本当にお得なポケットWiFiのキャンペーンはここだ!失敗しない選び方も紹介します | マイナビニュース インターネット比較

本当にお得なポケットWiFiのキャンペーンはここだ!失敗しない選び方も紹介します

ポケットWiFi キャンペーン ポケットWiFi

ポケットWiFiを申し込む方は、快適に使えるのはもちろんの事、費用に関しても、1円でも安く契約したいと思っていることでしょう。
今回はそんな方へ向け、いま実施中のポケットWiFiキャンペーンの中でも、他社より確実にお得に申し込める会社・プロバイダ7社を厳選しました。

WiMAXプロバイダはこだわりポイント、クラウドSIM系WiFiはデータ容量別に、同条件で最も安く申し込める窓口をご紹介します。

この記事を参考にしていただければ、ご自身に最も合ったポケットWiFiが、確実に最安で手に入れられますよ。

この記事を書いた人
マイナビニュース ネット比較編集部

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース ネット比較編集部をフォローする

ポケットWiFiのキャンペーンにはさまざまな種類がある

ポケットWiFiを契約する際には、キャンペーンを利用するとお得に契約できます。
しかし、キャンペーンにもさまざまな種類があるので、自分に合ったキャンペーンを選ぶ必要があるでしょう。

ここでは、ポケットWiFiの4種類のキャンペーンについて、内容と注意点についてご説明します。

キャッシュバックキャンペーン

ポケットWiFiを新規契約すれば、キャッシュバックをもらえるキャンペーンです。

特定のポイントや商品券でもらえるキャッシュバックもありますが、使い方が限られてしまいます。

そのため、現金キャッシュバックが一番よいでしょう。

特に、新規契約時には、前使っていた回線の解約費用や契約時の事務手数料、端末代金などがかかるため、何かと負担が大きいです。

キャッシュバックをもらえれば、負担を減らすことができるのはうれしいですね。

ただし、キャッシュバックキャンペーンの場合、申請が必要な場合が多く申請忘れに注意が必要です。

月額料金割引キャンペーン

月額料金割引キャンペーンは、毎月の料金が割り引かれるものです。

キャッシュバックの場合申請を忘れるリスクがありますが、月額料金割引なら申請不要で自動的に特典を得られます。

そのため、もらい忘れのリスクがなく、確実にキャンペーンを利用できるメリットがあります。

違約金負担や初期費用無料などのサポート

キャンペーンには、他社解約時の違約金負担や初期費用無料などのサポートを受けられるものもあります。

具体的には、「Broad WiMAX」で次のようなサポートキャンペーンを利用できます。

  • 違約金負担乗り換えキャンペーンで最大19,000円の違約金負担
  • Web購入とクレカ払いで初期費用20,743円割引

他社を解約する際に高額な違約金がかかる場合などは、ぜひご利用ください。

その他キャンペーン

他にも、スマホのセット割が使える、ゲーム機プレゼントなどのキャンペーンがおこなわれる場合もあります。

スマホのセット割は、例えば以下のようなものがあります。

「Broad WiMAX」と「BIGLOBE WiMAX 2+」で以下のセット割を使えます。

  • UQモバイルのセット割「ギガMAX月割」
  • auのセット割「auスマートバリューmine」

スマホのセット割は通信量が割引になるので非常にお得です。

しかし、ゲーム機などのプレゼントキャンペーンは、どうしてもその商品が欲しい場合以外はメリットが少ないので避けた方がよいでしょう。

ポケットWiFiのキャンペーン比較【WiMAX】

まずはWiMAXのメリットや注意点、プロバイダの比較内容などについて見てみましょう。

WiMAXのメリットには次のようなものがあります。

  • 「みんそく」ではWiMAXの速度は常に上位に入っており通信速度が速い 
  • WiMAXの端末は高性能
  • 運営会社は大きく実績があり安心できる

※2020年12月時点のみんそく「本日のポケットWifi(モバイルルーター)の最速測定結果」より

一方で、WiMAXには以下のような通信速度制限があるので、注意が必要です。

  • 3日間で10GB以上使うと、翌日の18:00~26:00に通信速度が概ね1Mbpsに制限される
  • ハイスピードプラスエリアモードを月7GB以上利用使うと、当月中は128kbpsに制限される

