下痢気味だと思っていたら血便が出た――。そんな経験はないだろうか。血便が出ると「何か病気が潜んでいるのかも? 」と不安になるのも無理はない。一方で下痢になったり血便が出たりしても、特に何とも思わずやり過ごしてしまう人もいるかもしれないが、それは危険。下痢や血便には、実は重大な病気が潜んでいる可能性もあるからだ。

  • 下痢気味だと思っていたら血便が出た――。なんて経験はないだろうか

    下痢気味だと思っていたら血便が出た――。なんて経験はないだろうか

下痢が起こる原因は

まず、下痢は何が原因で起こるのかを明らかにしておこう。

感染性の下痢

最も多いのが、食中毒菌に感染することで下痢が起こるケース。簡単に言えば食あたりで、風邪による下痢も感染性の下痢に分類される。風邪ウイルスが呼吸器に感染すれば咳や鼻水などの症状が出るが、消化管に感染すると下痢や腹部の症状が起きる。

例えばB型インフルエンザは、呼吸器症状よりも下痢や嘔吐などの消化器症状を発症しやすいと言われている。強い伝染性を持って、集団発生するようなノロウィルスや腸管出血性大腸菌、コレラなどの感染症は別にして、単発的に不適切な食品の保存で食中毒を起こす下痢は、ビブリオやサルモネラ菌、ウェルシュ菌感染などが主な原因である。

ストレス性の下痢

仕事や人間関係などでストレスがたまることで、ストレス性の下痢が起きることがある。

食事性の下痢

フランス料理や焼き肉など、脂っこい食事が原因で下痢になるケースもある。膵臓の脂肪分解能力や腸管からの吸収がもともと弱い人や、高齢になって弱くなった人などは特に食事性の下痢が起こりやすいとされている。

下痢と一緒に嘔吐や胃痛の症状が出る

感染性の下痢の場合、腸管に感染している菌を洗い流すために下痢によって生体を防衛する。この際、腸管がいつも以上に激しく運動しているため、その激しい運動に伴い胃痛や嘔吐などの症状も出現する。つまり、下痢と一緒に嘔吐や胃痛・腹痛が発生した場合は、感染性の下痢の随伴症状と考えてもいいだろう。

  • 下痢と一緒に嘔吐など発生した場合は、感染性の下痢が疑われる

    下痢と一緒に嘔吐など発生した場合は、感染性の下痢が疑われる