ビジネスメールで使う機会の多い、「御社」と「貴社」という言葉。どちらも相手の会社を敬う言葉ですが、どのように使い分けるべきか知らない人も多いのでは? そこで今回は、「御社」と「貴社」の意味や使い方と併せて、マイナビニュース会員へのアンケート結果もご紹介します。

ビジネスメールで使う機会の多い、「御社」と「貴社」という言葉。どちらも相手の会社を敬う言葉ですが、どのように使い分けるべきか知らない人も多いのでは? そこで今回は、「御社」と「貴社」の意味や使い方と併せて、マイナビニュース会員へのアンケート結果もご紹介します。

■「御社」と「貴社」とは

私たちは日常、誰かの名前を呼ぶ際に、「○○様」「○○社長」「○○先生」というように、名前に「敬称」を付けることで尊敬の意を表していますが、これと同様に、相手側の会社に対して尊敬の意を表す場合には、「御社」や「貴社」といった表現を使います。これを「尊称」と呼びます。ちなみに、「尊称」は敬語です。「御社様」「貴社様」といった表現は二重敬語となり、かえって失礼な表現になってしまいますので気を付けましょう。

■「御社」と「貴社」の意味と違い

それぞれの意味を調べてみると、「御社」は「相手の会社を敬って言う、口語的な表現」、「貴社」は「相手の会社を敬っていう文章などにおける表現」と記載されています。

どちらも「相手の会社を敬う表現」ではありますが、その違いは、「口語」で使うのか「文章」で使うのかという点にあります。つまり、「御社」は、取引先との打ち合わせや電話口などで使う話し言葉であるのに対し、「貴社」は、手紙やメールなどの文章で用いられる書き言葉なのです。では、何故このような使い分けが必要なのでしょうか。

例えば、会話の中で「きしゃのお時間が」と発音すると、「貴社のお時間が」ではなく「汽車のお時間が」「帰社のお時間が」などと間違った意味で聞こえてしまう可能性があります。このような誤解が生じるのを防ぐために、会話では「御社」を使うことになっているようです。

一方、文章に「御社」を使用しても間違いではないのですが、冒頭に「貴社ますますご清栄のことと-」という定型文を用いることが多いことから、文章には「貴社」を使うのが一般的とされているようです。

「御社」は話し言葉、「貴社」は書き言葉という点をしっかりと押さえておくと良いでしょう。

■「御社」と「貴社」の使い方と例文

御社

  • 「ぜひ、御社の素材を使わせていただけないでしょうか」
  • 「では明日10時、御社までお迎えに上がります」

貴社

  • 「貴社の卓越した技術と熱意に、深く感謝の意を表します」
  • 「この度、貴社の商品を全店に置かせていただくことになりました」

就職活動で

就職活動では、エントリーシートを書く場合には「貴社」を、面接では「御社」を使うことになるので注意が必要です。

(エントリーシート)

  • 「貴社の"ものづくり"に対する姿勢に共感し、この度応募いたしました」

(面接)

  • 「これまで培ってきた経験を生かし、即戦力として御社に貢献したいと考えております」

■一般企業(会社)ではない場合の呼び方

「御社」や「貴社」は一般企業を呼ぶ際に適した言葉ですが、では、銀行や学校などはどのように呼ぶのが正しいのでしょうか。

大学講師・作家、就職コンサルタントとして多くの講座や著書を持つ唐沢明氏に伺ったところ、「相手、もしくは自分の勤務先が"会社"ではない場合の呼び方について伺うと、「たとえば銀行なら、勤めている人を『社員』ではなく『行員』と呼ぶように、『御行』、『貴行』と呼ぶことが多いようです」と唐沢氏。「ただ、これも『御社・貴社』では絶対にいけないかと言えば、それほど厳密に考えなくてもいいかもしれませんね」とのこと。

ほかにも、省庁などは「御省・貴省」や「御庁・貴庁」、お店は「御店・貴店」、学校は「御校・貴校」、学校名が○○学園の場合には「御学園・貴学園」、社団法人や協会などの各種団体は、それぞれ頭に「御」や「貴」を付けて「貴法人」「御協会」「貴団体」など、それぞれに適切な呼称があるので、マナーの一つとしてそのことも心に留めておくと良いでしょう。

マイナビニュース会員に聞いたアンケート結果は?

最後に「御社」の用法について、マイナビニュース会員に聞いてみました。結果は次の通りです。

Q.「御社」という言葉を使っていますか?

よく使っている 17.2%
使っている 21.0%
あまり使っていない 41.8%
使っていない 20.0%

■使っている人の意見

よく使っている

  • 「仕事してれば取引先と会話してるときには必ず使う」(37歳男性/不動産/営業職)  
  • 「取引先を敬うときです。常識ですね」(28歳男性/運輸・倉庫/技術職)  
  • 「相手の企業、会社のことを言うときは必ず使う」(33歳男性/学校・教育関連/販売職・サービス系)
  • 「取引先の会社とメールや電話で連絡するときに相手の会社を立てるために使っています」(31歳女性/生保・損保/事務系専門職) 使っている
  • 「特につながりの薄い会社相手にコンタクトを取るような場合」(33歳男性/その他/自営業)
  • 「営業商談のときに会社全体を指す場合に使う」(33歳男性/情報・IT/営業職)
  • 「自社商品をプレゼンするときに、御社で扱うメリットは、とか御社のお客さまのニーズに合う、とか使う」(29歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)
  • 「相手の取引先を指して、口語では御社で通している」(26歳女性/金融・証券/事務系専門職)

マイナビニュースのアンケートでは、「御社」という言葉を「使う」と回答した人は、全体の4割程度でした。頻繁に使用する人は「必ず使う」「常識」と回答する「御社」ですが、 意外にも使わない人が多いようです。


本稿では「御社」「貴社」などの意味と使い方について紹介しました。

ビジネスパーソンとしてきちんと敬語が使えること、相手を敬う気持ちやマナーを忘れないことはもちろん大切なことです。ただ、「あまり敬語というものにとらわれすぎても、かえって相手との間に壁を作ってしまうこともあるかもしれません」と唐沢氏はと指摘します。

また「たとえば会話の中で、あまり『御社』『御社』と繰り返すと堅苦しい雰囲気になりますし、それによって反対に仕事がやりにくくなってしまう」(唐沢氏)こともあるといいます。

そういう場合は「御社」の代わりに「○○社さん」、「弊社」の代わりに「私ども」など、別の言い方をしてもいいという。

あくまでも相手への礼儀は忘れずに、相手との親密度や場の雰囲気、状況に応じた呼称の使い分けができる臨機応変さが大切なようです。

文●大野夏季(エフスタイル)/MN シゴト編集部