社内恋愛はアリ? ナシ?

社内恋愛はアリ? ナシ?

恋愛に至る男女の出会いには、さまざまなパターンがある。幼馴染だったり学校の同級生だったり、あるいは合コンで出会ったというカップルもいるかもしれない。もし社会人であれば、会社で知り合った相手と結婚したという人もいることだろう。そんな社内恋愛に関して、みなさんはどう感じているのだろうか。

今回は、マイナビニュースの男女会員505名に、「社内恋愛をしたいと思うか」を聞いてみた。

Q.社内恋愛をしたいと思いますか?

  • 半数以上は、社内恋愛はナシと回答した

    社内恋愛をしたいと思いますか?

したい 35.4%
したくない 64.6%

Q.その理由を教えてください

■「したい」

いつも一緒にいられる/相手を理解しやすい

  • 「仕事振りや周りの人からの評判が分かるし、顔を合わせる機会が増えると思うので」(36歳女性/医療・福祉・介護サービス/事務・企画・経営関連)
  • 「会いたい時にはいつでも会えるというところが、一番の理由かなと思います。合コンなどで知り合うのではなく、一緒に仕事をしていていつの間にか好きになってしまう系ですので、相性重視なのはいいと思います」(51歳女性/女性/サービス/その他・専業主婦等)
  • 「近い立場にあるからお互いの状況もある程度分かるし、知り合うきっかけとしても良いと思う」(38歳男性/その他/事務・企画・経営関連)
  • 「恋愛するには一番よいと思います。社内で顔を合わせますし、お互いのことを理解できるので。会社の上司、または部下からも認められると思います」(49歳男性/食品/技能工・運輸・設備関連)
  • 「仕事のことで共用できそうな、同じ仕事ならお互い励まし合えそうな。ただ、別れたときのリスクはあります。冒険したい人には良いと思います」(54歳男性/サービス/営業関連)

会社や仕事が楽しくなる

  • 「仕事中もモチベーションが上がりそう。仕事終わってすぐ会えるし」(29歳女性/医療用機器・医療関連/専門サービス関連)
  • 「嫌な仕事も楽しくなりそう」(28歳男性/専門商社/事務・企画・経営関連)
  • 「出社するのが楽しくなると思うから」(45歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)
  • 「仕事も恋も一緒にできたらドラマみたい」(48歳男性/輸送用機器/事務・企画・経営関連)

スリルやトキメキがある

  • 「いろいろバレるかバレないかのドキドキを味わってみたい」(31歳男性/輸送用機器/販売・サービス関連)
  • 「みんなには秘密という状況を楽しめるから」(45歳男性/官公庁/公共サービス関連)
  • 「周りにバレないようにというスリルもあって、盛り上がりそう」(32歳女性/輸送用機器/事務・企画・経営関連)

社内恋愛をしてみたい

  • 「経験がないのでそう感じました」(40歳男性/教育/公共サービス関連)
  • 「今までしたことがないので、社内に恋人がいる状況に憧れます」(46歳男性/旅行・観光/販売・サービス関連)
  • 「無理にしたい訳ではないが、好きになった相手がいるならば恋愛したいと思うのは必然。禁止されるのが不自然で、業務に支障はない」(45歳男性/専門店/販売・サービス関連)

他に出会いの機会がない

  • 「出会いの場が少なければ、職場での恋愛はOKだと思う」(35歳女性/建設・土木/事務・企画・経営関連)
  • 「時間外(社外)での出会いの機会は多いわけではなく、社内にも異性はいるものであり、出会いの機会の一つだと考えるから」(37歳男性/海運・鉄道・空輸・陸運/事務・企画・経営関連)
  • 「仕事、仕事で忙しく、外ではなかなか出会いがないので。したいというよりむしろ、社内でしか相手を見つけられないのが現実であり、社内の事情などが分かっているので、すれ違いになる可能性が少ないのも利点であると考える」(57歳男性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)

好きな人がいるから

  • 「とても美人な上司がいて、しかも年下、スタイル最高!」(51歳男性/医療・福祉・介護サービス/その他・専業主婦等)
  • 「好きになった人が、たまたま社内にいたならしょうがない」(42歳男性/サービス/事務・企画・経営関連)
  • 「恥ずかしい気持ちもあるが、一目惚れしたら言うべき」(44歳男性/鉱業・金属製品・鉄鋼/技能工・運輸・設備関連)

その他

  • 「社内恋愛で結婚したので」(36歳男性/輸送用機器/事務・企画・経営関連)
  • 「良い出会いがあれば場所は問わない」(42歳男性/サービス/専門サービス関連)
  • 「過去の自分がそうであったから。社内恋愛だろうと社外だろうと、好きな女性に対してアプローチするのは自然の流れ。そう思いませんか?」(53歳男性/百貨店/販売・サービス関連)

■「したくない」

いろいろと面倒なことになりそう

  • 「別れた時や拗れた時に面倒なので、公私は分けた方が生きやすそう」(27歳女性/その他/事務・企画・経営関連)
  • 「うまくいけば励みになるかもしれないが、色々と面倒なことにもなりかねないので」(44歳女性/物流・倉庫/事務・企画・経営関連)
  • 「恋愛が仕事に絡んでくると、関係が良好な時はいいが、悪くなると余計な"しがらみ"が増えるため、社内恋愛はしたくない」(47歳男性/公益・特殊・独立行政法人/公共サービス関連)
  • 「何事もなく順調に推移すればいいけど、普通はなかなかうまくはいかないのではないかと思う。何かあったときには、やはり色々ととややこしいことになりかねない」(60歳男性/通信関連/IT関連技術職)
  • 「特に何もなく順調にことが運べばよいが、通常はなかなか順風満帆と言う訳にはいかないと思うし、同じ職場内ではやはり何かあったときに、色々とややこしいことになるのではないかと思う」(60歳男性/インターネット関連/IT関連技術職)

