6月10日よりWOWOWにてスタートする連続ドラマ『連続ドラマW 不発弾~ブラックマネーを操る男~』(毎週日曜22:00~ 全6話 1話のみ無料放送)で主演を務める椎名桔平にインタビュー。原作は『震える牛』、『血の轍』の相場英雄。7年間で1500億円もの不適切会計を発表した大手総合電機メーカーの裏で暗躍する一人の男と、彼を取り巻く人々の人間模様を描いた骨太の社会派ヒューマンサスペンスだ。椎名が演じるのは、主人公の金融コンサルタント・古賀遼。貧しい炭鉱町で育った古賀が、東京の証券会社に入社した後、ある出来事をきっかけに、欲深い人間たちを操るかのように、経済界の影の立役者にのし上がっていく。時系列が入れ替わるドラマで役を演じる難しさから、椎名流の役づくりの秘けつに至るまで、たっぷりと話を聞いた。

椎名桔平

椎名桔平

――『不発弾』の中には、日本の昭和から平成にかけての経済の歴史が詰まっています。古賀という人物は、まさに日本の経済のど真ん中を生きてきた人間だと思うのですが、椎名さんはこの物語のどのあたりに一番魅力を感じられましたか?

僕が一番楽しく読ませていただいたのは、やっぱり人間ドラマの部分ですよね。この作品は、とても高い次元で、社会派の金融ドラマの要素と人間ドラマの要素が組み合わさったドラマなんじゃないかと思いますね。

――古賀の第一印象は?

彼の「幸せではない生い立ち」にドキッとさせられましたね。3歳で炭鉱の事故で父親を亡くして、それ以降、母親も人が変わってしまい、幼い時期を妹と二人きりで過ごしてきた。そういった生い立ちの男がどんな大人になるのか、とても興味深いと感じました。古賀は学歴も素養もないはずなんだけれども、知り合った先輩方に助けられ、支えてもらいながら、金融の世界でいろいろ知恵を付けていく。その結果、最終的に大企業の裏で暗躍している立場に置かれるっていうのは、やはり彼の「人間力」のなせる業なんでしょうね。

――椎名さんが演じられるのは30代以降の古賀なんですよね。

若い頃の古賀は三浦貴大くんで、僕は29歳で入れ替わって、58歳までの約30年間を演じています。それぞれの時代背景とともに、自身の成長度合いも見つめながら演じなければ……。そんな高いハードルを、最初に脚本を読んだ時に感じましたね。かつて無いやり方ですが、でもその分やりがいもあるなと。原作同様、脚本上でも現代と過去を行ったり来たりするんですが、これ、撮影でも同じなんですよ! だから朝はちょっとヤングで(笑)、夕方は髪の毛にちょっと白いものを入れるとか。一日のうちに2~3回繰り返したりしますからね。メイクさんも大変ですけど、頭の中で整理するのも大変です(笑)。

――場面によって年齢が変わる役柄に対して、どのようにアプローチされているんですか?

難しいですよ~。さすがに普通じゃ出来ないんで、撮影に入る前にスタッフに頼んで年齢表を作ってもらって、「俺はいま●●歳なんだな」ってその都度確認しながら演じていました。でも、そういう意識を持つと、年齢に応じて相手に対する振る舞い方とか、言葉遣いなんかも不思議とスライドさせていけるし、そうなったときに初めて役に対する感情が乗ってくる。そういう意味で、いかに早い段階でそれが実行できるかが、今回僕がこの作品に取り組む上でのポイントになりましたね。

  • 黒木メイサ(左)は、古賀を追って不適切会計の真相を暴こうとする警視庁捜査二課管理官・小堀弓子を演じる

古賀遼という人間の興味深さと面白さ

――撮影を重ねていくうちに、椎名さんの中で古賀に対する印象が変わった瞬間のようなものはありましたか?

印象が変わるというか、あくまで「印象を変える」のは僕なんで(笑)。いやいやそれは冗談ですけど、コアな部分は変わらないんですよ。まぁ、自分で言うのもなんだけど、古賀という人間は、ある意味すごくピュアな部分も持ち続けている人物で、グレーゾーンの仕事にもずいぶん介入していくんです。見方を変えるとサクセスストーリーにも見えるわけなんですが、彼は決して自分のためにやってきたわけでもなければ、成功を楽しんでいる人間でもない。何とかして成功しないと、大事な人を助けることができない、というのがそもそもの始まりだったんです。年齢を重ねて、原田知世さん演じる村田佐知子さんという内縁関係の女性に出会ってからも、彼女が運営するNPOを支える立場になったりもするんです。いわば、お金に対してそれほど執着があるわけではない人間が、金融の世界で上り詰めていくわけじゃないですか。ここがね、今回演じる古賀遼という人間の興味深さというか、面白さというか。

――なるほど。もともとお金が行動の動機ではない、という人物は確かにめずらしいですね。

虐げられた貧しい時代から、お金持ちになってサクセスするというストーリーは結構ありますけど、彼の場合は綺麗ごとじゃなく、「もういらない」じゃなくて「もっともっといらない」んですよ。自分を飾らないで生きていける男のたくましさとか、精神力の強さとか、純粋さとか、古賀のそういった部分が、僕には非常に魅力的に映りましたね。

――とはいえ、その一方で台本には「富こそ正義」「どんな手段を使ってでも敗北してはならない」といったモノローグが出てきます。決して好きな仕事をしているわけではない古賀を、ここまで突き動かしているものとは何だと解釈されていますか?