WiMAXがおすすめなのは、以下のような人です。

  • 通信速度を求める人
  • 無制限でデータを使いたい人
  • WiMAXの利用エリア内で使いたい人
  • お得なキャンペーンを利用して契約したい人

WiMAXには多くのプロバイダがありますが、どこを選べばよいのでしょうか?
プロバイダが違っても通信品質やサービス内容はほぼ同じなので、実質料金の安さで選ぶとよいでしょう。
ここでは、3年間の実質料金順にWiMAXのプロバイダ全13社を比較してみました。

【WiMAX窓口の3年間実質月額料金比較表】

    
窓口名 3年間実質月額料金 3年間実質料金 月額料金 キャッシュバック額 端末代金 契約期間
GMOとくとくBBWiMAX
(キャッシュバック・ホームルーター)
3,689円 132,810円 1〜2ヶ月:3,970円
3〜36ヶ月:4,690円
33,200円 0円 3年
GMOとくとくBBWiMAX
(キャッシュバック・ポケットWiFi)
3,773円 135,810円 1〜2ヶ月:3,970円
3〜36ヶ月:4,690円
30,200円 0円 3年
GMOとくとくBB WiMAX
(割引)
3,867円 143,065円 1〜2ヶ月:2,849円
3〜24ヶ月:3,679円
25ヶ月~:4,690円
3300円 0円 3年
DTI WiMAX 3,967円 146,773円 1~2ヶ月:0円
3ヶ月:2,849円
4ヶ月~:4,136円
0円 0円 3年
カシモWiMAX 4,005円 100,122円 1ヶ月:1,518円
2ヶ月~:3,971円
0円 0円 3年
Broad WiMAX 3,876円 143,424円 1~2ヶ月:2,999円
3~24ヶ月:3,753円
25ヶ月~:4,413円
0円 0円 3年
TikiモバイルWiMAX 4,401円 162,822円 1~36ヶ月:4,389円
37ヶ月~:4,818円
0円 0円 3年
So-net WiMAX 4,420円 163,524円 1~12ヶ月:3,718円
13ヶ月~:4,817円
0円 0円 3年
BIGLOBE WiMAX 2+ 4,460円 165,028円 4,378円 15,000円 21,120円 1年
KT WiMAX 4,803円 177,716円 4,268円 0円 15,000円3年
YAMADA air mobile 4,803円 177,716円 4,268円 0円 15,000円 3年
エディオンネット 4,803円 177,716円 4,268円 0円 15,000円 3年
UQ WiMAX 4,803円 177,716円 4,268円 0円 15,000円 2年
DIS mobile WiMAX 4,803円 177,716円 4,268円 0円 15,000円 3年
ワイヤレスゲートWi-Fi 4,803円 177,716円 4,268円 0円 15,000円 3年

※価格はすべて税込

お得なキャンペーンを提供中!おすすめWiMAXプロバイダ3社

ここでは、おすすめのWiMAXプロバイダを3社ご紹介します。

それぞれメリットが違うので、あなたに合ったプロバイダを選んでくださいね。

乗り換えサポートが充実している「Broad WiMAX」

Broad WiMAX キャンペーンサイト

【Broad WiMAXの概要】

データ容量 ギガ放題、7GB
使用回線 WiMAX2+
対応エリア 日本全国
契約期間 3年
下り最大速度 1.2Gbps
下り平均速度 ※1 35.38Mbps
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代 0円
キャンペーン内容 ・初期費用0円のWEB割キャンペーン
・契約解除料負担のお乗換えキャンペーン
・いつでも解約サポートで解約金無料
・5,000円キャッシュバック
月額料金 1~2ヶ月:2,999円
3~24ヶ月:3,753円
25ヶ月~:4,413円
3年間実質料金 143,424円
3年間実質月額料金 3,876円

