平日の疲れは週末に思い切り遊んで解消したい! それも女子ではなく、気兼ねしなくていい男友達と人で気軽に楽しみたい。カラオケやサシ飲みもいいけれど、そればかりだと飽きてしまう……。

そんなときにおすすめしたいのが、男子2人の日帰り旅行。そして、今アツいのが府中なんです! 都内から電車でサクッと行ける府中は、実は楽しさ満載の町。今回は、男子2人で府中のおすすめスポットを回ってみることにしました。

SPOT 1
「大國魂神社」で楽しい旅行を祈願

最初に訪れたのは「大國魂神社」。京王線「府中」駅やJR南武線・武蔵野線「府中本町」駅から徒歩約5分の場所に位置する、長い歴史を持つ神社です。

まずはこちらで、この日のプチ旅行が楽しめるように。東京五社のひとつに数えられ、およそ1900年の歴史を持つといいます。また、1年間に400近いお祭りや行事が開かれているそうです。

鳥居をくぐって境内に入ったら、手水舎で心身を清めます。やり方は書いてあるので、その通りに真似をすればOK。両手を清めてから口をすすげば、気持ちも晴れやかに。

そして拝殿へと進み、お賽銭を入れたら拝礼します。いつもと違う一日の始まりになんだかワクワクしてきました!

大國魂神社
〒183-0023 東京都府中市宮町3丁目1 (Google Map)
TEL:042-362-2130
開門時間:6時30分~17時(9月15日~3月31日)
6時~18時(4月1日~9月14日)
ご祈祷:9時~16時
御朱印受付:9時~17時
公式サイトはこちら▶

SPOT 2
白熱のバトル! 「ボートレース多摩川」

厄を落とした後は、次の目的地へ移動します。せっかく府中に来たのなら、外せないのが「ボートレース多摩川」です!

ボートレース場には100円あれば入場可能。いきなりレースを楽しんでもいいのですが、初心者はまず施設内を散歩してみましょう。実は、ボートレース場にはいろいろなお楽しみスポットがあるのです。

たとえばこちらは「福狸」と呼ばれる狸像。開運に関する様々な意味が込められている像なので、一緒に記念撮影すればこのあとのレースでも福がやってくるかも……?

そして、レースが行われるアプローチスペースへ。水面に面しており、迫力たっぷりのレースを水しぶきがかかるかと思うほど近くで見られます。

このほかにもレースを楽しめる席はたくさん! 開放的な屋外のスタンド席や、エアコンや背もたれつきシートが完備された一般席。さらには500円で入場でき、ゆったりとしたシートで観戦できる指定席まで! その日の気分に合わせて好きな席を選び、レースを楽しみましょう。

ボートレースは知識がなくても楽しめます。6艇のボートがゴールする順番を予想して、専用のマークシートに記入し、舟券を購入するだけ。1通りにつき100円から遊べるので、いろいろな組み合わせで予想してみても楽しそう。

各選手の勝率といったデータは公開されているので、そちらを参考にいざ投票! データをもとに予想するのがボートレースの面白いところです。

少し遊んだらもうお昼。気づけばお腹がペコペコです。 「ボートレース多摩川」にはお食事処もたくさんあるので、多摩川グルメをいただきましょう。

まずは1階の「ウェイキー」。「牛炊」と呼ばれる雑炊は、牛肉と野菜をじっくり煮込んだスープが絶品なんです! 大人気の名物メニューなので、初めて訪れた際にはぜひ食べてみてください。また、肉厚なカツが濃厚なルーと絡み合った「カツカレー」もおすすめです。

こちらもおすすめなのが、4階「緑水亭」の「ビーフシチュー」。じっくり煮込んだお肉はトロトロで、本格的な洋食が楽しめます。ボリュームもたっぷり!

このほか、「ボートレース多摩川」ファンクラブの受付がある「ウェイキープラザ」や様々なイベントが開催されているイーストスクエア「風」、和食と惣菜が楽しめる「彩り亭」、「女性・子供ルーム」など場内は大充実! 快適な空間で手に汗握るレースを楽しみましょう!

