長引く自粛生活によって、今まさにルームウェアが注目されています。ここで筆者が着目したいのがジョガーパンツ。ジャージ感覚のリラックスした着心地でありながら、ファッションアイテムとして認知されているため汎用性が高いのがポイントです。

さらに色を選べば、「ジョガーパンツ+カジュアルジャケット」という組み合わせでオンライン会議に参加しても手抜きをしているようには見えません。モニター越しの黒いジョガーパンツはジャージに見えないからです。

万能感のあるジョガーパンツですが、「丈感」「履きこなし」を少し間違えると、学生ジャージのだらしない着こなしに見えかねません。今回は40男がやりがちな「ジョガーパンツのNG」について、『38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社)の著者がお伝えします。

  • ジョガーパンツが「だらしなく」見えるポイント(写真:マイナビニュース)

    ジョガーパンツが「だらしなく」見えるポイント

ジョガーパンツは丈感が命

よくある失敗例は、ジョガーパンツをジーンズ感覚で選んで、丈が長めになってだらしなく見えること。ジョガーパンツではクッションと呼ばれる裾の弛みはNG。クッションがある様はジャージと代わり映えしないからです。

裾を絞ったデザインが特徴のジョガーパンツ。その名称からジョギング用を連想しますが、実はサイクリング用です。自転車に乗るとき、パンツ裾が車輪に巻き込まれないよう開発されました。これが絞られた裾デザインが採用された理由です。そして、裾が巻き込まれないよう裾を弛ませず短めに履きます。

ジョガーパンツはアンクル丈が正解です。裾を弛ませず、靴の甲に生地が被らない程度に履くことでスッキリ見えます。アンクルパンツのように、くるぶし程度の丈感を選びましょう。

ウエスト紐の勘違い

ウエスト調整を可能にする紐はジョガーパンツ特有のデザインです。紐の先端に施した装飾がスタイリッシュに見えるタイプも人気。ところが、どんなに紐の先端がスタイリッシュでも、紐を垂らした着こなしはお勧めできません。

というのも、ウエスト位置からはみ出して、ブラブラ動く紐の見た目がそもそも良い物ではないからです。モデルの着用画像などは紐がピタッと動かないのでスタイリッシュに見えますが、これが落とし穴なのです。

ジョガーパンツの紐はデザインの有無にかかわらず、基本的にパンツにしまって履きこなしましょう。

  • 40男にお勧めするジョガーパンツの着こなし

    40男にお勧めするジョガーパンツの着こなし

著者プロフィール: 森井良行(もりい・よしゆき)

エレガントカジュアル 代表取締役
20代後半から40代の男性のファッションを「エレガントカジュアル」でワンランクアップさせる「服のコンサルタント」。 街のセレクトショップを歩き、顧客に試着を繰り返してもらいながら、その人に最も似合う服を探していく独自の「買い物同行」は9割以上の高い満足度を誇る。ツイッター「@elegant_casual」

著書『38歳からのビジネスコーデ図鑑』 (日本実業出版社)