連載

2018/06/27 07:00:00

人の印象は55%「見た目」で決まる

- PR -

「メラビアンの法則」をご存知だろうか。アメリカの心理学者アルバート・メラビアンの研究によると、話し手が聞き手に与える影響のうち、「言語情報(話している内容)」が7%、「聴覚情報(話し方、声のトーンなど)」が38%、「視覚情報(容姿、立ち振舞いなど)」が55%で構成されているのだと言う。つまり、どんな素晴らしいトークを繰り広げても、身だしなみがだらしなかったり姿勢が悪かったりすると、相手の受ける印象は半減してしまうのだ。では、「良い印象を与える立ち居振る舞い」とはどのようなものなのか? 企業向けに「接遇&マナー研修」などさまざまな研修サービスを提供する、ANAビジネスソリューションの川上美佐子さんにお話を伺った。

連載一覧

第8回 スマートなジャケットの着脱って? 振り回して着るのはNG
第7回 気が付いたらヒザが開いている…!? 美しい座り方とは
第6回 案内するときから第一印象のカウントダウンは始まっている?
第5回 話す姿勢で印象が変わる!? 商談時の座り方も意識してみよう
第4回 良いプレゼンは立ち姿勢から - 聞き手の信頼度を上げるコツとは?
第3回 印象に残る丁寧なお辞儀とは?
第2回 名刺は低く出す! は間違い? 美しくスマートな名刺交換の仕方
第1回 第一印象は最初の「15秒」で決まる! 良い印象を与える立ち方、歩き方とは