人間関係だと思います。この物語は、僕のパートだけでも30年近く、若い頃を入れると40年くらいの長いスパンの話になってくるわけなんですが、人ってね、変わるんですよ。要するに、人間性が変わるわけじゃなくて、目標が変わったりするわけですよ。今この年齢の自分にしか見えない世界があったり、成長していく過程で全く違う世界が見えてきたりもする。若いときは非常に選択肢が少なくても、いろいろ経験したり成長したりするうちに、経済的なものも含めて選択肢が増えてくることはありますよね。若いときの古賀に見えている世界や価値観のなかでは、「いまはこうやって生きるしかない。お金を稼いで自分は次に向かうしかないんだ」っていう気持ちもあったのかもしれません。

――なるほど。

だけど、結局古賀がどういう人生を歩んできて、いま現在どういう風になっているかというと、彼はお金が全てだとは思っていないわけなんですよ。もちろん、それだけの長いスパンを演じられるから、あえてそういう言葉をモノローグで使っても、「観ていればそうじゃないってわかるよね」っていう、作り手側の自信もどこかにありますし、いろんな逆算も含まれてはいるんですけどね(笑)。そういう意味では、本当にこのドラマはチャレンジングな作品だと思いますね。

自分に「無い」ものを作るためには、結局想像するしかない

――ちなみに椎名さんご自身にも、若い頃とは少し目標が変わってきたという部分もありますか?

僕ですか? まぁ、いまも役者やってますからねぇ。役者をやることが若い頃の目標だったんですけど、常に目標探しにはなりますね。もっといい役者になるしかないんです。周りを見渡すと、IT企業家とか新しい職業がたくさん出てきてビッグサクセスしてますけど、「あれ? 役者っていうのは、ずーっと変わんないな」みたいなね。非常にアナログで。僕らも上手くデジタルを使って、自分の分身をあっちの現場に行かせて…みたいに出来ればいいんだろうけどね(笑)。

――確かに、テレビの他にもネットを始め、デバイスはいろいろ増えましたけど、役者さん自体のお仕事は変わらないですよね。

変わらないですねぇ。風邪ひいて声が出なくなったら、現場に行けませんしね。

――今回、古賀のように、グレーゾーンに身を置きながらも、自然と周りに人が集まってくるような人物を演じるにあたって、何か意識したことはありますか?

僕自身は古賀のように「人間力」があるタイプではないと思っているので(笑)、「どうやって古賀みたいな人間力を付けようか」って考えましたね。「いや、いまからじゃ遅いな」とか思いながら(笑)。ただね、どんな役柄を演じる時でもそうなんですけど、たとえ悪人であっても、その人物に共感しようと思ってやるわけです。今回の古賀という役柄は、おそらくほとんどの方が共感できる要素があるタイプの人物なので、これを活かさない手はないんです。もし仮に自分に古賀とは違う「人間力」があったとしても、それをどう出さないかとか、どう見せないかとかは、最初に考えましたね。

――ちなみに、今回はあえて出さないようにした椎名さんご自身の「人間力」とは?

それはもう、至らない「人間力」なので、お恥ずかしくて口にすることは出来ないんだけれども(笑)。うーん、なんだろう? 僕は古賀のような人生を歩んでいないし、生い立ちもそうではないし、妹もいませんし、お母ちゃんも憎んではいませんし(笑)。そういう意味では環境的には「無い無い尽くし」。でも、自分に「無い」ものを作るためには、結局想像するしかないんです。その役柄の目線や思考に合わせたメンタルを作るというか。そこに向かってアプローチしていく。

――なるほど。そのアプローチの方法について、もう少し詳しく伺いたいです!

人間って、自分のなかにもいろんな自分がいるじゃないですか。多面体ですよね。だからきっと、僕にも少しだけ古賀のような一面があると思うんですよ。12色なのか24色なのかはわからないですけど、そういう色を、どういう配分で使ってその役を作るのかっていうことなんです。

――その例え方、すごくわかりやすいです。

古賀という人間と同調できる自分っていうものをね、すごく大きくしていく。そういう作業をするわけですよ。うまく言えないんですけど、そこを現場で膨らませて、そういう人物としてそこに居るための準備をするというか。なんかね、話し方とか、現場の佇まいとかいろんなことを含めて、常に意識は自分の中の古賀という人間に対して向いてますよね。

台本に書いてあるセリフの字面通りに演じてもつまらない

――そういったお話を伺うと、ドラマに出てくる「この国には二種類の人間しかいない。富める者と貧しき者ー」というモノローグひとつとってみても、古賀がどういう気持ちでこの言葉を発するのか、それを椎名さんがどう演じられるのか、とても興味深いです。