※1 2020年12月時点のみんそく「Speed Wi-Fi NEXT W06 × Broad WiMAXの通信速度レポート」より
※価格は全て税込

「Broad WiMAX」は、以下のように初期費用割引や他回線からの乗り換えサポートが充実しています。

初期費用0円のWEB割キャンペーン

Broad WiMAXでは「初期費用0円キャンペーン」を利用すると、20,743円分もの初期費用が割引になります。

非常にお得なキャンペーンなので、ぜひご利用ください。

ただし、適用条件があるので注意が必要です。

「初期費用0円キャンペーン」を利用するためには、以下の4つの条件をすべて満たさなければなりません。

  1. Broad WiMAX 公式サイトからWeb申し込みをする
  2. 料金プラン「月額最安プラン」を選ぶ
  3. クレジットカード払いを選ぶ
  4. オプションサービス「安心サポートプラス」(月額550円)、「MyBroadサポート」(月額998円)に加入する

4つ目の条件のオプションサービスは、端末が家に届いた時点で解約できます。

また、これら2つのオプションは5,000円キャッシュバックキャンペーンを受ける上でも必要なオプションですよ。

こうた
こうた

ネットで簡単に解約ができるから、不要な場合は忘れずに解約しようね!

とくこ
とくこ

ちなみに、5,000円キャッシュバックは、開通後翌月に届くメールに沿って申請手続きが必要だから、注意してね!

「初期費用0円キャンペーン」には条件がありますが厳しいものではなく、それ以上にキャンペーンの特典が大きいのでぜひご利用ください。

契約解除料負担のお乗換えキャンペーン

「Broad WiMAX」に他社回線から乗り換える際に、上限19,000円分の契約解除料を負担してもらえるキャンペーンを利用できます。

インターネット回線を解約する際には、複数年契約の違約金や端末代金の残債などで、解約金の支払いが高額になる場合があります。

さらに、新しい回線の事務手数料も発生します。

このような場合は、他社の契約解除料を負担してもらえるBroad WiMAXは非常におすすめです。

最大19,000円分の契約解除料を負担してもらえるので、解約金の負担を少なくできるでしょう。

他社の解約費用が高額な場合には、ぜひご利用ください。

いつでも解約サポートで解約金無料

Broad WiMAXには、「いつでも解約サポート」という解約時のサポートサービスがあります。

このサービスを使ってBroad WiMAXがおすすめする回線に乗り換えれば、いつでも解約金0円で乗り換えることができます。

おすすめする回線には、例えば以下のようなものがあります。

  • ソフトバンク光
  • auひかり
  • So-net光プラス
  • ビッグローブ光
  • ブロードひかり
  • Yahoo!BB
  • BroadLTE

通信速度が遅い、月額料金が高いなどの理由で他の回線に乗り換えたくても、他の回線だと高額な解約料がかかることがあります。
しかし、Broad WiMAXの「いつでも解約サポート」を使えば、いつ解約しても解約料が0円になるので乗り換えやすいでしょう。

実質料金最安の窓口「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB WiMAX_4月

【GMOとくとくBBの概要】

データ容量 ギガ放題、7GB
使用回線 WiMAX2+
対応エリア 日本全国
契約期間 3年
下り最大速度 1.2Gbps
下り平均速度 ※1 32.13Mbps
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代 0円
キャンペーン内容 以下のどちらかが選べる
・キャッシュバック最大33,200円
・月額料金割引
月額料金 1~2ヶ月:3,970円
3~36ヶ月:4,690円
3年間実質料金 144,670円
3年間実質月額料金 3,910円

※1 2020年12月時点のみんそく「Speed Wi-Fi NEXT W06 × GMOとくとくBBの通信速度レポート」より
※価格は全て税込

実質料金の安さで選ぶなら、GMOとくとくBBがもっともおすすめです。
上記の全13社のプロバイダの実質料金比較表からもわかるとおり、WiMAXのプロバイダではGMOとくとくBBが最安です。
とにかく安く契約したいという方は、GMOとくとくBBから申し込みましょう!

