2019年10月から消費税が10%になるというニュースを聞き、高額な買い物は増税前にしておこうと焦っている人も多いことでしょう。

高額商品の代表例である「住宅」を購入する際に、消費増税によって増える負担はさまざまな場面で発生します。今回は、これから住宅を購入する人が、消費税が10%にアップした際にどんな影響をうけるのかを考えていきたいと思います。

  • 消費税が10%にアップ! 住宅購入時に影響することとは?

「負担がアップするもの」その①/建物部分の税負担

住宅を購入する際、大きく分けて「土地」の費用と「建物」の費用がかかってきます。間違えやすいところですが、消費税がかかるのは実は建物の費用のみです。土地の費用には消費税はかかりません。

例えば、建物価格が2000万円、土地の価格が1000万円の住宅を購入する場合を考えてみましょう。

8%時:2000万円×8%=160万円
10%時:2000万円×10%=200万円

消費税がかかるのは2000万円の建物にだけとなりますので、この場合40万円の負担増となります。

このような消費増税での負担を避けるには、そもそも消費税のかからない個人間取引の「中古住宅」を購入するという裏技があります。ただし、個人ではなく不動産会社が売主となっている場合は消費税が課されますので、中古住宅の購入を検討している人は覚えておきましょう。

「負担がアップするもの」その②/ローン負担額

また、間接的ではありますが、消費増税によって住宅ローンの借入額が増えることの影響も見逃せません。

例えば頭金が500万円で建物価格2000万円の住宅を購入したとします。ローンは元利均等返済方式で、固定金利1.5%の35年ローンを組んだ場合を考えてみましょう。消費税8%時の建物の税込価格は2160万円。500万円の頭金を支払うとローン借入額は1660万円です。1660万円借り入れた時の総返済額は2135万円となります。

一方、消費税10%時の建物の税込み価格は2200万円。500万円の頭金を支払うとローン借入額は1700万円です。1700万円借り入れた時の総返済額は2186万円となります。

8%時:2160万円-(頭金)500万円=(借入額)1660万円…総返済額2135万円
10%時:2200万円-(頭金)500万円=(借入額)1700万円…総返済額2186万円

増税による建物価格の負担増40万円分に金利負担が加わり、約51万円増となってしまうのです。頭金の額が同じ500万円の場合、消費税額がアップした分の借入額を増やすことになるため、その分総返済額も上がってしまいます。

頭金が少ない場合や、ローンの借り入れ年数が長くなるような場合、消費増税による負担はさらにアップすることになります。

「負担がアップするもの」その③/仲介手数料やその他周辺費用

さらに、「仲介手数料」にも消費税がかかるため、消費増税による負担が増すことになります。

仲介手数料は、おもに建売住宅や中古住宅を購入する際、仲介業者が間に入る場合に発生します。400万円以上の住宅では、(住宅価格×仲介手数料3%+6万円)+消費税 が仲介手数料の上限額になっています。仲介手数料は土地の分の金額にも消費税がかかります。

例えば3000万円の住宅を購入する場合の仲介手数料を考えてみましょう。

8%時:(3000万円×3%+6万円)×8%=103万6800円
10%時:(3000万円×3%+6万円)×10%=105万6000円

消費税が10%に増税されると、仲介手数料は2万円弱負担増となります。

そのほか、住宅購入に付随するものとして、カーテン、家具・家電、照明の購入や、引っ越し代金を忘れてはいけません。住宅の価格に比べればそれぞれの価格がそれほど高くないので、見逃しがちですが、一つ一つが消費税アップの影響を受ければ、「塵も積もれば山となる」で最終的には結構な金額になってしまいます。こういった細々したものの負担増もしっかりと念頭に置き、新調するアイテムの金額や量を考えることが大切です。

このように、消費増税の影響で住宅購入時にはさまざまな場面で負担が増えることになります。

ただし、国も消費増税による経済への影響を懸念して、住まいに関する優遇策を行うことも決定しています。例としては、住宅ローン減税の期間延長や、すまい給付金の対象者拡充・金額アップといった対応策です。住宅は長く毎日付き合うものなので焦って購入するものではありません。「10%になる前に買わなくては! 」と焦って購入して後から後悔するよりも、優遇策を活用し、増税後であっても納得がいく住宅を購入した方が、将来的な満足度は高くなるのではないでしょうか。

回遊舎

回遊舎

"金融"を専門とする編集・制作プロダクション。お金に関する記事を企画・取材から執筆、制作まで一手に引き受ける。マネー誌以外にも、育児雑誌や女性誌健康関連記事などのライフスタイル分野も幅広く手掛ける。近著に「貯められない人のための手取り『10分の1』貯金術」「J-REIT金メダル投資術」、「NISA120%活用術」、「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った世界で一番わかりやすいニッポンの論点10」、「子育てで破産しないためのお金の本」など。