「ブラッシュアップ」という言葉は、社内や取引先との間で多く使われるビジネス用語であり、特に英語を多用する若い世代を中心に利用者が増えているようです。そこで今回はマイナビニュース会員を対象にアンケートを実施し、「ブラッシュアップ」という言葉を普段どのように利用しているのかを調査してみました。



Q.「ブラッシュアップ」という言葉を使っていますか?

よく使っている 2.8%
使っている 5.8%
あまり使っていない 30.0%
使っていない 61.4%

■使っている人の意見

よく使っている
・「資料をレビューでコメントを受け、修正するとき」(31歳女性/情報・IT/技術職)
・「会議中など」(27歳女性/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)
・「既存のものを見直す時」(31歳女性/情報・IT/事務系専門職)
・「資料を見ながら話しているとき、ディスカッション中に「このページはこうブラッシュアップしました」のように」(27歳女性/情報・IT/経営・コンサルタント系)

使っている
・「会議などで話し合っているときに「企画内容をもっと詰めて、より良くしていきましょう」というときに使います」(37歳女性/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「モノを作るときの原案を討議で改善するときなどに使う」(33歳男性/情報・IT/営業職)
・「上司説明に作成途中の資料を出したとき」(36歳男性/通信/技術職)
・「訓練を受けて磨き上げていくときです」(28歳男性/運輸・倉庫/技術職)

■意味は?

「ブラッシュアップ」とは、磨き上げるという意味をもっています。磨き直しを含めて、今以上に腕やスキルを磨き上げるときに使われます。ビジネスシーンでは企画案の練り直しなどに対して用いられ、会話シーンなどでの利用が多く見られます。ちなみに「ブラッシュアップ」には名詞の「brushup」、動詞の「brush up」が存在しますが、日本でのビジネス用語としては区別なく使用されています。

今回の調査結果で「ブラッシュアップ」を使っていると答えたのは8.6%でした。社内での会話シーンで積極的に使われていれば、仕事に対して前向きな姿勢が見て取れると考えることもできそうです。今後もし企画案等を出す機会があれば、出す前から自分ができる範囲で「ブラッシュアップ」してみるのもいいかもしれません。

調査時期: 2013年11月1日~2013年11月3日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男性238名 女性262名
調査方法: インターネットログイン式アンケート