更新

外壁の緑コケはどのように落とす?掃除や予防方法を紹介

野原考生 記事の編集責任者 野原考生

全国4,000社以上の施工店が加盟する、国内最大級の外壁塗装専門サイト「外壁塗装の窓口」を運営。自身も外壁塗装、屋根塗装における豊富なリフォーム施工経験を活かして、株式会社ドアーズの専任リフォームアドバイザーとして年間約5,000人にカウンセリングを実施。2021年1月に日本マーケティングリサーチ機構による「担当者が信頼できる外壁塗装無料相談サイト」においてNo.1を獲得。施工の専門家として、一人でも多くのお客様に『お客様の家に合った外壁塗装』の提案を心がけている。
プロフィール詳細はこちら

一般社団法人全国住宅外壁診断士協会 外壁アドバイザー認定(A-01587-21)
一般社団法人JACKグループ 施工責任者認定(JGM000539)
株式会社ドアーズ外壁塗装の窓口 運営会社) リフォームアドバイザー
ポート株式会社(東証マザーズ上場企業:証券コード7047)所属

外壁に発生する緑コケ。見た目が気になるものの、どのようにお手入れすれば良いかわからない方も多いのではないでしょうか?

緑コケを放置しておくと、外壁の腐食や寿命を縮める原因になります。緑コケの除去は、住宅を長持ちさせるための大切なメンテナンスです。

この記事では、緑コケの正しい掃除方法や、緑コケを予防する方法を紹介します。手遅れにならないよう、ぜひ参考にしてください

外壁に緑コケが発生する原因は?

外壁に緑コケが発生する原因は?

気づいた時には発生している緑コケですが、なぜ外壁についてしまうのでしょうか?ここでは、緑コケが外壁に発生する原因を解説します。

胞子が飛ばされてくる

緑コケが発生する主な原因は、緑コケの胞子の付着です。飛ばされてきた胞子が外壁に付着し、根を張ることで緑コケが広がります

特に、緑コケは森や庭などの自然が多い場所に生息しているため、住宅の近くに自然豊かな場所があると胞子が飛んできやすいです。緑コケだけでなく、カビなどの菌類も同様です。

周囲に自然が少ないように見える都心部でも、緑コケが発生するケースはあります。緑コケは、下水や川、他の建物の外壁などでも繁殖するため、どこにでも発生すると考えるのが妥当です。

湿気を吸収して成長する

胞子が付着しただけでは、緑コケは育ちません。植物や菌には水分が必要で、十分な水分や湿気を摂取することで根を張り成長します。特に、日当たりや風通しの悪い場所は湿気が多く、緑コケが繁殖するのに適した環境です。

他にも、川や池などの水場、草木などの自然が多い場所が近くにあると、湿度が高くなるため緑コケが成長しやすいです。

「優良施工店」の紹介をして欲しい!
相場を知りたい!

匿名で無料診断を受ける

緑コケによる劣化症状3つ

緑コケによる劣化症状3つ

緑コケの繁殖を放置すると、外壁にダメージを与え劣化させてしまいます。ここでは、緑コケが外壁にどのような影響を与えるのかを解説します。

①建材を腐らせる

緑コケを放置することで起きる最大の問題は、建材を腐らせることです。緑コケは水分を多く含んでいるため、建材を常に湿らせ腐らせてしまいます。建材が腐ると耐久性が下がり、さらなるトラブルにつながりかねません。

他にも、緑コケを放置することでサイディングボードが反ってしまったり、塗料が剥がれたりなど、さまざまな問題が生じます。

②カビも発生する

緑コケを放置しておくと、カビも発生するようになります。カビも湿気が多い環境を好むため、緑コケと一緒に成長してしまうのです。カビも外壁の耐久性を低下させるため、緑コケとカビの相乗効果により、外壁がさらに早く劣化していきます。

他にも、カビや緑コケの胞子によって、アレルギー性鼻炎などの健康被害が出る場合もあります。住まいが原因で起こるシックハウス症候群につながりかねないので、注意しましょう。

>>外壁のカビ取りの方法を解説!原因や予防方法も紹介

③どんどん繁殖してしまう

緑コケを放置しておくと、胞子を飛ばしながら成長します。飛んだ胞子は別の外壁に付着し、被害の拡大を招いてしまうのです。

広がった緑コケは、到底個人で対処できるものではなく、業者に掃除や張り替えを依頼しなければなりません。大掛かりな作業が必要にならないよう、定期的に掃除することが大切です。

外壁についた緑コケの掃除方法

外壁についた緑コケの掃除方法

外壁に緑コケが生えていたら、どのように対処したらよいのでしょうか。ここでは、緑コケが生えた外壁の掃除方法を紹介します。

①中性洗剤を使った掃除方法

自分で掃除する場合は、薄めた中性洗剤を使って緑コケを除去します。緑コケを掃除するための専用洗剤も販売されていますが、台所用の中性洗剤で十分です。スポンジに洗剤をつけて、優しくこすり洗いをしてください。

自分で外壁を掃除する際には、強くこすらないように注意しましょう。強くこすると塗装まで剥がれてしまいます。また、掃除をするときには、手が荒れてしまうのを防ぐためにゴム手袋を着用するのがおすすめです。

高い場所を掃除する際は、伸縮性のあるブラシを使います。脚立やはしごを使って掃除する方法もありますが、危険なのであまりおすすめできません。自分で掃除するのが難しい場合は、無理をせず業者に依頼してください。

②塩素系漂白剤を使った掃除方法

中性洗剤の代わりに、塩素系漂白剤でも緑コケは落ちます。強力な洗剤なので、緑コケを根元から枯らして根絶可能です。特別な洗剤を用意する必要はなく、台所用の漂白剤で問題ありません。