安さ重視ならキャッシュバックキャンペーンがおすすめ

GMOとくとくBBでは、キャッシュバックと月額料金割引の2種類からキャンペーンを選べます。

実質料金の安さで選ぶなら、以下のとおりキャッシュバックの方がおすすめです。

【GMOとくとくBBキャンペーン比較】

キャンペーン内容 3年間実質月額料金 3年間実質料金 月額料金 キャッシュバック額
キャッシュバック 3,910円 144,670円 1〜2ヶ月:3,970円
3〜36ヶ月:4,690円
33,200円
月額料金割引 3,867円 143,065円 1〜2ヶ月:2,849円
3〜24ヶ月:3,679円
25ヶ月~:4,690円
3000円

キャッシュバックをもらうためには、キャッシュバック申請が必要です。
申請方法は、以下のとおりです。

キャッシュバックの受取手順
  1. 端末が届いた月から11カ月後にキャッシュバックの案内メールが届く
  2. 案内メールに従ってキャッシュバック申請をする
  3. 指定口座にキャッシュバックが振り込まれる

もらい忘れなしなら月額料金割引キャンペーンがおすすめ

キャッシュバックをもらうためには申請が必要ですが、申請時期は11か月後とかなり後です。
そのため、申請を忘れそうという方は月額料金割引を選ぶとよいでしょう。
もらい忘れることなく、確実に割引を受けられます。

1年以内の短期契約ができる「BIGLOBE WiMAX 2+」

BIGLOBE WiMAX 2+のトップページ

【BIGLOBE WiMAX 2+の概要】

データ容量 ギガ放題、7GB
使用回線 WiMAX2+
対応エリア 日本全国
契約期間 3年
下り最大速度 1.2Gbps
下り平均速度 ※1 37.76Mbps
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代 0円
キャンペーン内容 新規契約時に同時に端末購入でキャッシュバック
15,000円
月額料金 4,378円
3年間実質料金 165,028円
3年間実質月額料金 4,460円

※1 2020年12月時点のみんそく「Speed Wi-Fi NEXT W06 × BIGLOBEの通信速度レポート」より
※価格は全て税込

BIGLOBE WiMAX 2+はWiMAXのプロバイダの中で唯一、1年契約が可能なプロバイダです。
しかも、1年以内に解約しても解約金が1,100円と安く、1年後なら0円です。

そのため、引越す予定があるなど、他回線に乗り換える可能性がある場合におすすめです。

また、新規契約と同時に端末を購入すると、15,000円のキャッシュバックをもらえます。

ポケットWiFiのキャンペーン比較【クラウドSIM】

WiMAX以外だと、クラウドSIMのポケットWiFiがあります。
クラウドSIMのポケットWiFiのメリットや注意点、おすすめな人などについてご説明します。

クラウドSIMのポケットWiFiのメリットには以下のようなものがあります。

  • 月額料金が安い回線が多い
  • 3大キャリアの回線を使えるのでどこでも繋がりやすい
  • 通信制限がない
  • 海外でも使える

クラウドSIMのポケットWiFiの注意点は、以下のとおりです。

  • WiMAXよりも通信速度は遅め ※
  • 端末の性能がWiMAXより低い
  • 海外では通信制限にかかる可能性がある

※2020年12月時点のみんそく「本日のポケットWifi(モバイルルーター)の最速測定結果」より

クラウドSIMのポケットWiFiがおすすめなのは、以下のような人です。

  • データ容量を選びたい
  • 料金をできるだけ安くおさえた
  • どこでも繋がりやすい回線を使いたい
  • 海外でも使いたい

クラウドSIMのポケットWiFiを選ぶ際には、使うデータ容量ごとにぴったりの回線を見つけることをおすすめします。

ここでは、データ容量ごとに、実質料金の比較表をご紹介します。

お使いのデータ量に合わせて、もっとも実質料金が安いクラウドSIMを選んでください。

お得なキャンペーンを提供中!おすすめクラウドSIMポケットWiFi4社

上記でご紹介した実質料金が安いクラウドSIMのポケットWiFi4社は、それぞれお得なキャンペーンなども実施しています。
ここでは、それぞれのポケットWiFiのおすすめポイントやキャンペーン内容についてご紹介します。

