俳優の山崎賢人が8日、都内で行われたフジテレビ系主演ドラマ『グッド・ドクター』(12日スタート、毎週木曜22:00~ ※初回15分拡大)第1話完成披露試写会後の舞台あいさつに登場。観客の微妙なリアクションに、戸惑いを見せた。

001のalt要素

山崎賢人

山崎演じる自閉症スペクトラム障がいでコミュニケーション能力に障がいを抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊が主人公の同作。レジデント(研修医)として小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながら成長していく姿を描く。

試写会を終えた観客にハイタッチしながら登壇した山崎は「(見た感想は)どうでしたかね?」と問いかけたが、客席から帰ってきたのはまばらな拍手で、「あっ、なんか…そうですよね」と戸惑い。次いで、共演の上野樹里も「みなさん、1話どうでしたか!」とリアクションを待ったが、やはり反応はなく、「まぁ拍手は起きないんですが、大丈夫でしょうかね(笑)」と苦笑いした。

一般的な試写会後の舞台あいさつは、ここで大きな拍手が起きるのがお約束だが、この日の観客は、今作の舞台が小児外科ということで、15歳までの子供たち約160人。拍手をするタイミングが理解できず、キャストたちの問いかけにうまく反応できなかったようだ。だが、試写会中のクライマックスでは、感動で涙をすする音があちこちから聞かれた。

しかし、キャストの山崎、上野、そして藤木直人が客席後方から登場した場面では、子供たちも大興奮。異例の舞台あいさつに、山崎は「初めて見る光景で遊園地みたいな、楽しい感じがしていいですね」、上野は「エネルギーがすごいですね」、藤木は「本当の小児外科医になった気分でした」と笑顔を見せていた。

山崎は、撮影現場でも子役に懐かれているとのこと。休憩時間に、タイヤの付いたイスに乗って押してあげたり、逆に自分が乗って押してもらったりしているそうで、「湾岸スタジオの50mくらいある廊下を10往復くらいしました(笑)」と明かした。

最後に山崎は「小児外科医はお医者さん全体の0.3%しかいないので、このドラマを通して小児外科に光が当たればいいなと思いますし、毎週皆さんが木曜日を楽しみにできるような作品を作っていけたらと思います」とメッセージを寄せた。

  • 002のalt要素

    (左から)上野樹里、山崎賢人、藤木直人

  • 003のalt要素
  • 004のalt要素
  • 005のalt要素
  • 006のalt要素
  • 007のalt要素
  • 008のalt要素
  • 009のalt要素
  • 010のalt要素