過労自殺しかけた経験を描いた書籍「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由」の著者である汐街コナさんが、会社から身を守るための処世術などを紹介する漫画連載「会社につぶされないために」。今回のテーマは「心のパワハラ上司を追い出せ」です。

  • 漫画連載「会社につぶされないために」のワンシーン
  • 漫画連載「会社につぶされないために」のワンシーン

ミス後の気持ちの切り替えも大切です

私はかなりおっちょこちょいで、ミスも多いです。ミスをすると、人はどうしても自分を責めがちですが、私はそればかりをやるのは良くないと思っています。

自慢げに言うことではありませんが、私は自分で自分を責めることは、あまりしません。理由は、メンタルが弱すぎてそんなことに耐えられないから、そして考えても仕方のないことを考えるのが嫌いだからです。

ミスについては、真摯な謝罪や反省、再発防止は非常に重要と思いますが、自分を不必要に感情的に責めたてるのは、自分にとって害となります。自分の中にパワハラ上司がいるようなもので、健全な状態ではないのは明らかですよね。

中には、自虐することで「許されたい」というような心理を持つ人もいるかもしれませんが、そういう気持ちは「次は成功する」などの前向きな方法でかなえるようにしましょう。自己満足のために自分を責め立てていたら、身が持ちません。

人間なので、ミスをしたら落ち込むのは当たり前ですが、ある程度で意識的に気持ちを切り替えるのが良いと思います。

筆者プロフィール: 汐街コナ

イラストエッセイを手掛けるイラストレーター。ゆるいオタク。 エッセイ「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由」を2017年4月に上梓。ツイッターは@sodium。