ボートレース多摩川
〒183-0014 東京都府中市是政4丁目11 (Google Map)
TEL:042-369-1811
公式サイトはこちら▶

◆全国のボートレース場やイベント情報を紹介中!
「ボートレースイベントナビ」
パソコン版はこちら▶
スマートフォン版はこちら▶

SPOT 3
鯉たちが迫りくる! 「府中へら鮒センター」

ボートレースですっかり熱くなった2人。「次は自分たちの身体でも勝負がしたい!」ということで「府中へら鮒センター」へ訪れました。こちらは手ぶらでも釣りが楽しめるフィッシングセンターとのこと。

受付を済ませたら、釣り竿や餌など用具一式をレンタル。へら鮒釣りと鯉釣りが選べます。へら鮒は釣り竿を持参する必要があるので、初心者なら鯉がおすすめです。

釣り堀に着いたら、さっそく釣りスタート! 針に餌をつけて釣り堀へ入れます。コツは“餌を針が隠れる程度に少量つけること”。しばらく待っていると……おっ! きた! グイッと引っ張られる感覚が! 釣り竿を持ち上げると、見事に鯉が釣れました!

府中へら鮒センター
〒183-0026 東京都府中市南町2丁目19-5 (Google Map)
TEL:042-368-2418
営業時間:7時~16時(10月~3月)
     7時~4時30分(4月~9月)
公式サイトはこちら▶

SPOT 4
冷たいビールが身体にしみる……
「サントリー 〈天然水ビール工場〉東京・武蔵野ブルワリー」

夢中になって遊んでいると、喉がかわいてきました。喉を潤すには……やっぱりビール!

実は、府中には「サントリー 〈天然水ビール工場〉東京・武蔵野ブルワリー」があるのです。こちらでは、ガイドツアーに参加してビールの製造工程を学びましょう。

最後にはお楽しみの試飲タイムも! ボートレースや釣りで程よく疲れた身体に流し込む一杯は、まさに“最高”としか言いようがありません。

サントリー 〈天然水ビール工場〉東京・武蔵野ブルワリー
〒183-0025 東京都府中市矢崎町3丁目1 (Google Map)
TEL:042-360-9591
公式サイトはこちら▶

SPOT 5
一日の疲れをほっこり癒やそう 「稲城天然温泉 季乃彩」

すっかり気分が良くなった2人は、最後の目的地へ。 一日の疲れと汗を流すべくやってきたのは、「稲城天然温泉 季乃彩」です。

こちらは源泉かけ流しの天然温泉で、露天風呂や岩盤浴、サウナなど設備が充実。さらには整体や足つぼ、韓国式マッサージなどのリラクゼーションメニューも楽しめるうえ、お食事処では旬の食材を厳選した豊富なメニューが用意されています。

目の前には多摩川の壮大な景観が広がっています。展望の間やテラスでゆったりとした時間を過ごした二人は、最後にお土産コーナーを物色。お土産をたんまり買って温泉を出ると、あたりはもうすっかり暗くなっていたのでした。

稲城天然温泉 季乃彩
〒206-0803 東京都稲城市向陽台6丁目13 (Google Map)
TEL:042-370-2614
営業時間:【平日】9時~25時(最終受付:24時)
【土日祝】7時~25時(最終受付:24時)
公式サイトはこちら▶

+++

様々なスポットを一日で回れる府中は、週末の気軽な男旅にぴったり! ぜひみなさんも、気の置けない友達を誘ってみてください。

また、「ボートレースイベントナビ」では全国のレース場やイベントを紹介しています。 レース場ごとに特色があるので、全国各地を巡ってみるのも楽しいもの。気になった方はぜひ調べてみてはいかがでしょうか。
パソコンの方はこちら。スマートフォンの方はこちら

[PR]提供: BOATRACE振興会