俳優の杉野遥亮が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系ドラマ『マウンテンドクター』(毎週月曜22:00~※初回15分拡大)がきょう8日にスタートする。初回放送を前に、杉野が現場の雰囲気や見どころを語った。

  • 杉野遥亮=カンテレ提供

■山岳医療ドラマ『マウンテンドクター』

『マウンテンドクター』は杉野演じる主人公の整形外科医・宮本歩が、山岳医療の現場に放り込まれて山岳医となり、様々な想いを抱えた先輩山岳医や患者と触れ合い、現実と向き合いながら成長していく姿を、長野県松本市を舞台とした壮大なスケール感とリアリティで描くオリジナルの山岳医療ドラマ。

第1話では、北アルプスの麓にある長野県松本市で生まれ育った歩が11年ぶりに地元に戻り、信濃総合病院に勤務することになるが、整形外科と山岳診療科を兼務するよう命じられる。山岳看護師の鮎川玲(宮澤エマ)によると、山岳診療科は、山で起きた病気やケガの対応と、週1回の山岳外来での診察、さらに、土日には山小屋で泊まり込みの勤務も行うという。事前に何も聞かされていなかった歩は突然の話に戸惑う。しばらくして、外来で診察中の歩の元に、近くの山で遭難事故が発生したとの知らせが入る。歩は早速、救助用のヘリに乗って現場へ。しかし眼下に北アルプスの山々が見えてくると、ある記憶がフラッシュバックし、徐々に呼吸が荒くなっていく。現場では、登山用の装備とは思えない軽装の若者6人組が倒れていた……という展開が描かれる。

■杉野遥亮「日々、一生懸命頑張っています」

撮影は中盤に差し掛かっているが、手ごたえについて杉野は「やるべきことがたくさんあり、いろいろなことに追われてあわあわする瞬間もあります。ですが、迫力のある映像や、魅力的な画が撮れているのではないかなと思います。僕も、完成した映像を見るのが楽しみです」とニッコリ。また、杉野演じる主人公の宮本歩が、院長(檀れい)に指名されて参加することになった山岳医療チームMMT(マウンテン・メディカル・チーム)の雰囲気については、「手術の場面など、チームがひとつにならないと出来ないようなシーンは、一体感があり、すごくチームとしてまとまっているなと思います。反対に、カンファレンスのシーンは、八嶋智人さんが中心となって、別の空気感をお届けできると思います。役のキャラクター性もあり、僕としてはちょっと傍観している感じですが……(笑)」とコメント。さらに、「山で撮影ができること自体、贅沢だなと思っていますし、その映像美を画面を通してテレビドラマでお届けできるのはすごくうれしいです。あとは、自分たちが役の心情などを丁寧に伝えていくことができれば、もっともっといい作品がお届けできると思っています。日々、一生懸命頑張っていますので、期待していてください!」とメッセージを寄せた。

【編集部MEMO】第1️話あらすじ
北アルプスの麓にある長野県松本市で生まれ育った宮本歩(杉野遥亮)は、ある大切な約束を胸に医師になった整形外科医。11年ぶりに地元に戻り、松澤周子(檀れい)が院長を務め、同級生で麻酔科医の村松典子(岡崎紗絵)がいる信濃総合病院に勤務することになるが、着任早々、整形外科と山岳診療科を兼務するよう命じられる。山岳看護師の鮎川玲(宮澤エマ)によると、山岳診療科は、山で起きた病気やケガの対応と、週1回の山岳外来での診察、さらに、土日には山小屋で泊まり込みの勤務も行うという。事前に何も聞かされていなかった歩は突然の話に戸惑うが、周子には何やら狙いがある様子。しばらくして、外来で診察中の歩の元に、近くの山で遭難事故が発生したとの知らせが入る。周子の指示で、歩は早速、救助用のヘリに乗って現場へ。しかし、眼下に北アルプスの山々が見えてくると、ある記憶がフラッシュバックし、徐々に呼吸が荒くなっていく。現場では、登山用の装備とは思えない軽装の若者6人組が倒れていた。そのうち、ケガを負った2人の応急処置を終えた歩は、彼らから病院へ搬送するよう救助隊に指示。ところが次の瞬間、転んで胸を打ったという別の1人が、胸が痛いと苦しみ出す。患者の意識レベルが低下していくなか、原因がわからず歩の焦りはピークに達する。病院に戻った歩は院長室を訪ね、なぜ自分が山岳診療科に配属されたのか周子を問いただす。するとそこへ、周子から呼ばれた白衣姿の男が入ってくる。男の名は江森岳人(大森南朋)。同じ病院の循環器内科医で、歩と同じく山岳診療科兼務。そのうえ、国際基準の検定に合格した医師だけがなれる国際山岳医だった――。