赤ちゃんを望む夫婦にとって、出産はうれしい出来事です。しかし、生活費や育児のための経済的な負担が増えるため、産休の取得により給料がもらえなくなることを不安に思う女性も少なくないでしょう。

そこで、この記事では、産休を取得した女性がもらえる出産手当金について、条件や金額、申請方法などを詳しくご紹介していきます。

  • 産休の手当はいくらもらえる?

産休の手当をもらうための条件は?

出産手当金とは、出産以前42日(多胎妊娠の場合は98日)から出産の翌日以後56日の間に産休を取得した場合に受け取ることができる給付金です。給料の約3分の2に相当する金額が健康保険から支給されます。

出産手当金の支給条件には、それまでの勤続期間は定められていません。勤務先の健康保険に自分で加入している人であれば、正社員のほか、契約社員やパート、アルバイトでも手当てを受け取ることができます。

出産手当金の支給条件
・妊娠のために休業した健康保険の加入者
・妊娠4カ月(85日)以上で出産する女性(死産・流産や人工中絶も対象)
・事業主から給料が払われない、または支払われる給料が少ない場合

私はいくらもらえる? 出産手当金の計算方法

出産手当金の支給額は、休業1日につき平均給料(日額)の約3分の2に相当する金額となっています。 総額は「支給日数×1日当たりの支給金額」を計算することで分かります。

ただし、出産日やそのときの平均給料など、出産する女性の状況によって支給日数や支給金額は変わってきます。自分の場合はいくらもらえるのか、下記を参考に計算してみましょう。

(1)出産手当金の支給日数

支給日数は、出産予定日ではなく出産した日を基準に計算します。ですから、正確な支給日数は出産後に分かります。

下記図の通り、出産予定日に出産した場合は、産前42日と産後56日の合計98日間出産手当金がもらえます。

  • 産休手当ての支給期間(予定日通りに出産した場合)

    出産予定日に出産した場合

それに対して、出産予定日よりも早く生まれた場合、手当てをもらえる日は前倒しされます。産休の直前まで出勤していると、出産手当金の支給日数は、予定日より早く生まれた日数分短くなります。

  • 産休手当ての支給期間(予定日より前に出産した場合)

    出産予定日より早く出産した場合

そして、出産予定日よりも後に出産した場合には、出産予定日から実際に出産した日までの期間も支給対象となるため、支給日数が長くなります。

  • 産休手当ての支給期間(予定日より後に出産した場合)

    出産予定日より後に出産した場合

(2)出産手当金の1日当たりの支給金額

出産手当金の金額は、支給開始日(最初に出産手当金が支給される日)以前の給料の金額によって決まります。

支給開始日以前に12カ月前から給料をもらっていた場合、1日当たりの支給金額は【直近12カ月間の各月の標準報酬月額を平均した金額】÷30(日)×2/3の計算式で算出できます。

「標準報酬月額」とは、給料の月額を区切りのよい幅で区分したもので、臨時に受け取る見舞金や、年3回以下の賞与は金額に含まれていません。

(1)(2)を踏まえて計算すると、例えば標準報酬月額を平均した金額が28万円の方で、支給日数が98日だった場合は、出産手当金金の総額が約61万円となります。

1日当たりの支給金額: 28万円÷30日×2/3=6,220円
出産手当金の総額: 6,220円×98(日)=60万9,560円

もしも給料をもらっている期間が12カ月未満の場合には、支給開始日が属する月以前の継続した各月の標準報酬月額の平均金額と、健康保険の全加入者の標準報酬月額を平均した金額のいずれか低い方の数字を使って計算されます。

産休中に有給休暇を使用しても、出産手当金はもらえる?

産休期間中に有給休暇を使用する場合や、事業主から給料が支払われる場合には、出産手当金はもらえないのが一般的です。ただし、支払われる給料が出産手当金の金額よりも少ない場合には、出産手当金と給料との差額を受け取ることができます。

出産手当金は給料の約3分の2の金額なので、有給休暇を使用して給料を満額受け取ったほうが、手に入る金額は多くなる可能性が高いです。ただ、産後に職場復帰した際に有給休暇があると大変心強いものです。使用するかどうかは、よく検討して決めましょう。

産休中に仕事を辞めても、出産手当金はもらえる?

産休中に退職した場合でも、引き続き出産手当金を受け取ることができる可能性があります。産休後も出産手当金を受け取るためには、下記の条件を2つとも満たしている必要があります。

(1)退職日までに健康保険の加入期間が継続して1年以上ある
(2)退職日に出産手当金の支給を受けている、もしくは、受ける条件を満たしている
※出産前42日目(多胎妊娠の場合は98日目)に健康保険に加入していて、かつ、退職日は出勤していないことが必要

出産を機に退職する場合には、会社とよく相談して退職日や最終出勤日を決め、出産手当金を受け取れるようにできると良いですね。

会社との連携がポイント! 出産手当金の申請方法

出産手当金を受け取るためには「出産手当金支給申請書」に必要事項を記入して、所属している健康保険組合に提出する必要があります。申請書には、分娩を担当した医師や助産師が記入する欄と、給料を支払っている事業主が記入する欄があります。

出産手当金は、複数回に分けて申請することも可能ですが、申請する度に事業主や医師などの証明が必要となるため、産後56日が経ってから一度にまとめて申請する方が多いようです。

申請書をスムーズに提出できるよう、産休に入る前に会社とよく相談し、申請するタイミングや申請書の具体的な提出方法などを決めておくと良いでしょう。

出産手当金はいつ振り込まれるの?

出産手当金は、申請した書類に不備がなければ、申請後、2週間から2カ月ほどで指定した銀行口座に振り込まれるのが一般的です。

ただし下記の図のように、出産手当金は産後休暇が終わった段階で一度にまとめて申請する方が多いので、実際に手当てが受け取れるのは、産休が始まってから約4~5カ月後というケースが一般的です。

このことを考えると、産後に慌てることがないよう、産休中の生活費は前もって確保しておくと安心ですね。

  • 出産手当金の入金時期の例

出産手当金の申請を忘れたらどうなる?

出産手当金の申請期限は、産休を取得した日の翌日から2年以内となっています。 出産後は慌ただしくて申請するのを忘れていたという方も、期限内であれば受け取れますので安心してください。

申請期限を過ぎてしまった場合、出産手当金の支給日数は毎日1日分ずつ減っていきます。出産手当金の申請書には医師や事業主の証明欄もありますので、産後の入院中や赤ちゃんの定期健診、出産を会社に報告するタイミングなどと合わせて、効率よく手続きを進めていきましょう。

※写真と本文は関係ありません
※表は著者が作成

張替愛(はりかえ・あい)
FP事務所マネセラ代表
大学で心理学を学んだのち、損害保険会社に5年半勤務。その後、夫の海外赴任を機に独立を決意。2児の育児をしながらファイナンシャルプランナーの活動を始める。海外赴任や全国転勤、働き方に悩む女性など、変化の多い家庭の家計相談を得意とする。オンラインでのマネー講座や個別相談を中心に活動し、執筆なども行う。ホームページ「転勤族と女性のための家計相談所」を運営。AFP/2級FP技能士/マイライフエフピー認定ライター