月間20GB・40GBなら「ゼウスWiFi」がおすすめ

ゼウスWiFiのトップページ

毎月のデータ容量が20ギガ~40ギガ程度しか使わないという方には、ゼウスWiFiの20ギガか40ギガのプランが最安でおすすめです。

データ量 ポケットWiFi名 3年
実質月額料金
3年
実質料金
月額料金 キャッシュ
バック
端末代金 契約期間
20GB ゼウスWiFi
(20GB)
2,267円 83,886 2,178円 0円 0円 2年
20GB どこよりもWiFi
縛りあり(20GB)
2,597円 96,096 2,508円 0円 0円 2年
40GB ゼウスWiFi
(40GB)
3,037円 112,376円 2,948円 0円 0円 2年
50GB Ex Wi-Fi
(50GB)
3,037円 112,376円 2,948円 0円 0円 2年
60GB
(2GB/日)
縛りなしWiFi
(縛っちゃう・通常プラン)
(60GB)
2,919円 108,020円 3,080円 0円 0円 3年
40GB THEWiFi(ライト)
(40GB)
3,278円 121,286円 3,278円 0円 0円 2年

※価格はすべて税込

特に、キャッシュバックキャンペーンなどは実施していませんが、端末代金は0円ですし実質料金が安いので十分でしょう。
なお、2年間契約した後は、いつ解約しても解約事務手数料0円なのもうれしいですね。

月間50GBなら「EX WiFi」がおすすめ

Ex Wi-Fiのトップ画像

月間50GBほどのデータ量なら、「EX WiFi」がもっとも実質料金が安くおすすめです。

データ量 ポケットWiFi名 3年
実質月額料金
3年
実質料金
月額料金 キャッシュ
バック
端末代金 契約期間
50GB EX WiFi
(50GB)
3,037円 112,376 2,948円 0円 0円 3年
60GB
(2GB/日)
縛りなしWiFi
(縛っちゃう・通常プラン)
2,919円 108,020 3,080円 0円 0円 3年
40GB THE WiFi
(ライト)
3,278円 121,286円 3,278円 0円 0円 2年
40GB ゼウスWiFi
(40GB)
3,367円 124,586円 3,278円 0円 0円
60GB
(2GB/日)
MONSTER MOBILE
(60GB)
2,817円 104,236円 2,728円 0円 0円
90GB
(3GB/日)
MONSTER MONILE
(90GB)
3,367円 124,586円 3,278円 0円 0円 1年

※価格はすべて税込

特にキャンペーンなどは実施していませんが、月額料金はずっと変わらずプラン内容はとてもシンプルです。
キャンペーンなしでも十分安いので、データ量がぴったりならおすすめですね。

月間60~150GBなら「MONSTER MOBILE」がおすすめ

MONSTER-mobile

月間60~150GBなら「MONSTER MOBILE」の実質料金が安いので、おすすめです。

データ量  ポケットWiFi名 3年
実質月額料金
3年
実質料金
月額料金 キャッシュ
バック
端末代金 契約期間
60GB
(2GB/日)
MONSTER MOBILE
(60GB)
2,817円 104,236円 2,728円 0円 0円 1年
60GB
(2GB/日)
縛りなしWiFi
(縛っちゃう・通常プラン)
(60GB)
2,919円 108,020円 3,080円 0円 0円 3年
90GB
(3GB/日)
MONSTER MOBILE
(90GB)
3,410円 85,250円 3,278円 0円 0円 1年
100GB MugenWiFi
格安プラン
(100GB)
3,448円 127,566円 3,718円 0円 0円 2年
100GB どこよりもWiFi
縛りあり
(100GB)
3,807円 140,866円 3,718円 0円 0円 2年
100GB Ex Wi-Fi
(100GB)
3,807円 140,866円 3,718円 0円 0円 2年
100GB それがだいじWi-Fi
(100GB)
3,529円 130,586円 3,718円 0円 0円 2年
120GB
(4GB/日)
hi-ho Let’s Wi-Fi
(120GB)
3,605円 133,386円 1~14ヶ月目:3,278円
15ヶ月目~:3,828円
0円 0円 2年
150GB
(5GB/日)
限界突破WiFi
(150GB)
3,850円 142,450円 3,850円 0円 0円 2年
100GB ゼウスWiFi
(100GB)
3,873円 142,286円 1~3ヶ月:3,278円
4ヶ月~:3,828円
0円 0円 2年
実質無制限
(100GB)
EXWiMAX
(100GB)
4,094円 151,473円 1~2ヶ月目:1,494円
3~24ヶ月目:4,046円
25ヶ月目~:4,508円
0円 0円 3年
110GB THEWiFi
(ライト・110GB)
3,503円 129,624円 3,828円 0円 0円 2年
100GB 地球WiFi
(100GB)
4,467円 165,286円 4,378円 0円 0円 3年
210GB
(7GB/日)
hi-ho Let’s Wi-Fi
(210GB)
4,455円 164,846円 1~6ヶ月目:3,278円
7ヶ月目~:4,730円
0円 0円 2年
150GB
(5GB/日)
MONSTER MOBILE
(150GB)
3,917円 144,936円 3,828円 0円 0円
100GB ゼウスWiFi
(100GB)
4,797円 177,496円 4,708円 0円 0円

