オフィスで耐え難い生理痛に悩まされた経験を持つ女性も少なくないはずだ

オフィスで耐え難い生理痛に悩まされた経験を持つ女性も少なくないはずだ

女性が妊娠・出産をするため、生理は必要不可欠な現象だ。ただ、生理の前後は下腹部痛や頭痛、イライラなどの症状が伴い、女性にとってはつらい時期でもある。

とりわけ、生理痛に悩んでいる女性も多く、その痛みには個人差があるものの日常生活や仕事に多大な影響を及ぼすケースもあることだろう。そのつらさを踏まえ、労働基準法でも「生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない」と記されている。

法律で「生理休暇」が認められているとはいえ、毎月のように会社を休むとなると、気が引けてしまう女性もいるかもしれない。職場の人数が限られているようだったら、なおのこと遠慮してしまうケースも想定される。

そこで今回、産婦人科専門医の船曳美也子医師につらい生理痛を緩和する方法をうかがった。

生理痛のメカニズム

生理痛は、子宮の内膜がはがれることが原因で生じる。生理時はまず、子宮の内膜をつくる細い血管が収縮し、はがれようとする。その後に子宮が収縮し、はがれた内膜を膣へ押し出す。これが生理(月経血)だ。

「生理時、月経血は子宮から膣に出てくる以外にも、子宮から卵管を通って腹腔内にも一部流れ込みます。その流れ込んだ血液の刺激により、腸の動きが亢進します。動きすぎると下痢になったり、腸に続く胃も刺激されて、吐き気や嘔吐といった痛み以外の症状が出たりします」

痛みがひどい人になるとベッドから出られなかったり、立っているだけで耐え難い痛みにさいなまれたりする。痛みの程度は個々人で異なるが、その理由としては以下の点が挙げられると船曳医師は指摘する。

(1)プロスタグランディン量

生理痛の直接の原因は、子宮内膜が血管や子宮を収縮させるために出す物質「プロスタグランディン」にある。この痛み物質の量に個人差があるため、同じ生理でも痛みを感じる程度に差が出てくる。

(2)子宮の収縮度合い

子宮は収縮してはがれた内膜を膣に押し出すが、この収縮度合いにも個人差がある。さらに収縮を痛みとして知覚するか否かにも、個人差があるという。つまり、ある一定の収縮度合いを「痛い」と感じる女性もいれば、そう感じない女性もいるということだ。

(3)子宮の入り口の性質

子宮の入り口が「小さい or 大きい」「硬い or 軟らかい」といったことも痛みの個人差の原因になる。出産経験があると、痛みは軽減しやすくなるという。