「ゲームソフトを借りていった友人が翌日に引っ越しをし、ゲームソフトが戻ってこなかった」――。こういった理不尽な状況に遭遇して沸々とした怒りを覚えた経験を持つ人もいるのではないだろうか。

このケースのように、日々の生活において社会通念上、「モラルに反するのではないか」と感じる出来事に遭遇する機会は意外と少なくない。そして、モラルに欠ける、あるいは反していると思しき行為であればあるだけ、法律に抵触しているリスクも高まる。言い換えれば、私たちは知らず知らずのうちに法律違反をしている可能性があるということだ。

そのような事態を避けるべく、本連載では「人道的にアウト」と思えるような行為が法律に抵触しているかどうかを、法律のプロである弁護士にジャッジしてもらう。今回のテーマは「古本屋で一日中立ち読み」だ。

  • 5日連続で古本屋で終日立ち読みしたら法律的にセーフ? アウト??

43歳の男性・Oさんは、とある中古本チェーン店の店長を務めている。元来の本好きが高じて今の会社に入社し、若くして店長に抜擢。売り場のレイアウトやポップを工夫したり、スタンプカードを用いた独自のプレゼントサービスを提供したりするなど、さまざまなアイディアを駆使して売上を増やす敏腕店長として、社内でも一目置かれる存在となっている。

そんなOさんを悩ませているのが「立ち読み問題」だ。最近、黄色のジャケットを羽織った中年の男性が連日のようにOさんの店に入り浸り、店の本を読み漁っているのだ。開店して間もなく来店した後、お昼前後に一度退店するが、1時間ほどすると再度来店。その後は夕方ぐらいまで居座り、何も購入することなく店を後にする。シフトの関係でOさんは毎日その中年男性をチェックできているわけではないが、気になったため他のアルバイト店員にヒアリングを実施したところ、Oさんが欠勤の日も来店していることが判明。少なくとも、直近で5日連続で来店しており、その間にお店で使った金額は0円のようだ。

Oさんのチェーン店では立ち読みは禁止していないが、正直、ここまで連日にわたる長時間の立ち読みはOさん自身も想定していなかった。立ち読み中の中年男性を注意しようにも、「ウチのお店は立ち読み禁止ですので……」とは言えないし、その男性は店員が近くに来ると読んでいる本を元の位置に戻し、辺りをキョロキョロするなど、いかにも「目的の本を探しています」的な挙動をとる。この行動も、中年男性への注意に二の足を踏ませていた。「ウチの店が金額面での直接的な害を被ってはいるわけではないが、これが今後も続くのは私の精神衛生上どうにも許しがたい……」とOさんは考えている。

このようなケースでは、中年男性は何らかの罪に問われるのだろうか。安部直子弁護士に聞いてみた。