※価格はすべて税込

上記の実質料金比較表を見てもわかるとおり、月間60~150GBでは「MONSTER MOBILE」が最安です。

MONSTER MOBILEは1日ごとにデータ量の上限が決まっています。
そのため、毎日利用するデータ量が決まっているなら、MONSTER MOBILEがよいでしょう。

また、契約年数は1年なので、短期間で乗り換える予定がある場合も安心です。

実質月間210GBなら「hi-ho Let’s Wi-Fi」がおすすめ

hi-ho Let's Wi-Fi

「hi-ho Let’s Wi-Fi」の通常プランなら、1日7ギガで月間210ギガ使えます。

ここまで大容量のポケットWiFiはほかにありません。

【hi-ho Let’s Wi-Fi】

プラン名 データ量 3年間の実質月額料金 月額料金
通常プラン 210ギガ
(1日7GB)
4,455円 1~6ヶ月目:3,278円
7ヶ月目~:4,730円

※価格はすべて税込

月額料金は2か月目まで割引され、3か月目以降はずっと変わりません。

またLet’sお試しキャンペーンを開催中で、月額料金の割引に加え、30日間返金保証も実施しているので、試してみたいという方に最適です!

こんなポケットWiFiのキャンペーンには注意!

ここまでご説明した通り、ポケットWiFiにはお得なキャンペーンが用意されています。
しかし、中には注意が必要なキャンペーンもあります。

ここでは、できるだけ利用を避けた方が要注意のキャンペーンについてご説明します。

現金でキャッシュバックされない

キャッシュバックキャンペーンはあっても、現金キャッシュバックではない場合は要注意です。

特定のサービスのポイントや商品券の場合、普段全く使わないポイントや店舗の商品券だと使い勝手が悪いです。

よく使うポイントや商品券ならよいですが、全く使わないものなら避けた方がよいでしょう。

キャッシュバックまで時間がかかりすぎる

キャッシュバックを受け取るまでに時間がかかりすぎる場合も問題です。

キャッシュバックの申請時期が利用開始した1年後などと言う場合、申請を忘れてしまう可能性があります。

せっかくキャッシュバックをもらうためにそのポケットWiFiを選んだのに、肝心のキャッシュバックをもらえなかったら意味がありませんよね。

利用開始後半年以上経たないとキャッシュバック申請ができないのでは、さすがに待つ期間が長すぎです。

リマインダーに登録しておく、カレンダーに書いておくなどして絶対に忘れないという場合はよいですが、忘れそうという方は、避けた方がよいでしょう。

確実に申請できるという場合以外は、このような申請までに時間がかかるキャンペーンではなく、確実にもらえる月額料金割引を選ぶことをおすすめします。

キャンペーンの適用にオプションや複雑な手続きが必要

キャンペーンを利用するためにオプションの加入や複雑な手続きが必要など、適用条件が厳しすぎるキャンペーンは避けましょう。

例えば、オプション加入が必須なキャンペーンです。

いくつもの有料オプションに加入しないとキャッシュバックがもらえない場合、オプションの月額料金を支払うことでキャッシュバック額を超えてしまうかもしれません。

これでは、まったくお得ではありませんね。

また、最初の問い合わせ時に即申し込みをしないとキャンペーンを利用できないなどというケースもあります。

エリア確認や不明点について聞くためなどで問い合わせた場合、後で申し込んでもキャンペーンの適用外になるなどというケースです。

この場合、せっかくそのポケットWiFiを申込んでもキャンペーンが使えないため、まったくお得ではありません。

ほかにも、友達を二人以上紹介しなければならない、などの条件は達成が困難なので避けましょう。

このように、いくらキャッシュバック額が高額でも、適用条件が厳しいキャンペーンは危険です。