使用する際には、塩素系漂白剤を水で薄めたものをスプレーボトルに入れ、直接緑コケに吹きかけます。約10分放置すると簡単に落とせるようになるため、ブラシやスポンジで軽くこすり落とし、水で洗い流すだけです。

ただし、漂白剤は塗装を痛めやすいので注意が必要です。掃除後は塗料が変色したりや剥がれたりするため、塗装し直す必要が生じるケースもあります。また、漂白剤は人体にも悪影響があるため、必ずゴム手袋を装着して掃除しましょう。

③高圧洗浄機を使った掃除方法

③高圧洗浄機を使った掃除方法

高圧洗浄機なら、水圧で緑コケを簡単にそぎ落とせます。洗剤も不要で、スポンジでこする手間も必要ありません。広範囲をまとめて掃除ができ、時間の節約になるのもメリットです。

ただし、水圧が強すぎるため塗装を痛める恐れがあります。漂白剤と同様に、掃除後は塗装が必要です。自分で高圧洗浄機を使って清掃する際には、レンガやブロックなど塗装をしていない場所の掃除にのみ使用しましょう。

>>外壁塗装の高圧洗浄とは?

④業者に依頼する

緑コケがなかなか落ちない場合や範囲が広い場合、高所の掃除が必要な場合などは、業者に依頼しましょう。個人で行うと、塗装を剥がしてしまったり転落したりなどのリスクがあります。余計な手間を増やさないためにも、速やかに業者に依頼しましょう。

加えて、緑コケの掃除だけでなくカビや雨だれなどの掃除もしてもらえるので、住宅を徹底的に綺麗にできます。

自分で作業するより費用はかかりますが、誤った掃除方法で外壁を傷つけてしまったときのメンテナンス費用と比べるとそれほど高くありません。自分で掃除ができるか不安に感じたら、まずは業者に相談することをおすすめします。

外壁アドバイザー 野原
外壁アドバイザー 野原

手の届く範囲の掃除であれば、ご自身でやっていただいても全く問題ないですが、2階部分や屋根などの高所作業が発生するような掃除を伴う場合は、迷わず業者に掃除を依頼した方がいいでしょう。また、緑コケが生えてきているような状態であれば、そもそも外壁の塗装をした方がいい時期に差し掛かっている場合も多いです。

「優良施工店」の紹介をして欲しい!
相場を知りたい!

匿名で無料診断を受ける

外壁に緑コケを発生させない対策

外壁に緑コケを発生させない対策

緑コケが発生したら掃除するのは大切ですが、発生させないように予防することも重要です。ここでは、緑コケを予防する方法を解説します。

①風通しを良くする

緑コケは、湿気が多い場所に発生します。外壁の近くに余計な物が置かれていたり雑草が生い茂っていたりすると、風通しが悪くなり緑コケも発生しやすいです

特に、雑草は水気を多く含んでおり、密集すると湿度が上がってしまいます。整理整頓はもちろん、雑草の除去もこまめに行い、風通しの良い空間を作りましょう。

②コケ防止用の塗料を使う

近年では、コケが発生しにくくなる塗料も開発されています。防カビ性・防藻性の塗料を使えば、緑コケやカビなどの有機性の汚れが発生しにくくなるのです。鉱物を原料とした無機系塗料も植物や菌が育ちにくく、防止効果が期待できます。

また、有機物の汚れには、汚れを分解し浮かせて落とす光触媒塗料も効果的です。汚れと一緒に胞子を浮かせ、雨水で洗い流してくれます。塗装を選ぶ際には、防カビ性や防藻性に優れた塗料を選ぶのも手段の1つです。

③平滑な外壁にリフォームする

外壁を平滑にするだけでも、緑コケの発生を抑制できます。胞子は凹凸のある部分に溜まるので、余計な凹凸が無い方が発生しにくいからです。凹凸が無ければ、胞子が付着しても雨で流し落とせるうえに、汚れも一緒に落とせるので汚れにくくなります。

ただし、外壁を張り替えるリフォームは大規模な工事のため、気軽にできるものではありません。まずは整理整頓や塗装を変えるなどの対策をして、外壁の張り替え時期になったら凹凸の少ない外壁に変更するのをおすすめします。

外壁アドバイザー 野原
外壁アドバイザー 野原

石彫の吹き付け塗装や凹凸が深いサイディング壁などは、緑コケが繁殖しやすい傾向にあります。いくら水分を弾きやすい塗装を上から塗っていても、凹凸があるとどうしても場所によってはコケが生えてきてしまいます。

「優良施工店」の紹介をして欲しい!
相場を知りたい!

匿名で無料診断を受ける

外壁の緑コケは定期的に駆除しよう

一見すると無害そうに見える緑コケですが、放置しておくと建材を腐らせ、耐久性を低下させる恐れがあります。放置しておくと被害は拡大し続けるので、見つけ次第掃除することが大切です。

緑コケは自分で掃除することもできますが、被害が大きいようなら、無理せず業者に相談しましょう。素人が掃除するよりも綺麗に取り除いてくれます。定期的に検査や清掃を依頼するのもおすすめです。

緑コケが生えたら掃除するのも大切ですが、緑コケが発生しないよう対策するのも重要です。定期的に掃除や周囲の整頓を行い、緑コケの生えない綺麗な住宅を目指してください。

フォームを入力すると相場情報を受け取ることができます。いますぐチェック!▼

外壁塗装の相場って今いくら?

簡単10秒! 相場CHECK

関連記事