タレントでアーティストの香取慎吾がこのほど、福助のCIマーク“福助”をアート作品として描き起こした。この作品は、同社が今年創業140周年を迎えたことを記念し実現したもので、同作品を用いたプロモーション活動が2023年7月まで実施されるという。

fukuske-chan

作品のタイトルは「fukuske-chan」。 美しいカラーリングと大胆かつ繊細なタッチで描かれた“福助”の優しく、愛らしい表情で、ハッピーな気分を届けてくれそうな、まさにラッキーゴッドにふさわしい作品。このデザインは2023年7月までの期間限定で、同社の直営店舗や店頭、ホームページやSNS等で披露される。

香取は「福助ちゃん! これからもポっ、と温かくみんなを包みこんで下さい。福助140周年おめでとうございます!」とコメントしている。

なお、1900年(明治33年)より“福助”マークを商標にしている同社にとって、“福助”をアート作品として描き起こすこと、CI以外の“福助”マークを企業キャンペーンのデザインに採用するのは初めてのこと。

同社はかねてより、香取のアーティスト活動や作品に高い魅力を感じており、2021年には香取とスタイリスト祐真朋樹氏がディレクターを務める「JANTJEONTEMBAAR(ヤンチェオンテンバール)」との商品コラボレーションが実現。 そして、そのような縁から今回の企画も実現し、「心より嬉しく思うとともに、より多くの方に当社を知っていただく機会になることと確信しています」としている。