契約した後にキャンペーン適用外でキャッシュバックがもらえないということもあり得ます。

そのため、このような適用条件が厳しすぎるキャンペーンは避けた方がよいでしょう。

店頭で契約するとキャンペーン内容が薄くなりがち

ポケットWiFiの申込時には、必ずWeb申込窓口から申し込みましょう。

店頭や電話で申し込むと、キャンペーン内容が薄くなることがあるからです。

店舗や電話などで申し込む場合、人件費や実店舗の費用などがかかるため、キャンペーンの還元額が低くなりがちです。

一方、Web申込なら人件費や店舗運営費用などがほとんどかからないため、その分キャンペーン内容が手厚くなります。

そのため、Web窓口のキャンペーンがもっとも充実しているのです。

また、キャンペーンの中にはWeb申し込み限定というものもあるため、必ずWeb申し込みをしましょう。

今回ご紹介している窓口は全てWeb窓口ですので、ここでご紹介した窓口から申し込めばお得に契約できますよ。

高額すぎるキャッシュバックには裏がある可能性

高額すぎるキャッシュバックには要注意です。

キャッシュバック額の中に、実際にもらえるキャッシュバック額以外のものが入っている可能性が高いからです。

端末無料などの他のプロバイダでは当たり前になっている項目が還元額に含まれている、いわゆる水増しが疑われます。

キャッシュバックの詳細をしっかり確認しましょう。

キャンペーン以外にも注目!ポケットWiFiを選ぶ際のチェックポイント

キャンペーン以外でポケットWiFiを選ぶ際の重要なチェックポイントについてご説明します。

実質料金が安いか

キャンペーン内容や月額料金の安さだけにとらわれてはいけません。

これらをすべて計算した実際に支払うことになる「実質料金」で比較しましょう。

今回ご紹介した各社は実質料金の安さも考慮してご紹介しています。

利用環境がエリア内になっているか

回線がつながらないと意味がないので、必ず利用環境がエリア内になっていることを確認しましょう。

自宅はもちろん、オフィスやよく出かける場所が対応エリアに入っているか、エリア確認ページで確認してください。

実測速度がしっかりと出るか

最大速度ではなく、実測速度を確認しましょう。

みんそくなどの速度評価サイトや、Twitterなどの口コミなどを参考にしてください。

ポケットWiFiの申し込み手順

ポケットWiFiを申込んでから利用開始するまでの手順をご紹介します。

①対応エリア確認をする

まずは、対応エリアの確認をしましょう。
利用するエリアが対応エリアに入っていないと、使えません。

ポケットWiFiのサイトの対応エリア確認ページに、住所や郵便番号などを入力して確認しましょう。

結果が「〇」ならOKです。
もし、結果が「△」や「×」でも、個別に問い合わせると対応してくれる場合もあるので、問い合わせてみてください。

②申込む

Web窓口の「お申し込み」などのボタンを選び、入力フォームに必要事項を記入します。
なお、Webからの申し込みでないとキャンペーンを使えない場合もあります。
そのような場合は、必ずWeb申し込みをしましょう。

③端末が届いたら設定をして利用開始

端末が自宅に届いたら、説明書通りに設定をしましょう。
SIMカードを端末にセットして電源を入れ、通信を行いたい機器の設定をするだけです。

まとめ

この記事では、ポケットWiFiの各社比較やおすすめのポケットWiFi、ポケットWiFiの選び方、申し込み方法などをご紹介しました。

WiFiとクラウドSIM系WiFiのおすすめプロバイダは、それぞれ以下のとおりです。

ポケットWiFiを選ぶ際は、キャンペーン内容はもちろん、実質料金や対応エリアなどをしっかりと確認して自分に合った回線を選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました