レビューした製品を高確率で購入してしまっている物欲系ガジェットライター・ジャイアン鈴木です。

その理由は製品貸出スケジュールの意外な短さ。ほとんどの製品の貸出期間は1週間。2週間~1カ月ほどお借りできる場合もありますが、超人気商品の場合は逆に3日間と短いこともあるんです。というわけでじっくり試用してみたい製品は、辛抱たまらず買っちゃっているわけですね。多くの仕事が大赤字です。

そんな筆者に、マイナビニュースから、家電お試しサービス「Rentio(レンティオ)」を体験してみないか? ……という依頼がありました。と言うわけで今回は、利用者目線でレンティオを試してみますよ!

  • 「レンティオ」で過剰な物欲を解消できるのでしょうか?

家電お試しサービス「レンティオ」はどんなサービス?

レンティオは「どんな製品も買わずに試せる」がキャッチコピーの、家電、ガジェットレンタルサービス。カメラ、キッチン家電、掃除家電、美容家電などなど3,000種類以上の製品をレンタルして、心ゆくまで試すことが可能です。

  • これはレンティオのトップページ。発売されたばかりの製品は先頭に表示されるので要注目

  • 3,000種類以上の製品をレンタル可能。ウェアラブル端末、VRゴーグル、ドローン、ロボットなど、筆者が大好物の最新ガジェット類もそろっています

レンティオは身分証なしで利用可能とお手軽。ネットで17時までに注文すれば、最短で翌日に到着します。急に必要になった機材も、通販サイト感覚で素早くレンタルできるわけです。

期間について

レンタル期間は製品ごとに3泊4日、7泊8日、14泊15日などが設定されており、1日単位で調整できます。レンタル中の延長手続きにも対応していますが、貸出状況によっては延長できない場合もあります。早めに手続きしておきましょう。また、数カ月にわたってレンタルできる月額プランも用意されています。

送料、補償について

レンタル料には往復の送料が含まれています。また、万が一、落下や水没などの過失によって破損した場合でも、修理費は原則2,000円までしかかかりません。わかりやすい料金体系ですね。

紛失、盗難については製品の販売価格の100%を上限とする金額が請求されますが、海外旅行中の場合はクレジットカードやツアー会社の携行品保険で負担金の大部分を精算できているとのことです。

返却について

レンタル品の返却は、期限日の24時までにコンビニや宅配店に持ち込めばOK。集荷を依頼しても追加料金はかかりません。大型製品を苦労してコンビニや宅配店に持ち運ぶ必要はないわけです。

  • 故障、不具合、紛失時の対応についてはサポートページに詳細が記載されています。海外旅行中の盗難、紛失の保険金申請に必要な書面はレンティオが用意するとのこと。万が一の際には急いで連絡しましょう

「レンタル期間の設定」以外は通販サイトとほぼ同じ流れで借りられる

レンティオの製品レンタルまでの流れは、
①アカウント登録、②新しい配送先住所の登録、③クレジットカードの新規登録、④製品の選択、⑤レンタル期間の設定、⑥レジに進む、⑦住所・配送日時の選択、⑧注文内容の確認・確定……となります。
「レンタル期間の設定」以外は多くの通販サイトとほぼ同じ。迷うことはないですね。

しいて注意点を挙げるなら、複数製品を同時にレンタルする場合、すべての製品のレンタル可能期間が合致している必要があります。もしレンタル可能期間が合わない場合には、注文を複数回に分けるか、レンタル期間をうしろにずらして調整しましょう。

①アカウント登録

  • トップページから「マイページ→アカウント登録」と進み、メールアドレスとパスワードを入力して新規アカウントを登録します。Amazonのアカウントがあれば、そのまま簡単にログインすることが可能です

②新しい配送先住所の登録

  • トップページから「メールアドレス→配送先住所の管理→新しい配送先住所を登録」と進み、郵便番号、住所、名前、電話番号を入力。配送先住所は複数登録可能です

③クレジットカードの新規登録

  • トップページから「メールアドレス→クレジットカードの管理→新しい配送先住所を登録」と進み、クレジットカードを新規登録。なお、支払い方法はクレジットカード以外に、NP後払い決済、Amazon Pay、請求書払い(後払い)を利用可能。ただし、請求書払いは法人、個人事業主のみです

④製品の選択

  • いよいよレンタルの開始。ジャンルから探すか、製品名やキーワードで検索して、お目当ての製品を選びます

⑤レンタル期間の設定

  • 製品ページで「いますぐレンタル予約」を押すと、レンタル期間、数量、カラーを選べます。標準より短いレンタル期間を設定できますが、その場合でも料金は変わりません。レンタル期間を延長した場合は、日数に応じてレンタル料金が変わります。最後に「カートに入れる」を押せば、1製品のレンタル予約が完了。複数製品を借りる場合には同じ手順を繰り返します

⑥レジに進む

  • レンタルする製品がすべて決まったら、「カート」をクリックしてショッピングカートを開きます。なお今回、1製品のレンタル可能期間が1月1日からだったので、すべての製品のレンタル期間を同じ期間に合わせました

⑦住所・配送日時の選択

  • レンタル期間が決まったら、配送先の住所、日時を指定します。ちなみに配送業者はヤマト運輸なので日時は細かく設定可能。「クロネコメンバーズ」に登録していれば、いったん「時間指定なし」に設定しておいて、ヤマト運輸から「お荷物お届けのお知らせ」メールが届いた段階で、都合のいい時間を指定できます

⑧注文内容の確認・確定

  • 最後に注文内容を確認したら、「注文を確定する」を押してレンタル予約が終了。あとは届くのを待つだけです

梱包方法は? 製品のコンディションは?

レンタル品ということで、どのように梱包されており、どの程度のコンディションなのか気になっていましたが、今回借用した4製品については梱包が丁寧で、状態もよかったです。「SIXPAD Foot Fit 2」だけが新品でしたが、ほかの3製品についてもフリマサービス風に言えば「未使用に近い」という状態でした。

とはいえ、レンティオのレンタル品は、断りがないかぎりは基本的には使用品です。製品によっては状態も異なるはずです。到着したらできるだけ早く、同梱品がすべてそろっているか、キズなどがないか、正常に動作するか確認することをおすすめします。

  • 4製品が3箱に分けられて到着しました

  • 到着したらできるだけ早く、同梱品がすべてそろっているか、キズなどがないか、正常に動作するか確認しましょう。正常に動作しない場合にはサポートに連絡すれば代替品を手配してもらえます

  • まれに、パッケージに戻すのがパズル並みに難しい製品があります。スムーズに元通りに仕舞えるように、到着時の状態を写真に撮っておくとよいですよ

  • 今回借りた4製品のなかで、「BOOX Nova Air」のみ元箱には入っておらず、ビニール製のスリーブに収納されていました

今回は気になる4製品をレンタルしてみました

さて、せっかく4製品もレンタルしてみたので、ここでは一言レビューをお届けいたします。

Atmoph Window 2 [Basic]

最初の「Atmoph Window 2 [Basic]」はインターネットに接続し、世界中の風景を27インチフルHDディスプレイに映し出すスマートディスプレイです。発表時に非常に惹かれたのですが、ちょうどいい設置場所がなく、泣く泣く見送ったガジェットです。

セットアップは単体で可能で実にイージー。Googleカレンダーや天気を表示するなど実用的な機能も便利そう。タッチ対応になったら即買いしそうです。

Atmoph Window 2 [Basic]

直販価格49,280円
→14泊15日レンタル:7,000円、月額レンタル:4,800円/月(最低3カ月利用)
>>詳しくはこちら<<

HUAWEI X GENTLE MONSTER Eyewear II

「HUAWEI X GENTLE MONSTER Eyewear II」は、セミオープンスピーカー、シリコンマイク、タップ・ピンチ・スワイプセンサーを備えたアイウェア。指向性のあるダイナミックドライバーユニットを左右に内蔵しており、クリアなサウンドで音楽を楽しめます。

ただ、セミオープンスピーカーということでかなり盛大に音漏れするのが玉にキズ。もちろんアイウェアなので装着性も気になるところ。こういう製品こそ購入前にレンタルで試したいですね。

HUAWEI X GENTLE MONSTER Eyewear II

直販価格43,780円
→14泊15日レンタル:7,480円、月額レンタル:4,500円/月(最低3カ月利用)
>>詳しくはこちら<<

SIXPAD Foot Fit 2

「SIXPAD Foot Fit 2」は足の筋肉を鍛えるトレーニングギア。SIXPADの製品は以前から気になっていたので、ちょうどいい機会ということでレンタルしてみました。低周波治療器の兄貴分ぐらいのパワーかなと想像していましたが、最大出力だとけいれんをこらえきれないほど強力に筋肉を伸縮、刺激してくれますね。

ただ筋力向上にどのぐらい効果があるかは現時点では未知数。返却日ぎりぎりまで試用して、効果は筆者のTwitterなどでご報告します。

SIXPAD Foot Fit 2

直販価格42,000円
→14泊15日レンタル:7,980円、月額レンタル:3,600円/月(最低3カ月利用)
>>詳しくはこちら<<

BOOX Nova Air

「BOOX Nova Air」は7.8インチのE Inkディスプレイを採用したタブレット端末。OSに「Android 10」を搭載しており、Google Playも使えるという点が、電子書籍専用端末に対する大きなアドバンテージです。またデジタイザーペンを側面に磁力で固定できるようになったのも大きな進化点です。

ただし、E Inkディスプレイで一般的なAndroidアプリを使うと、かなりユーザー体験が異なるんですよね。動画レビューを見るだけでは操作感まではわかりくいので、本製品も一度レンタルで試すことがおすすめです。

  • 「ナナのリテラシー1」(著:鈴木みそ)より ※許可を得て掲載しています

BOOX Nova Air

直販価格43,800円
→14泊15日レンタル:5,480円、月額レンタル:5,000円/月(最低3カ月利用)
>>詳しくはこちら<<

レンティオを初めて利用した率直な感想

さて、本題に戻り、レンティオを初めて利用した感想ですが、とにかくスムーズに借りられるというのが率直な感想です。「ヘルプ」どころか「ようこそ」すら読まずに製品をレンタルしましたが、特に迷うことはありませんでした。よくできた通販サイトと同様の、こなれたインターフェイスを実現していると感じました。

また、返却用の伝票だけでなく、再梱包のためのテープも同梱されている点には唸らされました。メーカーからの貸出機に着払い伝票が入っていることはたまーにありますが、さすがにテープが入っていたことはこれまで一度もありません。テープを常備していない一部のユーザーのために、テープを用意しておくという配慮は、なかなかできることではありません。

  • クリアファイルには、ご利用ガイド、同梱品リスト、返送用着払い伝票、再梱包用テープ、ちらしが入っていました

じっくり試用したい製品を借りられると便利だなーと思いつつ、レンティオを試してみましたが、予想以上にラインナップが充実していることに驚かされました。筆者はこれまで購入した製品を短期間で売却し、つぎの製品の購入資金として充当することを繰り返してきましたが、購入する製品の半分をレンティオに切り替えるだけで、かなり出費を減らせそうです。

また、個人的には今後カメラ製品のレンタルでお世話になることが増えそうです。筆者はいまミラーレス一眼を2台所有していますが、1台は故障したときのためのバックアップで、普段は防湿庫に仕舞ったままです。レンティオですぐ借りられるのなら、バックアップは手放してもいいかなーと思いました。利用頻度の低いレンズやアクションカメラを使いたいときにも重宝しそうです。

お試し利用後、追加料金を払えばそのまま購入も可能とのこと。また、月額プランなら一定期間レンタルすれば、そのまま自分のものにできるそうです。分割で製品を購入するのと同様の考え方ができます。

もちろん今年も物欲系ガジェットライターとして、微力ながら経済を回していくつもりですが、さらに多くの魅力的なガジェットを体験するため、レンティオを有効活用したいと思います。

マイナビニュース限定! レンタル代が10%OFFになるお得なクーポン

「mynavinws10」というクーポンコードを入力すれば、レンタル代が10%オフになるキャンペーンを期間限定で実施中です。3,000種類以上の製品のなかには、皆さんが気になる家電、ガジェットがきっとあるはず。お得な期間中にぜひお試しください。

【クーポンコード】mynavinws10
【有効期限】2022年3月31日(木)注文完了分まで
【注意事項】月額プランの場合は初月のみ対象/他クーポンとの併用不可/特別プランや商品購入等は対象外

使い方その1
Rentio(レンティオ)でレンタルしたい商品のページからお届け日を選択し、カートに入れる

使い方その2
ショッピングカート画面を開き、「レジに進む」を押す前に「クーポンコードを使う」を押してクーポンコードを入力

使い方その3
クーポンコード【mynavinws10】と入力すると割引が適用された金額が表示され、10%OFFに

「レンティオ」詳しくはこちら →

[PR]提供:レンティオ株式会社