距離感が難しい/仕事がやりにくい

  • 「社内の人だと思うと気を遣ってしまい、一緒にいて楽しくない」(24歳女性/ガラス・化学・石油/事務・企画・経営関連)
  • 「自分と相手の性格にもよると思いますが、ケンカしたことが仕事に影響したら嫌なので」(38歳男性/輸送用機器/クリエイティブ関連)
  • 「仕事に支障をきたしそう。自分や相手だけではなく、周りに対しても気を遣わせることになる可能性もある」(34歳男性/広告・出版・印刷/事務・企画・経営関連)
  • 「仕事とプライベートは分けたいから。社内恋愛すると、周りの人に変な気遣いをさせてしまいそう」(24歳女性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)
  • 「社内事情を知りすぎているのはちょっと避けたい。自分の知っている以外のところを、周り(仕事の同僚など)が知っているのは好みでない」(55歳男性/その他電気・電子関連/事務・企画・経営関連)

周りに気を遣う

  • 「周りにばれないようにとか、結婚しないと成功したって言えない恋愛だったりと、何かと疲れそう」(33歳女性/建設・土木/事務・企画・経営関連)
  • 「バレた時に辞める必要性が出てくるから」(35歳女性/専門商社/事務・企画・経営関連)
  • 「周囲との人間関係を損ねる恐れがある」(61歳男性/銀行/事務・企画・経営関連)
  • 「社内の人との恋愛は周りに分かってしまい、なんとなく煩わしいので」(59歳女性/医療用機器・医療関連/専門サービス関連)
  • 「恋愛がうまくいっている時は妬まれるし うまくいってない時は辛い思いをするから」(45歳男性/フードビジネス/販売・サービス関連)

社内に恋愛対象がいない

  • 「タイプの女性はいない」(33歳男性/教育/専門サービス関連)
  • 「異性がいない」(41歳男性/鉱業・金属製品・鉄鋼/その他技術職)
  • 「結婚相手となると、自社にはろくな人がいない気がする。収入面でも心配」(30歳女性/金融総合グループ/事務・企画・経営関連)

その他

  • 「交際範囲が狭くなる。いろんな異性と出会い、視野を広げたい」(56歳男性/設計/メカトロ関連技術職)
  • 「前に問題を起こしたことがあったから」(51歳男性/その他/その他・専業主婦等)
  • 「単純すぎる」(51歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)
  • 「立場上、倫理上で問題だから」(55歳男性/専門商社/事務・企画・経営関連)

■総評

調査の結果、社内恋愛をしたいと思う人は35.4%、したくない人は64.6%と、約3分の2ほどが社内恋愛はしたくないと考えていることが分かった。これを男女別に見てみると、男性で社内恋愛をしたい人は39.2%であるのに対し女性では23.9%と、男性の方が社内恋愛に積極的な傾向がうかがえた。

社内恋愛を「したい」と思う理由としては、「いつも一緒にいられる/相手を理解しやすい」が22.3%でもっとも多かった。以下、「会社や仕事が楽しくなる」(17.3%)、「スリルやトキメキがある」(11.2%)、「いちど社内恋愛をしてみたい」(7.3%)、「他に出会いの機会がない」(6.7%)、「好きな人がいるから」(5.6%)と続いた。「その他」は17.3%、「特になし/回答なし」は12.3%だった。

一方の「したくない」理由は、「いろいろと面倒なことになりそう」が42.9%で最多となった。以下、「距離感が難しい/仕事がやりにくい」(17.5%)、「周りに気を遣う」(15.0%)、「今さらだから/既婚だから」(11.0%)、「社内に恋愛対象がいない」(2.5%)となった。「その他」は3.1%、「特になし/回答なし」は8.0%だった。

全体に、社内恋愛をしてみたいと思っている人は3分の1強と、少数派となった。社内恋愛をしたいと思う理由としては、物理的に長い時間一緒にいられることで満足感が得られたり、相手のことをより深く理解できることをメリットと感じているようだ。また、職場に好きな人がいることで、仕事が楽しくなることや、二人の関係を周囲に知られないようにすることでスリルやドキドキ感を感じられる、といった意見も見られた。そもそも社内以外には出会いの機会がないという、やや切実な声も寄せられている。

その一方で、社内恋愛を敬遠する理由としては、やはり距離が近いゆえのデメリットを指摘する声が多かった。特に、関係がうまくいかずに別れてしまった後でも、社内で顔を合わさなければならないことにストレスを感じる人は多いようだ。そのほか、周りに気づかれないようにすることが面倒であったり、逆に周りに気を遣わせてしまうことを恐れたりといったコメントもあった。同じ職場にいると、仕事がやりにくくなるという事情もあるようだ。

社会人になり会社にいる時間が長くなると、異性との出会いの場が会社中心となるのはある種必然だろう。実際に、社内恋愛の果てに結婚まで至ったという人も多いに違いない。しかし、社内恋愛にはそれなりの難しさも伴う。今回は、そんな社内恋愛のネガティブな部分が印象的な調査結果となった。

調査時期: 2018年3月19日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 505人
調査方法: インターネットログイン式アンケート

※写真と本文は関係ありません