように、しっかり務め上げたいと思います」と意気込んだ。

渡邊貴チーフプロデューサーは「声優だけでなく、俳優、歌とエンターテイナーとして活動をどんどん広げる宮野さんの人気はとどまることを知りません。情報番組の初のMC挑戦でどんなコメントをしてくれるのか? めざましの名物コーナーのナレーション読みにも挑戦してもらいたいと考えており、視聴者の皆さんは超レアで貴重な“あの声”が生放送で聞けるかもしれません」と予告している。

  • めざましファミリー (C)フジテレビ