作品の面白さとか、脚本の質っていうことを考えると、役者って、台本に書いてあるセリフの字面通りの感情で、そのまま演じるだけじゃつまらないわけです。口ではこうは言ってるけど、本当はこの人物はこう考えてるんじゃないかなって思わせるような脚本じゃないと、演じていてもつまらないんですよ。相手はこう言ってるんだけど、本当はそれにはこういう意味も含まれてるんじゃないかな、とか考えながらね。

――深いですね。

もともと日本語にはそういう面白さもありますけど。例えば、好きなら「好きだよ」っていうのが相手に届くのか、「いや、お前なんか好きじゃないよ」っていう方が届くのか。どんな顔をして、どんなシチュエーションでそれを言うかとか、何をしながらその言葉を言うかとか、役を演じる上ではいろんなことが複合的な要素として入ってくるんです。

――確かに、日常の会話を考えると、人間って意外と複雑ですよね。

まさに、どんなセリフも古賀本人が本当にそう思って実感して言っているのか、「今の俺はそうは思わないんだけども、世の中っていうのは、そういう仕組みの中で進んでるんだよ」っていう現状を言っているのか、あるいはまた裏に違う何かがあるのか、それはわからないですよね。

――なるほど!

このドラマの脚本って、モノローグじゃないお芝居の部分にも、そういう伸びしろがたくさん隠されている脚本なんですよ。現場で脚本家の先生にお会いした時も、「本当に面白いです!」って申し上げたんだけど、きっと脚本を書くときにも、予めそういうことを念頭にしながら書いていらっしゃると思うんです。だから、僕らもそれをしっかりと読み取って、汲み上げた表現が出来なければいけないと思いますよね。まさにいま撮影現場で、日々そういった楽しみを味わいながら、スタッフ・共演者の皆さんと、完成に向けて頑張っております。

――宅麻伸さん、奥田瑛二さんとは今回初共演とのことですが、対峙してみていかがでしたか?

いやぁ、さすが先輩! といった感じでしたね。お二方とも面識はあったんですけれども、お芝居を直に見るのは初めてだったわけなんです。もちろん、映画やテレビを通しては観てますよ! 奥田さんは『棒の哀しみ』で賞を獲られていてすごく憧れましたし、宅麻さんはテレビドラマで活躍されている姿がすごく強く印象に残っていますし。芸能界の先輩でもある奥田さんと宅麻さんが、今回自分を支えてくれる関係性で一緒に居てくださったことで、素直に古賀の気持ちに近づける感じがありましたね。それぞれ何十年と活動されてきている方々なので、どこか互いにそれも見合って演じるというかね。こういう生き方をされている俳優さん、女優さんだというのを感じると、自分もそれに負けないように、それに応えられるように、懸命に向き合わないといけないな、という気持ちにさせられますよね。

年齢を重ねるっていうことは素敵なこと

――いまの日本の状況下で視聴者がこのドラマを観ることについて、何か意識されている部分はありますか?

ありますよ。このドラマで描かれていることは、かなりリアルなお話しですからね。最近では皆さん海外ドラマをたくさんご覧になられていて、目が肥えている方々も多いですし(笑)。そういった意味では、やはり作り手側の描きたいもの、伝えたいものを明確にして、観てくださる方々にきちんと届けたいとは思いますよね。少なくとも自分がやる作品には、そういう姿勢で臨みたい。誠意をもって骨太の社会派ドラマをずっとやり続けているWOWOWさんのことをとても信頼してるし、僕らも本当に演じたくて演じてる。やりたくてやってるんだっていうことが、お客さんにもちゃんと見えないといけないんだと思うんですよ。そういう思いが、結果的に役を演じる上での自負や自信になるし、熱量みたいなものが作品の力になって、視聴者のもとに送り届けられる気がしますね。

――最後に、椎名さんの今後の役者人生における、具体的な目標というものはありますか?

例えば、クリント・イーストウッドさんとか、メリル・ストリープさんとかが演じていらっしゃるのを観ていると、「年齢を重ねるっていうことは素敵なことなんだ」って思わせてくれる作品って、たくさんあるじゃないですか。残念ながら日本にはまだそういう作品は少ないですけど、これから高齢化に伴ってもっと増えていくんじゃないかと思いますよ。

――ぜひそうなって欲しいです。

そういう流れが来た時に、もし今よりもっとキャリアを積んだ状態で、素晴らしい人たちと良い作品を作れるのであれば、その時までにさらに俳優修業を続けていかなければいけないな、とは思いますよね。おそらく、2020年のオリンピックを境に、何かまたいろんなことが変わり始めるんじゃないですかね。まぁ、それは僕がたまたまオリンピック年(1964年)生まれだから言ってるわけなんですけどね(笑)。

――もちろん椎名さんご自身はオリンピックを過ぎても役者を続けていかれるわけですよね?

オリンピック引退説とか!? じゃあ、あと2年くらいか(笑)。でも本当に役者なんて、なんの保険も保証もない世界ですからね。本当にダメになった時に、何か他に出来ることを考えとかなきゃいけないね。『不発弾』に一緒に出ているデビット(伊東)さんに、ラーメンの作り方でも教えてもらおうかな(笑)。