『ミニオンズ』、『怪盗グルー』シリーズを手掛けた原作者と音楽スタッフが贈る、"モジャかわ"ミュージック・ファンタジー映画『スモールフット』。2018年10月12日より公開された本作でヒロインのミーチー役の吹き替えを担当するのは、声優の早見沙織である。

  • 早見沙織(はやみさおり)。1991年5月29日生まれ。東京都出身。アイムエンタープライズ所属。主な出演は『DOUBLE DECKER! ダグ&キリル』ディーナ・デル・リオ役、『宇宙よりも遠い場所』白石結月役、『アイドルマスター シンデレラガールズ』高垣楓役、『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』花村紅緒役ほか

今回は作品の魅力について、彼女にインタビュー。完成した吹き替えバージョンの作品を見たばかりの彼女に感想などをうかがいつつ、本作の魅力についてうかがった。

主役ミーゴ役の木村昴インタビューも近日公開。

プリンセス感を意識して演じた

――先ほど完成された吹き替え版の映像をご覧になったそうですね。いかがでしたか?

泣きました。歌も声も全部吹き込まれた状態のものを観て、とてもやさしいお話だと改めて感じました。実際に出来上がったものを観るとなぜか自分の声だけ浮き上がって聞こえるという現象が声優をやっていると起きるのですが、今回は物語の間にいいバランスで歌が入っていたこともあって、純粋に一視聴者として楽しめましたね。セリフだけでなく、歌でもキャラクターの説明をしていたので、観ていてワクワクしました。

――そんな本作で早見さんはイエティのひとりであるミーチー役を演じられます。ミーチーはどのようなキャラクターなのか改めて教えていただけますか?

ミーチーは村の長の娘で一族を支えていくという心構えを持ちながらも、非常に好奇心旺盛で見えない世界を否定しないという懐の広さを持っているイエティです。

  • 『スモールフット』

――ミーチーを演じるうえで意識されていることは?

最初の収録で自分がイメージしていった芝居をしたときに、「もう少しプリンセス感を出しましょう」とディレクションを受けました。なので、テンションの落差は付けつつも、一族の長の娘という立場も意識してミーチーを作っていきました。

――プリンセス感を出すためにどのような工夫をされましたか?

技術というよりかは意識的な部分が大きかったかもしれません。例えば、ミーチーはイエティたちの一部が結成しているスモールフット(人間)研究会のようなグループのリーダーなのですが、別に命令したりキツい口調で言ったりしなくても周りがちゃんと動いてくれるんです。それってきっと、気品があるからだと思うんですよ。なので、村の長の娘、ある種のプリンセスであることを意識しながら演じました。

――そんなミーチーと共感できる部分はありますか?

見えない、確立されていないものに対する好奇心は私も持っています。といっても、これと決めたことに関してどんどん行動に移すミーチーほどではありませんけど(笑)。信念に基づいて行動する彼女はとてもカッコいいですね。

――本作は吹き替え作品ですが、米国ではゼンデイヤさんがミーチーを演じられていますね。ゼンデイヤさんのお芝居は意識されましたか?

役作りをするうえでゼンデイヤさんの声マネをしようとはしなかったですが、歌いまわしやアドリブの部分など、表現の部分は拾いました。“マネ”というよりかは“寄せていく”という感じですね。セリフひとつをとっても人によって感情の起伏って違うと思うんです。どこまでテンションを上げるのか、逆に上げないのかなどの加減はゼンデイヤさんの芝居を意識して演じました。

――なるほど。それは普段アニメーションなどでキャラクターを演じているときとは違いそうですね。

もちろん表現が出るところは一緒ですが、ゼロの状態から自分で起伏を決めるのがいつものアニメーションでのアフレコなのかなと思います。今回はゼンデイヤさんのお芝居と織り交ぜつつ、自分なりの表現をするよう意識したのでいつもとは少し異なりますね。

臨場感を考えながらのレコーディング

――ここまでお芝居の面を中心におうかがいしてきましたが、本作は”ミュージック・ファンタジー♪“と謳っているように、物語の合間、合間で入る歌も特徴かと思います。早見さんもミーチーとして「WONDERFUL LIFE」を歌われていますね。

この曲を最初に聴いたとき、後半にいくにつれてどんどん壮大になっていくので、とても劇場映えするだろうなと感じました。

――ミーチーとしてどのような思いを込めて歌われましたか?

