J1第16節の8試合が行われた [写真]=J.LEAGUE、兼子愼一郎、Getty Images

 明治安田生命J1リーグ第16節の8試合が3日と4日に行われた。

 首位ヴィッセル神戸と川崎フロンターレによる注目の一戦は、台風2号の影響で中止となった。代替開催日は未定。

 2位の横浜F・マリノスは、敵地でFC東京と対戦。開始47秒でアンデルソン・ロペスが試合の均衡を破ったものの、FC東京のディエゴ・オリヴェイラに2得点を許して前半のうちに逆転される。それでも、62分にA・ロペスも自身2得点目を挙げて追いつくと、69分にFC東京の松木玖生が退場して横浜FMが数的有利に。89分にマルコス・ジュニオールが勝ち越し点を挙げ、横浜FMが激闘を制した。横浜FMは3連勝となり、暫定的に神戸と勝ち点「33」で並んだ。

 3位の名古屋グランパスは、ホームで好調のセレッソ大阪と対戦。開始4分に先制を許したものの、前半のうちに3得点を奪って逆転に成功。そのまま逃げ切った名古屋は3連勝となり、神戸との勝ち点差を「1」に縮めた。

 浦和レッズvs鹿島アントラーズの上位対決は、お互いに決め手を欠いてスコアレスドローで決着。サンフレッチェ広島は京都サンガF.C.を3-1で撃破。広島は2試合ぶりの勝利を収めた一方、敗れた京都は6連敗となった。

 柏レイソルvs北海道コンサドーレ札幌は乱打戦に。10分に札幌が先制、15分に柏がすぐに追いつく。札幌は18分に勝ち越すと、31分に点差を広げる。しかし、柏は34分に1点を返すと、53分に再び試合を振り出しに戻す。札幌は69分に再度リードを奪ったものの、後半アディショナルタイム1分にまたしても柏が追いつく。それでも札幌は後半アディショナルタイム3分、田中駿汰が劇的な決勝ゴールを挙げ、5-4のシーソーゲームを制した。

 ガンバ大阪はアビスパ福岡に逆転勝利を収め、今季初の連勝。サガン鳥栖に敗れた横浜FC、札幌に敗れた柏、アルビレックス新潟と引き分けた湘南ベルマーレをかわし、G大阪は最下位から15位に浮上した。

 今節の試合結果と順位表、次節の対戦カードは以下の通り。

◆■第16節の対戦カード

▼6月3日(土)
ヴィッセル神戸 (試合中止) 川崎フロンターレ
FC東京 2-3 横浜F・マリノス
湘南ベルマーレ 2-2 アルビレックス新潟
名古屋グランパス 3-1 セレッソ大阪
アビスパ福岡 1-2 ガンバ大阪
横浜FC 1-2 サガン鳥栖
柏レイソル 4-5 北海道コンサドーレ札幌

▼6月4日(日)
サンフレッチェ広島 3-1 京都サンガF.C.
浦和レッズ 0-0 鹿島アントラーズ

◆■順位表

※()内は勝ち点/得失点差

1位 神戸(33/+21)※1試合未消化
2位 横浜FM(33/+16)
3位 名古屋(32/+10)
4位 広島(29/+7)
5位 浦和(28/+8)※1試合未消化
6位 C大阪(26/+3)
7位 札幌(25/+6)
8位 鹿島(25/+6)
9位 鳥栖(22/-2)
10位 川崎F(21/+1)※1試合未消化
11位 福岡(20/-4)
12位 FC東京(19/-4)
13位 新潟(17/-7)
14位 京都(13/-10)
15位 G大阪(13/-14)
16位 湘南(12/-4)※1試合未消化
17位 柏(12/-11)
18位 横浜FC(12/-22)

◆■第17節の対戦カード

▼6月10日(土)
16:00 横浜FM vs 柏
19:00 C大阪 vs 神戸
19:00 鳥栖 vs 札幌

▼6月11日(日)
14:00 新潟 vs 京都
16:00 名古屋 vs 福岡
18:00 鹿島 vs 湘南
18:00 G大阪 vs FC東京
18:30 横浜FC vs 浦和
19:00 川崎F vs 広島