34歳にして初めてパパとなるグルメ大好き漫画家・キムケンさんの「ドタバタ妊娠サポート生活」を描く連載「新米パパの空回り日記」。今回のテーマは「検診」です。

これまでのお話はこちら

前もって質問事項を用意したものの……

新米パパが通る難関のひとつに「検診の付き添い」があります。「男なんてただ付き添うだけで何も大変じゃないだろ!」と思われるかもしれませんが、独特の緊張があるんですよ。

あらかじめ読んでいた、産婦人科医さんが書いた本に「付き添いの旦那さんは、検診では奥さんの鞄を持ってロボットのように黙って立っているだけですから」というようなことが書いてあり、「こうなってはいかん」と決心。毎回付き添いができるわけでもないので、質門事項はあらかじめ頭の中でまとめておきました。

そして私は、初めての付き添いに向かうのでしたが……。

お手本のような「ロボットのように鞄を持って立っているだけの付き添い旦那」になってしまいました。なんというか、場違いな感じがしてしまってですね。ええ、ただの言い訳ですけれどもね!

そのくせ帰り道の車では「いやー順調でよかった! HAHAHAHA!」といつも以上のテンションで饒舌になっていました。我ながらなんという小物でしょう。

というわけで全妊婦の皆さん、もし付き添いの旦那さんが検診中にロボットのように無口で直立してても、生暖かい目で見守っていただけると幸いです……!

筆者プロフィール: キムケン

東京都内の会社に勤めている30代男性。旦那より稼ぎの良い妻の健康を守るため、日々料理を作っている。料理にまつわる四コマ漫画と、そのレシピ掲載したブログ「木村食堂」をほぼ毎日更新中。2016年10月に「うちメシ - ゆかいな我が家の漫画とレシピ」を上梓。