「素晴らしさを一緒に発見しようよ」というプラスな気持ちをもって歌いました。この曲は目に見える部分も見えない部分もある、そんな素敵な世界を私と一緒に感じましょうという、彼女の気持ちをまさに体現したかのような歌だと思います。楽曲をいただいたとき、そんなミーチーの想いに自然と心が動かされるような感じがしました。

――映像と歌詞がとてもリンクしているようにも感じました。

歌詞は収録までに何度も変更があったんです。原曲を日本語訳にしたとき、意味が通じる部分、文脈的にふわっとしてしまう可能性がある部分があったので、担当の方が試行錯誤しながらリンクするように仕上げてくださいました。

――レコーディングはいかがでしたか?

今回の歌はセリフとセリフの間に入るという、ミュージカルのような演出で物語中にも登場します。なので、歌が終わってすぐにセリフにつながるという臨場感を考えながらレコーディングしました。その点は普段アーティスト活動やキャラクターソングのレコーディングをしているときとはちょっと意識の持っていき方が違いましたね。

――歌とセリフの組み合わせを意識した?

そうですね。特にミーチーがソロで歌う部分は歌が終わった瞬間にセリフが入るので、実際の映像を頭上に出していただきながら収録しました。映像を見ながらのレコーディングというのも新鮮でしたね。

――ここまでお芝居、歌と演技面でいろいろとお話しいただきましたが、作品のなかで早見さんが印象に残っているシーンは?

印象に残っているのはゲームみたいなものをミーチーが楽しむところ。このシーンはテンポが速くて大変でしたが、楽しかったですね。あとはミーチーが人間の住まいを見たときのシーンですね。人間の住まいを見たミーチーは様々な感情を巡らせるので、演じるうえで意識の切り替えが忙しかったですが、私自身も楽しい気持ちになれました。

――以前に木村さんが本作はアドリブが多かったとおっしゃっていました。ミーチーはいかがでしたか?

吹き替えの場合は台本に細かくどこでアドリブをするのか書いてあることが多いんですよ。そういうアドリブと書いてある部分を含めると多かったかもしれないですね。息遣いのお芝居も多かったです。

――本日は色々とお話しいただきありがとうございました。最後に読者へメッセージをお願いします。

当たり前かもしれませんが、幅広い人に観ていただきたいですね。というのも本作では年齢などによって胸を揺さぶられる部分が違うのかなと思うんです。例えば、ミーゴとお父さんのやりとり。あのシーンは酸いも甘いも経験してきた方々だと共感したり、グッときたりするんじゃないかなと思います。小さい子たちには本当にこういう世界があるのかもしれないっていうワクワクを感じてもらえると思います。それこそミーチーの意志を受け継いで自分がまだ知らない世界を見たいなというきっかけになるかもしれません。世代によって見え方が変わる作品だと思いますので、ぜひ色々な方に観ていただきたいですね。

●早見沙織サイン入り色紙プレゼント

応募要項
■応募期間:2018年10月25日から2018年11月1日まで
■内容:早見沙織サイン入り色紙
■当選人数:1名様

■応募方法
1.マイナビニュースホビー公式Twitterをフォロー
2.応募ツイートをリツイート

当選者には応募締め切り後、マイナビニュースホビー公式Twitterからダイレクトメッセージにて、送付先情報(送付先住所、受取人氏名、電話番号)を伺います。 ※ダイレクトメッセージ送信後48時間以内にご連絡のない場合や、フォローを外された場合(その場合ダイレクトメッセージを送付できません)は当選を無効とさせていただきます。

■当選条件
日本国内にお住まいの方 <個人情報取り扱いについてのご注意> 応募にあたって以下を必ずお読みください。応募には以下の「個人情報取り扱いについて」に同意いただく必要があります。「個人情報取り扱いについて」に同意いただけない場合はプレゼント抽選の対象となりません。 (1)個人情報取り扱いについて:マイナビでは個人情報保護マネジメントシステムを構築し、正しい個人情報の取り扱いおよび安全管理につきましてできるだけの体制を整え、日々改善に努めています。当社が運営するマイナビニュースにおいて、読者の皆様からお預かりする個人情報は、プレゼントの発送などに利用いたします。 (2)開示等、個人情報の取り扱いについてのお問い合わせ:株式会社 マイナビ ニュースメディア事業部 編集部 〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1パレスサイドビル news-reader@mynavi.jp (3)個人情報保護管理者:株式会社 マイナビ 管理本部長 personal_data@mynavi.jp

(C)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.